トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

IT

■人間の特技は、忘れることかもしれない・・・(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3568号】人間の特技は、忘れることかもしれない・・・(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

最近では、あまり聞かなくなりましたが、
10年程前までは、アナログVSデジタル論争が頻繁にありました。
当時、「ホームページ」「Eメール」「ブログ」などの
デジタルメディアが急速に台頭してきた頃です。
昔からあるアナログメディアとデジタルメディアは、
どちらが良いのかという議論です。


「Eメールでは感情が伝わらない!」
「アナログメディアはコストがかかる!」など、
デジタルメディアもアナログメディアも一長一短です。


ですが当時は、昔からあるアナログが善で、
新興勢力のデジタルが悪のようなイメージでした。


マーケティングリサーチの分野でも、
IT化やデジタル化によって、「RFM分析」という
顧客の分類手法が容易にできるようになりました。
これはお客様の「購入回数」「購入金額」「最新購入日」の3つの要素から、
お客様を分類する方法です。
この分析をアナログでやろうと思っても、
ほぼ不可能でしょう。


ところが、ITによって可能になったのです。


そのほかにも、マーケティングリサーチの手法として有名な
「コンジョイント分析」「クラスター解析」なども、
容易にできるようになりました。


さて、アナログVSデジタル論争から、
10年以上経った今、どうでしょうか? 


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
 
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、12/26あさ5:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■人間の特技は、忘れることかもしれない・・・

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3567号】人間の特技は、忘れることかもしれない・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

最近では、あまり聞かなくなりましたが、
10年程前までは、アナログVSデジタル論争が頻繁にありました。
当時、「ホームページ」「Eメール」「ブログ」などの
デジタルメディアが急速に台頭してきた頃です。
昔からあるアナログメディアとデジタルメディアは、
どちらが良いのかという議論です。


「Eメールでは感情が伝わらない!」
「アナログメディアはコストがかかる!」など、
デジタルメディアもアナログメディアも一長一短です。


ですが当時は、昔からあるアナログが善で、
新興勢力のデジタルが悪のようなイメージでした。


マーケティングリサーチの分野でも、
IT化やデジタル化によって、「RFM分析」という
顧客の分類手法が容易にできるようになりました。
これはお客様の「購入回数」「購入金額」「最新購入日」の3つの要素から、
お客様を分類する方法です。
この分析をアナログでやろうと思っても、
ほぼ不可能でしょう。


ところが、ITによって可能になったのです。


そのほかにも、マーケティングリサーチの手法として有名な
「コンジョイント分析」「クラスター解析」なども、
容易にできるようになりました。


さて、アナログVSデジタル論争から、
10年以上経った今、どうでしょうか? 
デジタルメディアは、すっかり市民権を得て、
今はアナログメディアとデジタルメディアを
どう融合していくかに焦点が移りました。

 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
 
さて、先日Amazonから、
こんなメールが届きました。


=========================================
再購入におすすめの商品  長谷川博之 様 
お客様が過去に購入された商品から、
よく繰り返し購入されている商品をおすすめします。
●カルピス アレルケア 
 60粒パウチ×1袋 ¥2,550
●SANWA SUPPLY JP-DVD8 DVDトールケースカード
 ¥509 
●エーワン ラベルシール インクジェット 10面
 100枚 28940 ¥3,136 
=========================================


最近、消耗品や健康食品をいくつか購入したので、
このようなメールが届いたのだと思います。
リピート購入を促すメールですが、
なくなる頃にこういったメールが届くのは気が利いています。
タイミングよく、このようなことができるのは、
ITのなせる技です。


ただし、自動送信メールですので、
味気ないといえばそれまでですが・・・。
しかし、このようなメールでもこなければ、
購入するのをついつい忘れてしまうことも多々あります。


実は、この作業を人間がやるとなると、
意外と大変です。
たとえば、忙しいとついつい後回しになったり、
気持ちが乗らずに「面倒だなぁ・・・」と思う日もあります。
つまり、心や気持ち、体調などが介入するので、
スケジュール通りにはできないのです。


これが、アナログ管理の弱点なのかもしれません。
ですから、スケジュールに沿ってやるのは、
ITの力を借りることも大切なことです。


知り合いの床屋さんは、
定期的に来店を促すメールを送ってきます。
知り合いの自動車整備工場は、
オイル交換を促すハガキを送ってきます。
この案内をするしないでは、
リピート率や購入頻度に大きな差が生まれます。


人間は、忘れやすい動物です。
車検だって、案内ハガキがくるから思い出すのであって、
もし案内ハガキが来なかったら
半数以上の人は、忘れていると思われます。
 
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、12/26あさ5:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■当たり前過ぎて気づかない

商いは門門バナー











おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
当たり前過ぎて気づかない
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

1995年頃のことでした。
私の勤めていた会社は、
あらゆる部署でIT化が始まりました。


そう、「Windows95」という
OS(オペレーティング・システム)が、
マイクロソフトから発売されたからです。


それまでは、文書作成ができる
ワープロが一般的でしたが、
次々とWindows95が搭載されたパソコン
が導入されました。


文書作成のほかにも、「表計算」、「グラフィック」など、
一気に表現できるものが増えたのです。


私は、量販店のマーケティングや
販売促進の部署にいました。


それまで、ポップは手書きでしたが、
パソコンの導入に伴い、
ポップ作成のソフトを購入しました。


確か、100万円程したと思います。


これにより、ポップ作成は職人的仕事から、
誰でもできる仕事になったのです。


これを皮切りに、次々とIT化は進み、
ついに新聞折込チラシも
パソコンで作ろうということになりました。


この構想により、Macの「G3」というパソコンと、
「イラストレーター」、「フォトショップ」
というソフトを導入しました。


これにより、
印刷のデザイン料と版下代金が浮くことになり、
印刷代金は年間1,500万円〜2,000万円の
削減に成功しました。


この時、私は実感しました。
IT化というのは、素晴らしいと。


その次にやってきたのは、
Eメールでのコミュニケーションです。


私が勤めていた会社は、
部署によって建物が別々だったので、
ちょっとした書類もわざわざ移動して届けていました。


晴れてる日はまだいいのですが、
雨風や雪の日は大変です。


しかし、Eメールを使えば、
移動をしなくても書類を届けることができるのです。


これにより、社内外のコミュニケーションは
大幅に効率的になりました。


このように、IT化の黎明期は、
良いことばかりで、悪いことは少なかったように
記憶しています。


=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


ところが、2005年以降は、
様々なデメリットも顕在化してきました。


「個人情報」や「セキュリティ」をはじめ、
IT化やネット社会についての問題が噴出しました・・・。


私自身、困っていることがあります。
恐らく、私だけではないはずです。


みなさんは、1日に何通くらいのメールを受信しますか?


私は、1日に200〜300通のメールを
受信しています。


朝から晩まで社外にいて、
メールを受信できない環境にいると
恐ろしいことになります。


一気に200〜300通のメールを
受信するのですから・・・。


とは言っても、そのほとんどが迷惑メールです。
仕事でのやりとりは、
1日わずか10〜20通程度だと思います。


これだけ、迷惑メールが多いということです。
会社の代表アドレスを、ホームページで
公開しているので、仕方のないことなのですが・・・。


問題は、受信したメールの中から、
必要なメールと迷惑メールを判断する手間です。


1日に10分程度の時間を割いていると思います。


今までも、「送信者の禁止」や「メッセージルールの作成」、
さらには、「サーバー側での迷惑メール対策」
などを施してきました。


対策をした直後は減るのですが、
時間が経つとまた増えてきます。
完全に、いたちごっこ状態です。


そして、最近では、Eメールだけでなく、
「iPhone」にも迷惑メッセージがくるようになりました。


このほか、「facebook疲れ」など、
SNSのコミュニケーションのデメリットも
聞かれるようになりましたね。


このように私たちは、
IT化やネットの恩恵を受けつつも、
大きなデメリットやストレスを抱えているのが現実です。


さらには、パソコンがなくなったら、
ほとんどの仕事がストップするという
大きなリスクを背負っているのです・・・。


私の生まれ故郷である新潟県三条市は、
今から9年前の平成16年7月13日に、
集中豪雨が襲い、市街地が浸水するとともに、
死者9名、重傷者1名、被害棟数10,935棟、
被害世帯7,511世帯と甚大な被害を被りました。

 
この時、いち早くおこなったことが、
パソコンを2階など水害に遭わない場所に
移動した会社が多かったと聞きます。



それほどまでに、パソコンの中にあるデータは、
重要なものが多いのです。


「お客様の名簿」、「お客様の購買履歴」、
「設計図」、「デザイン」、「契約書」、「請求書」など・・・。


ネット書店のAmazonの配送センターでは、
サトナブと呼ばれる携帯端末を持った人たちが、
コンピュータの指示通りに働いているそうです。


サトナブが、本を棚から集める
最も効率の良いコースを表示してくれます。


そして、もたもたしていると、
「急げ」のシグナルが送られてきます。


Amazonのマネージャーは、
この配送センターで働く人たちを
「あなた方は人間の姿をしたロボットのようなものだ」
「人間オートメーションと表現しても良いかもしれない」
とつぶやいているそうです。


まさに、コンピュータに支配された
世界なのかもしれません・・・。


今、私たちは、コンピュータとの
共存共栄を問われています。


人間にしかできないことは何か?
コンピュータにしかできないことは何か?
そして、人間とコンピュータとの関係とは?


パソコンがなければ仕事ができない環境にいながら、
あまりにも身近過ぎて気づかないパソコンのありがたみ・・・。

 
これは、パソコンだけでなく、
人間関係ににもいえますね。


当たり前に気づき、
感謝できる人間になりたいものです。

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/15あさ7:00です
==============================
facebookページ「新潟地域密着ビジネス繁盛会」はこちら
【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール
応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング