トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

行動心理学

【第4348号】仕事のやり方には2種類ある!(動画編)

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4348号】仕事のやり方には2種類ある!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


仕事のやり方には2種類あります。
ひとつは、まずはその仕事の目的や
やり方を理解してから
行動に移すパターンです。


もうひとつは、
仕事の目的ややり方は後回しにして、
まずは行動してみるパターンです。


いずれにせよ、
PDCAサイクルを回せば、
プロセスは同じになるのですが、
出発点が違うということです。
あなたの会社では、
どちらを推奨しているでしょうか?


結論からいうと・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。



動画ブログ「商いは門門チャンネル」では、
2450本以上用意しています。 


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、6/14あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

【第4347号】仕事のやり方には2種類ある!

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4347号】仕事のやり方には2種類ある!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


仕事のやり方には2種類あります。
ひとつは、まずはその仕事の目的や
やり方を理解してから
行動に移すパターンです。


もうひとつは、
仕事の目的ややり方は後回しにして、
まずは行動してみるパターンです。


いずれにせよ、
PDCAサイクルを回せば、
プロセスは同じになるのですが、
出発点が違うということです。
あなたの会社では、
どちらを推奨しているでしょうか?


結論からいうと、
私はどちらでもいいと思います。
理由は、人によって仕事の考え方が違うからです。
目的な理屈がわからないければ動けない人もいますし、
逆に「とにかくやってみなければわからない!」
と言って、まずは行動する人もいます。


どちらが良い悪いの問題ではありません。
会社の文化として、
どちらが根づいているかということです。


私の経験から、
仕事の目的ややり方を理解してから
行動をする人が多いような気がします。
そういう人が、
理屈を理解せずに行動する人を見ると、
ものすごく無駄な動きをしていると感じるようです。
なにしろ、手探りの状態ですから・・・。


一方、理屈がわからなくてもまずは行動する人が、
理屈がわかってから行動する人を見ると、
行動するのに時間がかかるので、
いつまで経っても成果が出ないと思います。


上手くいくいかないは関係ありません。
とにかく行動することによって、
成果を得られれば改善策も見つかるという発想です。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


このように仕事のやり方には2種類あるので、
もしあなたが上司ならば、
部下がどちらのタイプかを分析して
教育することをおすすめします。
どちらも、一長一短があります。



おもてなし日本一で有名な石川県の「加賀屋」は、
「まずやってみる!」「最初は行動から伝える!」
という仕事のやり方なんだです。
意外だと思われた方も多いかもしれませんが、
まず形や行動から入って、
それを高いレベルで維持することに
重きを置きます。


その結果、
加賀屋ならではの
おもてなしの心が
しっかりとキープされています。


最新の脳科学や行動心理学では、
楽しいから微笑むのではなく、
微笑んでいるから楽しくなる
というようなロジックが登場してきました。


昔は、楽しいから微笑む
という因果関係が主流でしたから、
180度変わったわけです。


最新の脳科学や行動心理学で
言われていることはまんざら嘘ではなく、
私もこのことを意識して実践しています。
眉間にしわを寄せていると、
どんどん悩みは深くなっていきますが、
口角を上げて微笑むと悩みは軽減されます。


このように、
行動することによって
気持ちを切り替えるスキルを
マスターすることにより、
随分と人生は生きやすくなるはずです。


これは、性格とか考え方の問題ではなく、
良い気分で過ごすためのスキル
と思ってください。
スキルということは、
習得することが可能です。
しかも、非常に簡単です。


「笑顔になる」
「口角を上げる」
「背筋を伸ばす」
「明るく元気な声で話す」
「ガッツポーズをする」
「ピースサインをする」など、
気分を良くするための
ちょっとした行動は山のようにあります。


意識すれば誰でもが、
簡単に今すぐできます。
特別な訓練をすることなく、
お金もかかりません。


ですが、シンプルなだけに、
忘れずに継続するのは至難の業です。
逆にこれが継続できれば、
すごいことになります。


組織的にできるのであれば、
鬼に金棒です。
その企業は、
周りの人にきっとこう言われます。


「御社の社員と話をしていると、
 なんだか元気になってくる!」
「気持ちの良い接客をしてくれてありがとう!」など、
社員の態度やコミニケーションに対する
評価が抜群にアップするでしょう。


実は、これも企業の大きな強みになります。
そして、簡単には真似されることはないでしょう。
ぜひチャレンジしてください。
人に勝る強みはありません!


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、6/13あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■調子の悪い時はこれをやれ!

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3294号】調子の悪い時はこれをやれ!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

アメリカの哲学者で教育者でもある
「ジョン・デューイ」という人がいます。


哲学の本場はヨーロッパなので、
アメリカの哲学者といっても
一般の人には馴染みがないかもしれませんね。


私も先日、知ったばかりです。


きっかけになったのはあるメールマガジンで、
ジョン・デューイの言葉が紹介されていたのです。


=================================================
人間は理性の生き物でもなければ、本能の生き物でもない。
人間は習慣の生き物である。
=================================================


という言葉です。


私はこの言葉を読んで、
まさにその通りだと思いました。


辞書によると「習慣」とは
「長い間繰り返し行われていて、
そうすることが決まりのようになっている事柄」
とあります。


もう少し詳しく説明します。


たとえば、毎日朝起きたら
トイレ掃除をすることを習慣にしたいと考えました。


慣れないうちは、
ついつい忘れることもあるでしょう。


忙しかったりするとなおさらです。


ですから忘れないように
「毎朝トイレ掃除すること!」と紙に書いて、
壁に貼っておく人もいるでしょう。


慣れないことをするには、
このようにして意識することが大切です。


そして、ある程度継続しているうちに、
意識しなくても朝起きると
自然にトイレ掃除ができるようになります。


これが、習慣になったということです。


つまり、
無意識にでもできることを
習慣というのです。
 
 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 


このように考えると、私たちの日常生活には
いかに習慣が多いのかがわかります。


歯を磨くのも、洗濯をするのも、
新聞を読むのも、テレビを見るのも習慣です。


お酒を飲むのも、煙草を喫うのも、
ジョギングをするのも習慣です。


では、ある行動が習慣になるには、
どの程度の期間が必要なのでしょうか? 


行動心理学に
「インキュベートの法則」というものがありますが、
これによれば21日間と言われています。


つまり、ある行動を
21日間続ければ習慣化され、
無意識にできるようになるということです。


習慣化されれば、
さして頑張らなくても
容易にできるようになります。


そういった意味では、
苦労や努力が必要なのは
始めてから21日間ということです。


しかし習慣には、
気をつけなければいけない側面が
ふたつあります。


ひとつは、
習慣化されるのは良いことばかりではなく、
悪いことも習慣化されるということです。


もうひとつは、
一旦習慣化されると、
その行動を止めるのが難しいということです。


ですから、
悪いことを習慣にしては
いけないということですね。


小説家の「国木田独歩(くにきだ・どっぽ)」は、
「人間は過去の習慣の奴隷なるかな」
という言葉を残しています。


それだけ、習慣を変えるのは
難しいということですね・・・。


そして、習慣化されると、
その行動に対して何の疑問も
持たなくなります。


さらに悪いことに、
新しいことにチャレンジしなくなります。


よく考えてみると習慣とは恐ろしいのです。


習慣化された行動は、
何も考えなくても容易にできるので
楽なのです。


ですから、できることならば
習慣を変えたくないのが人間の常です。


先日、同い年の経営者と
こんなことを話しました。


「調子の悪い時は、
居心地の悪い人と付き合うべきだ」
と。


人間は、ついつい
居心地の良い人と
付き合う傾向にあります。


理由は楽だからです。


ですが、それでは
流れを変えることはできません。


調子が悪いのは、
悪い行動や考え方が
習慣化されているからです。


このような状態の時、
居心地の良い人というのは、
同じく悪い行動や考え方が
習慣化されている人です。


ですから、
悪い習慣を強制的かつ
短期的に好転させるには、
無理してでも居心地の悪い人と
付き合うべきだというのです。


恐らく居心地の悪い人は、
自分とは対極にいる
調子の良い人だからです。


こうやって良い習慣を身につけることが、
流れを好転させるコツです。


荒療治ですが、
こうでもしなければ
変わらないのが人間です。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/24あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング