トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

魚屋

■大手との明確な違いは?

商いは門門バナー2013.05











おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3205号】大手との明確な違いは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

弊社事務所の近所に、
「長谷川精肉店」という肉屋があります。


私と同じ「長谷川」なので、
何となく気になっていましたが、
まだ1回も利用したことがありません。


外からでも店内の様子がわかるので、
時々覘いてみるのですが、
冷蔵のショーケースの中に、
豚や牛の生肉が陳列されている
昔ながらの肉屋です。


この長谷川精肉店のほかにも、
車で5分ほどのところに、
「山田精肉店」という肉屋があります。


そういえば、私が子供だった頃、
八百屋も、魚屋も、肉屋も
近所に1店はあったような気がします。


そして、買い物は、八百屋、魚屋、肉屋と、
一店舗ずつ順番に行きました。


労力も時間もかかった時代です。


今は、スーパーに行けば、
野菜、肉、魚をワンストップで
購入することができます。


気になるので、
八百屋、魚屋、肉屋の店舗数を調べてみました。


あくまでも、1982年と2007年の比較ですが、
商業統計によると・・・、


=========================================
●八百屋・・・1982年は40,196店が、2007年は 
       17,365店と22,831店の減少
●魚屋・・・・1982年は53,135店が,2007年は
       19,713店と33,422店の減少
●肉屋・・・・1982年は41,371店が、2007年は
       13,682店と27,689店の減少
=========================================


合計で、134,700店が50,760店にまで
激減しましたので、何と25年で
62パーセントの店がなくなったのです。


食品スーパーが多くなったということのほかにも、
八百屋、魚屋、肉屋の後継者不足というのも、
激減した大きな原因だと思います。
 
 
=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


今年の5月上旬のことだったと思います。
新潟市に本社がある食品スーパー
「パワーズフジミ」が、新潟地方裁判所へ
自己破産を申請しました。


そして、倒産しました。


パワーズフジミは1998年設立で、
新潟市、新発田市、村上市で、
17店舗を展開していました。


しかし、親会社が法的整理を申請したことと、
個人消費の落ち込みや競合の激化で
倒産に追い込まれました・・・。


弊社から、車で5〜6分のところにもありましたので、
数回利用したことがあります。


小さな食品スーパーでしたが、
食料品ゆえになくなれば近所の人たちは
相当困ったと思います。


特に、自動車を運転することができない
高齢者の人たちです。


それから3ヶ月、
近所にあったパワーズフジミの前を
通る機会がありました。


看板を見て驚きました。
「Max Vale(マックスバリュ)」と書いてあります。


マックスバリュとは、
イオングループのスーパーです。


パワーズフジミの新潟市内にあった5店舗と、
村上市内にあった2店舗を
譲り受けることになったのです。


このように、大手のスーパーが増えることによって、
資本力のない地方のスーパーも
どんどん減っていくような気がしています。


価格競争を仕掛けられたら、
太刀打ちできません。


そのほか、
「品揃え」、「駐車場」、「営業時間」、
「サービス」、「ネット販売」など、
どう考えても大手スーパーが有利です。


八百屋、魚屋、肉屋だけが
激減しているだけでなく、
その波は地方のスーパーにも及んできました。


では、地方のスーパーをはじめとして、
大手と戦わなければいけない
小売業やサービス業は、
どのような商売をおこなえばいいのでしょうか? 


極論から言えば、
お客様から「あなたから買いたい!」
と思われるスタッフを、いかに多く育成するかです。


いわゆる、「指名買い」です。


効率重視の大手スーパーからすれば、
バカげた発想かもしれません。


しかし、
大手との明確な違いを打ち出すには、
「人」をウリにするしかないのです。


ある地方のスーパーでは、
こんなことをやっていました。
 

2年ほど前になりますが、
新聞折込チラシを見る機会がありました。


チラシは両面カラーで、
片面には特売商品が掲載されていますが、
もう片面には商品は一切掲載されていません。

その代わりに、
「当店で働くスタッフたちが、
絶対にお得な商品やサービスを激白!
お客様に知ってもらいたい本当にお得な情報」と題して、
約50人のスタッフの顔写真、
そしてコメントが掲載されているのです。


コメントはこんな感じです。


===========================================
●お客様に親切にするところが自慢です!
 ●「いろはすみかん」が安い!トレーの交換制度もお得!
 ●高額のステーキ豚ヒレ肉は絶対お得!
===========================================



さらに、お客様の顔写真と
コメントも掲載されています。

まさに、「人」をウリにした戦略です。


本誌の読者で、
クリーニング店を経営されている方が
いらっしゃいます。


先日、お話をうかがう機会がありました。


そのクリーニング店には、
女性スタッフがいます。


お客様の中には、
その女性スタッフを指名する方も
いらっしゃるとのことです。


今あらゆる業種で、
お客様から「あなたから買いたい=指名」
という動きがあります。



注目です。
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、8/28あさ7:00です
==============================

商いは門門バナー2013.05











【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■毎日のテーマを持った店

おはようございます



商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください



今回の社長のための1分間マーケティングは、
「毎日のテーマを持った店」。



沖縄に「真栄原さしみ店」という魚屋がある。
店頭の大人の背よりも高い看板には、
「にぎり8個 300円」と書かれている。


マグロ、イカ、タマゴ、白子の漬け等の8貫盛り合わせ。
しかも。新鮮でどれも相当旨いそうだ。


この魚屋、毎日のテーマがあるという。
店頭に習字で書きなぐられた、本日のテーマが掲げられている。


テーマを持ってしまった魚屋さん



画像検索してみると・・・
こんなテーマがありました。


「お魚は0歳から!!ヨロシク」
「胃袋もビックリ」
「演歌はアメリカ人の心」
「通告 本マグロを解雇します!」
「レディーガガは実は与那国出身」
「人には愛、雑草には枯葉剤、哲学者神田川タカちゃん」
「オバマ大統領のいとこが来店決定しました」
「生きて腸に届くさしみ」
「少年よサイフを開け!」
「いつまでもあると思うな親とさしみ」
「長寿沖縄集団メタボリック」
「今!輝いていますか?」
「お刺身お買い上げの方、ヘアーカット無料」
「アロワナの塩焼 1尾150万円」
「ハブ取り講習会実施中」
「AKP48」
「霊体整体院開設しました」
「なんだばーシステムジャパン セールスババァー大募集」
「3月4日3時〜さしみの日」


最高の面白さ!
この看板だけで集客はできます。


【マーケティング戦略のポイント!】
あなたの会社には、話題になるテーマがありますか?
面白さは人を惹きつけます。
次回の更新は、本日お昼12:00です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング