トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

高野孝之

■このお客様は売れない・・・勝手な判断していませんか?(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3786号】このお客様は売れない・・・勝手な判断していませんか?(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

先月の商いは門門のおすすめビジネス書籍で紹介した
「プロフェッショナルが実践している営業の哲学」
という高野孝之さんが著作は、手軽に読めて、
なおかつ心に響くというパフォーマンスに優れている本です。


営業をやっている人ならば、
痛いところを突かれたことが山のようにあると思います。
そういった意味でも、営業マンは必ず読んでよしい一冊です。


この本の特徴は、
「残念な営業マン」「できる営業マン」「一流の営業マン」の比較で、
ひとつのテーマを解説していることです。
このシリーズには、安田正さん著作の
「一流役員が実践している仕事の哲学」「一流役員が実践している仕事の流儀」、
冨田和成さん著作の「大富豪が実践しているお金の哲学」があります。


「一流役員が実践している仕事の哲学」では、
「接待の翌日80%の部長はお礼すらしない。
役員クラスでは、100%朝7時にお礼メールが来る。」
などの言葉が紹介されています。


「一流役員が実践している仕事の流儀」では、
「商談の場で、平社員は、資料づくりで勝負する。
部長は、トークの中身で勝負する。役員は、第一声で勝負する」
などの言葉が紹介されています。


そして、「大富豪が実践しているお金の哲学」では・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
1750本以上用意しています。 
 
  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、5/19あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■このお客様は売れない・・・勝手な判断していませんか?

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3786号】このお客様は売れない・・・勝手な判断していませんか?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

先月の商いは門門のおすすめビジネス書籍で紹介した
「プロフェッショナルが実践している営業の哲学」
という高野孝之さんが著作は、手軽に読めて、
なおかつ心に響くというパフォーマンスに優れている本です。


営業をやっている人ならば、
痛いところを突かれたことが山のようにあると思います。
そういった意味でも、営業マンは必ず読んでよしい一冊です。


この本の特徴は、
「残念な営業マン」「できる営業マン」「一流の営業マン」の比較で、
ひとつのテーマを解説していることです。
このシリーズには、安田正さん著作の
「一流役員が実践している仕事の哲学」「一流役員が実践している仕事の流儀」、
冨田和成さん著作の「大富豪が実践しているお金の哲学」があります。


「一流役員が実践している仕事の哲学」では、
「接待の翌日80%の部長はお礼すらしない。
役員クラスでは、100%朝7時にお礼メールが来る。」
などの言葉が紹介されています。


「一流役員が実践している仕事の流儀」では、
「商談の場で、平社員は、資料づくりで勝負する。
部長は、トークの中身で勝負する。役員は、第一声で勝負する」
などの言葉が紹介されています。


そして、「大富豪が実践しているお金の哲学」では、
「年収を上げるために、一般の人は時間で稼ぐ。小金持ちは運で稼ぐ。
大金持ちは仕組みで稼ぐ。」などの言葉が紹介されています。
比較というのは、大変にわかりやすいということがわかりました。
 
 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 

さて、私がおすすめする
「プロフェッショナルが実践している営業の哲学」ですが、
出版コンサルタントの土井英司さんのメルマガ
「ビジネスブックマラソン」で紹介されていたので、
即購入しました。


特に、私の心に響いた言葉は・・・、

 
=================================================
飛び込み営業のコツは、ビルの最上階から1階まで
丸ごと訪問することです。
(中略)
もし、1件でも「このお客様は売れる可能性が低い」
と勝手に判断して訪問をやめてしまえば、
それが自分に対する言い訳になり、
そのうちどの会社も「ここは訪問不要だ」と思えてきて、
たくさんのお客様を訪問することができなくなります。
================================================


この言葉を読んで、
まさにその通りだと思ったのです。


私も飛び込み営業をやりますが、
飛び込むには勇気が必要です。
「飛び込んだ方がいいのか? 飛び込まない方がいいのか?」
とあれこれ考えていると、飛び込まない理由を考え始めます。
「この会社は小さいから、きっとうちの商品は必要ないだろう・・・」
「この会社は大きいから、受付を突破できないだろう・・・」など、
飛び込みしたくないという理由を正当化するのが人間です。


そういえば、以前ベンツだったか、
BMWのトップ営業マンの話しを聞く機会がありました。
この営業マンは、一般消費者宅に飛び込み営業を行っているそうです。
住宅を外観で、「この家はお金持ち」「この家はお金がない」などと判断すると、
大きなチャンスを逃すと言っていました。
やはり先程同様、住宅を外観で判断せずに、
一軒一軒飛び込み営業をするそうです。
意外にも、一見、お金持ちではなさそうな家の人が購入してくれたり、
知り合いを紹介してくれるそうです。

91-0zEYy56L

 やはり、一流の営業マンは自分を甘やかしませんし、
自分を正当化する言い訳を考えません。
そういった真摯な態度が、
人間性を高
めることにも繋がるのだと思います。
決して、逃
げないということなのでしょう。


今日紹介した「プロフェッショナルが実践している営業の哲学」、
日夜、営業で奮闘しているすべての人におすすめします。
 
  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、5/18あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール
応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング