トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

経営コンサルタント

■イメージと実態を埋める努力していますか?(動画編)


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3517号】イメージと実態を埋める努力していますか?(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

世の中には、いろいろな商売があります。
中には、「これで商売になるのだろうか?」と
首を傾げてしまうようなものもあります。
ですが実態は、意外にも儲かっていたりすることもあります。


お客様の数は少なくても客単価が高ければ、
十分商売になります。
一方、いつも忙しそうにしていて、
いかにも儲かっているような会社でも、
内情は儲かっていないケースも多々あります。


本当のところは、
イメージだけではわからないということです。


さて、職業とそれに対する
一般消費者の抱くイメージは、
実態とかけ離れている場合があります。


たとえば、「コンサルタント」です。
まだ、駆け出しの頃は、
さして気にはならなかったのてすが、
最近は気になることが多くなってきました。


世間一般の方々が抱いている
コンサルタントのイメージと、
コンサルタントの実態が
あまりにもかけ離れていると思われるシーンに
度々遭遇するからです。


あなたは、
「コンサルタント」に
どのようなイメージを持っているでしょうか?


私は経営コンサルタントなので・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
 
  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、9/2あさ5:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■イメージと実態を埋める努力していますか?


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3517号】イメージと実態を埋める努力していますか?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

世の中には、いろいろな商売があります。
中には、「これで商売になるのだろうか?」と
首を傾げてしまうようなものもあります。
ですが実態は、意外にも儲かっていたりすることもあります。


お客様の数は少なくても客単価が高ければ、
十分商売になります。
一方、いつも忙しそうにしていて、
いかにも儲かっているような会社でも、
内情は儲かっていないケースも多々あります。


本当のところは、
イメージだけではわからないということです。


さて、職業とそれに対する
一般消費者の抱くイメージは、
実態とかけ離れている場合があります。


たとえば、「コンサルタント」です。
まだ、駆け出しの頃は、
さして気にはならなかったのてすが、
最近は気になることが多くなってきました。


世間一般の方々が抱いている
コンサルタントのイメージと、
コンサルタントの実態が
あまりにもかけ離れていると思われるシーンに
度々遭遇するからです。


あなたは、
「コンサルタント」に
どのようなイメージを持っているでしょうか?


私は経営コンサルタントなので、
経営コンサルタントのイメージについて、
いろいろと耳に入ってきます。


たとえば、コンサルタントを
雇っている企業のイメージとして、
「業績が悪い・・・」
「儲かっていない・・・」
「経営が大変・・・」
と思われているようです。


私は何度も、
「儲かっていない企業ばかり
相手にしていて大変だね」
と言われたことがあります。

 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
 
しかし、経営コンサルタントを雇う企業の中に、
業績が悪くて崖っ淵の企業はいません。
コンサルタント料や顧問料を
払わなくてはいけないので、
お金のない企業は依頼できません。


では、どのような企業が
経営コンサルタントを雇うのでしょうか?


少子化の影響で、
あらゆるマーケットが縮小しています。
ですから、年々、売上が減少している企業は
多数存在しています。


その中でも、経営コンサルタントに依頼するのは
「まだ余力があるうちに、次の手を打っておこう!」という、
経営に対して積極的な企業がほとんどです。


そのほかにも、
「新規事業を始めたいので
営業の指導をしてほしい」というのも、ここ数年増えてきました。

経営コンサルタント

また、コンサルタントを使い慣れている企業は、
売上や利益という成果ではなく、
それ以外のことを求めているケースもあります。


「社員だけで商品開発を行
っていると
“視点”“視野”“視座”が狭くなってしま
う・・・」
「外部からの刺激がないとマンネリ化してしま
う・・・」など、
発想の枠組みを打ち破ることができない
という悩みを解消するためにです。


経営コンサルタントは、
様々な企業のコンサルティングをおこなっているので、
数多くの事例を知っています。
「よその企業では、このような取り組みを行って成功した」
「ほかの業界では、このようなビジネスモデルを確立した企業がある」など、
社内や取引先からの情報収集だけでは、
知り得ない情報を知っています。


そのほかにも、
社長の切実な悩みを解消するために、
経営コンサルタントを雇う場合があります。


社長と従業員の関係は、ある意味、
親と子どもの関係に似ています。
ですから、従業員は社長の言うことに反発します。
元々、立場や責任が違うのですから当たり前なのですが、
これが常態化すると健全な経営ができなくなります。


そこで、経営コンサルタントという
外部の専門家に依頼して、従業員を指導してもらうのです。


同じことを言っても、
社長が言うより経営コンサルタントが言った方が効果があります。
外部の人間なので、
頭ごなしに反発はできないのです。


まだまだこれ以外にも、
経営コンサルタントの上手な使い方はあります。


業績不振の悩みを解消することはもちろん、
「こんな会社にしたい!」という経営者の
夢を実現するためのお手伝いもできます。
 
  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、9/1あさ5:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■なぜ100kmも走れるの?

商いは門門バナー











おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
なぜ100kmも走れるの?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今年の1月のことだったと思います。
フェイスブックで、ある方から
メッセージをいただきました。


そのメッセージは、お友達申請だったのですが、
この方のプロフィールを読むと、
新潟市出身で、
仕事で新潟市と東京を行き来しているようです。


そして、職業は経営コンサルタントです。
同じコンサルタントということもあって、
すぐに友達の承認をさせていただきました。


何回かメッセージのやり取りをするうちに、
今度会いましょうということになりました。


ツイッターやフェイスブックなどのSNS上で友達になり、
その後、実際に会うという今ではよくあるパターンです。


私もこのようなパターンで
知り合いになった方は多いのですが、
異業種の方がほとんどでした。


今回は、思いっきり同業です。
どのような出会いになるのか、
ワクワクしていました。


さて、約束の当日です。


私は、待ち合わせ場所にむかいました。
キョロキョロしていると、手を振っている人がいます。


お互いフェイスブックで、
顔写真を見ていたのですぐにわかりました。


早速、名刺交換を済ませ、
お互い自己紹介をおこないました。


この方は、株式会社総合教育研究所の
石橋正利(いしばし•まさとし)さんです。


石橋さんは現在65歳で、
37歳までは大手企業の営業マンとして
活躍されました。


その後、経営コンサルタントとして独立されて、
企業理念、経営計画、人事システムの策定、
キャリア開発などを得意としています。


また、研修機関の講師としても有名です。


よくよく話しを聞けば、同じ経営コンサルタントでも、
まったく分野が異なりました。


さすがに大先輩だけあって、
ひとつひとつの言葉に含蓄があります。


様々な情報交換をおこない、
その日は別れました・・・。

 
=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


それから、しばらくすると、
石橋さんからメッセージがありました。


今度は、「志フォーラム」という
石橋さんのセミナーの案内でした。


私は、石橋さんがどのような話しをするのか
興味があったので、二つ返事で参加することにしました。


この「志フォーラム」とは、
「志」と「実践」で経営革新を成功させようというものです。


石橋さんは、経営課題を見える化して、
「自分を変え」、「会社を変える」ことに挑戦する
仲間との出会いの場(フォーラム)を
提供しようというのです。


素晴らしい試みだと思いました。


さて私が参加した、このセミナーですが、
石橋さんは私たちがどれだけ、
「制限」や「思い込み」に縛られているのか、
事例を紹介しながら説明してくれました。


まずは、トランプの動画を見せられました。


6枚のトランプのカードを1枚ずつ、
ほんの一瞬だけ見せられます。
そして、間違いを探せというクイズです。


私はまったくわかりませんでしたが、
約30名の参加者の中には、
わかった方が数名いらっしゃいました。


そこで、石橋さんは、
もう1回この動画を見せてくれました。


今度は、1枚1枚のトランプのカードが
表示される時間が、先程の2倍です。


やはり、私は間違いを見つけることが
できませんでした・・・。


その間違いとは、
マークと色の組み合わせです。


黒いハートのカードや
赤いクローバーのカードがあったのです。


よく考えてみれば、ハートは赤ですし、
クローバーは黒です。


言われてみればその通りなのですが、
約半数の人がそのことに気づきませんでした。


私は、色にはまったく注目せずに、
形に注目していました。
だから、気づかなかったのです。


これも、一種の思い込みや制限ですね。


さらに、メキシコの「タラマウラ族」の
話しにも驚きました。


彼らは、100kmを
サンダル履きで走るそうです。


しかも、日頃のトレーニングや
ストレッチなどの準備運動もしません。
 
マラソン















考えてみてください。


100km走れと言われたら、
あなたならどう思いますか?


恐らく、100人中100人の方が、
憂鬱になると思います。


そもそも、走れるわけがないと
笑い飛ばすかもしれません・・・。


たとえ走れても、
きっと苦しみの境地でしょうね。


では、なぜタラマウラ族は走れるのでしょうか?


それは、走ること自体が楽しくて、
ハッピーだからだというのです。


ですから、100kmも走れるのです。


これとは逆に私たちは、
1kmでも走ることは苦しいと思っています。


私たちとタラマウラ族は、
走ることに対する価値観が違うのです。


いわゆる「パラダイム」が違うのです。

 
この事例から、
物事のパラダイムさえ変えることができれば、
無意識のうちに作った「制限」や「思い込み」を
外すことができるのです。


私たちは、パラダイムという
枠組みの中で生きています。


しかし、パラダイムを意識することは、
ほとんどありません。


ただ、私たちの行動がパラダイムに
制限されていることさえ知っていれば、
パラダイムを変えることも可能だと思います。


まずは、パラダイムの枠組みの中で
行動していることを意識することから
始めてみませんか。

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/28あさ7:00です
==============================
商いは門門バナー












【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール
応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング