トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

経営

■社長が入院して気づくこととは?



2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4078号】社長が入院して気づくこととは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


中小企業の社長は激務です。
社長がいなければ、会社が回らないと思っている社長がほとんどです。
中小企業の社長は、社内のほとんどの仕事に首を突っ込んでいるのが
一般的ですから無理もありません。


具体的には、「経理」「営業」「商品開発」「発注」、
そして「現場」をこなしている社長です。
こうなると朝から晩まで働いてることはもちろんのこと、
休日も返上して働くしかありません。


もう15年ほど前になりますが、
ある医療機器系企業のコンサルティングを行っていました。
社員は10人程度で、新潟のほかにも長野に支店がありました。
驚いたのは、社員の給与計算を社長自らが行っていたことです。
ですから、月末になると給与計算をしなくてはいけないので、
大変忙しいということでした。


中小企業では、このような企業が多数あると思われます。
これが、中小企業の現実なのです。


今から5年ほど前、
社員10人ほどの会社を経営している社長が
入院することになりました。
この社長とは、ある経営者団体で同じ支部に所属していました。
やはりこの社長も、自分がいなくなったら会社が回らないと思っていました。
それでも、入院しないわけにはいきません・・・。


私も経営者ですから、
「自分がいなくなったら、どうなるのだろうか?」
を考えるとゾッとします。
ほぼ、会社は開店休業状態になると思われます。
当然、本誌の執筆もストップしてしまいます。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


そういった意味でも、中小企業の社長は
健康第一の生活を送らなければいけないのですが、
なかなかそうはいきません。
これも中小企業経営者の現実です。
理屈はよくわかるが、
なかなかそうはいかないということなのです。

経営者の入院

この社長ですが、結局2ヶ月間入院しました。
生死を分けるような病気だったのですが、
2ヶ月後には元気な姿で仕事に復帰しました。
そうしたところ、おもしろい現象が起こっていたのです。


この社長が入院していた期間とそれ以前を比べてみると、
社長が入院している期間は随分と業績が良くなっているというのです。
これには、社長が一番驚きました。
入院前までは、自分がいなくては
仕事が回らないと思っていたのですから・・・。
まったく正反対の結果になったのです。


この入院で気づいたことは、
会社は社長がいなくても大丈夫だということです。
そして、自分がいなければ会社が回らないという
奢りを持っていた自分が恥ずかしくなったそうです。
社長がいなければいないなりに、
社員はなんとかしようと頑張ったのです。


これ以来、この社長は考え方を改め、
思い切って仕事を社員に任せるようにしました。
組織ですから、社長一人だけが
いろいろな仕事を抱え込んではいけません。


これとまったく同じことが、
弊社クライアントでも起こりました。


この会社の社長は、急に体調を崩し、約3週間入院しました。
先程の社長と同様、自分がいなければ
会社は回らないと思ったそうです。
それでも命には代えられません。


先日、退院したというのでお会いすると、
こんなことをおっしゃっていました。


「今回の入院で、大切なことに気づきました。
入院するときは、自分がいなければ会社の仕事が滞る
と思っていたのですが、実際にはそんなことはありませんでした。
社員も精一杯頑張って、社長がいなくてもちゃんと
仕事ができることを証明したかったようです。
社長がいなくてはダメだと思われないように、
力を合わせて困難を乗り越えるものなのですね。
結局、社員が独り立ちできないのを邪魔していたのは
私だったんです」と。


社長、特に創業社長は何でも仕事ができるので、
社員を見ても物足りなさを感じてしまいます。
その結果、任せられないとなるのです。
ですが、現実は社長が思っているよりも、
社員はずっと仕事ができるということです。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、7/28あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■プレッシャーやストレスに強い人、弱い人・・・(動画編)



2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4077号】プレッシャーやストレスに強い人、弱い人・・・(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


先日、クライアント先でこんな話しをしました。
同じ条件であることをやっても、
上手くいく人と上手くいかない人がいるのはなぜなのか?
という話しです。
具体的には、営業活動のことでした。


同じセールストーク、同じ商談のシナリオ、同じプレゼン資料など、
極力上手くいった営業マンの真似をするのですが、
同じような結果が得られらないということです。


たとえば、コンビニはその最たるものです。
コンビニは日本全国、ほぼ同じ店舗、演出、宣伝、品揃えです。
さらに、接客なども同じです。
唯一違うのは、立地くらいのものです。
このような事例は山のようにあります。


アスリートの世界でも、
同じ練習方法をしても成果の出る人と出ない人がいます。
もちろん、能力や才能の違い、やる気やモチベーションの問題もあるでしょう。
それが、一番大きいのかもしれません。


先日、あるセミナーに参加しました。
このセミナーは月一回開催されて・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。



動画ブログ「商いは門門チャンネル」では、
2150本以上用意しています。 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、7/27あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■プレッシャーやストレスに強い人、弱い人・・・



2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4076号】プレッシャーやストレスに強い人、弱い人・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


先日、クライアント先でこんな話しをしました。
同じ条件であることをやっても、
上手くいく人と上手くいかない人がいるのはなぜなのか?
という話しです。
具体的には、営業活動のことでした。


同じセールストーク、同じ商談のシナリオ、同じプレゼン資料など、
極力上手くいった営業マンの真似をするのですが、
同じような結果が得られらないということです。


たとえば、コンビニはその最たるものです。
コンビニは日本全国、ほぼ同じ店舗、演出、宣伝、品揃えです。
さらに、接客なども同じです。
唯一違うのは、立地くらいのものです。
このような事例は山のようにあります。


アスリートの世界でも、
同じ練習方法をしても成果の出る人と出ない人がいます。
もちろん、能力や才能の違い、やる気やモチベーションの問題もあるでしょう。
それが、一番大きいのかもしれません。


先日、あるセミナーに参加しました。
このセミナーは月一回開催されて、
もう20回程開催されました。
このセミナーを受講してわかったことは、
人はそれぞれ、生まれ持った能力や性格があり、
さらに生きてきた環境があります。


ですから、ある人の成功ノウハウを実践したからといって、
自分の能力や性格、価値観に合う合わないがあります。
これを考慮するならば、人を育てるには、
画一的な方法ではなく、その人に合った方法や環境を
与えてやる必要があります。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


さて、人が実力を発揮するためには、
二つの環境づくりがあります。
ひとつは目的や目標を明確にして、
日々それを強く意識して行動することです。
たとえば、営業の世界では営業目標を日々意識して、それに向かって、
どのような行動をどれだけやるのかを決めて行動します。


当たり前のことですが、
相当なプレッシャーやストレスがかかります。
それに負ける人もいます。 
たとえば、オリンピックなどの世界的大会で金メダルを期待されながら、
残念ながらメダルを逃してしまう・・・。
これは、よくある出来事です。


このような話題になる現役時代の「浅田真央さん」を思い出します。
マスコミは浅田さんに対して、期待を煽る報道をします。
ですが、本人にしてみると、
それがプレッシャーやストレスになり、
実力を発揮できなかったのです。


もちろん、
プレッシャーやストレスがかかればかかるほど、
実力を発揮する人もいます。
プレッシャーやストレスに弱い人は、
欲を出さずに自由にやらせた方が実力を発揮します。


変に目的や目標を与えて管理するよりも、
無心で行動した方が実力を発揮します。
あてのない旅をしたり、ウインドショッピングに似ています。
あそこの店に行って、あれを買おうなどという
目的や目標を持たない方がいいのです。


このほかにも、
「苦労した方が成功する人」
「苦労すると潰れる人」
「朝から晩まで、馬車馬のように働いた方が成功する人」
「失敗しそうになると周りの人が助けてくれる人」
「失敗しそうになっても、周りの人が助けてくれない人」など、
いろいろな人がいます。


会社組織で考えると、目的や目標を与えた方が燃える人と、
自由気ままに無心でやらせた方が
実力を発揮する人がいるということなのです。
このところを無視した人事や教育が、
あまりにも多過ぎます。

適材適所
昔から「適材適所」という言葉がありますが、
真の意味で適材適所をやっている企業は稀です。


法隆寺の宮大工の棟梁だった「西岡常一さん」は、
木の癖を見抜いてどこに使うを決めると言っていました。
さらに、「木を組む前に人の心を組め」とも言っています。


人を含めて自然界にあるものは、
それぞれに特徴や癖があります。
お客様もそうです。
適材適所について、今一度考えてみてはどうでしょうか?


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、7/26あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング