トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

橋本久美子

■こんな会社や人から買いたくない!

おはようございます!


地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください


今日の「感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
こんな会社や人から買いたくない!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先日、このブログで、
吉村紙業の橋本久美子社長の講演会を紹介しました。


■お客様が何を考えてるか知っていますか?



この講演会の中で、
橋本社長がこんなことをおっしゃっていました。

橋本久美子

「売上は、目標ではなく結果です。
 売上や利益のためにがんばっている人から買う気にはならない・・・」


売上は、行動の結果でしかありません。
冷静に考えれば、当たり前の話です。


ある有名な会社では、目標を売上額や利益額ではなく、
「行動の量」にしているそうです。


しかし、ほとんどの会社では、目標は売上額と利益額です。
それに付随して、粗利益率や回転率などもあります。


私も、橋本社長と同じく、売上や利益、
つまり、自社のためにだけ、がんばっている人から買いたいとは思いません。


社会環境が大きく変化している今、
企業の目標は、売上額と利益額だけでいいのでしょうか?


そして、企業の目的とは何でしょうか?
これは、企業の存在意義でもあります。


さて、あなたは、
何のためにがんばっている人から買いたいですか?


===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


これから紹介するのは、
あまりにも有名な「レンガ職人の話」です。


レンガを積んでいる職人が、4人いました。


1人目は、「レンガを積んでいる」と言いました。
2人目は、「レンガを積んで壁を作っている」と言いました。
3人目は、「レンガを積んで教会を作っている」と言いました。
4人目は、「レンガを積んで教会を作り、皆の心を癒す空間を作っている」と言いました。


4人の違いが、わかりますか?


1人目は、レンガを積むことを目的としてレンガを積んでいます。
2人目は、壁を作ることを目的としてレンガを積んでいます。
3人目は、教会を作ることを目的としてレンガを積んでいます。
4人目は、皆の心を癒す空間を作ることを目的にレンガを積んでいます。


目的の違いにより、
やりがいや結果がまったく異なると思いませんか?



3月11日以降、社会の価値観が大きく変わっています。
ですから、会社の目的も見直さなければいけません。


でなければ、社会に対応できない
浦島太郎状態の会社になってしまいます。


今日、お話ししていることは、
大変に重要なことですので、もう一つ、事例を紹介します。


株式会社建設みらい研究所の
取締役・小浪正規さんのコラムです。


〜以下転載〜


何のために仕事をしているのでしょうか。
先日ある建築会社に訪問させていただいた時に、
社長から感動的なお話をお伺いしました。


その建築会社の協力業者である解体工事業者さんが、
頻繁にクレームを起こしていたので、社長はこのままではいけないと思い、
膝を突き合わせて話し合うことにしたそうです。


建築業界に詳しくない方もいらっしゃると思いますので、
簡単に説明させて頂きます。


解体工事というのは、古い家を壊して、
廃材撤去する俗にいう3Kの仕事です。


当然そういう仕事なので、多くの解体業者さんは
嫌々仕事されている方が多いのです。


斜に構えた解体工事業者さんに、
社長は「あなたの仕事は何ですか?」と質問されました。


「仕事って・・・家の解体工事屋ですよ・・・」
とふてくされて答える解体業者さん・・・。


「あなたの仕事は解体工事じゃない。
 それまでその家で住まわれてきた家族の思い出を永遠にする仕事です。
 大切な家族の思い出がいっぱいつまった家を無造作に解体されたら、
 お客様はどんな気持ちになると思いますか?
 丁寧に解体することで、お客様の思い出を永遠にすることができる尊い仕事なのです。」


この言葉で一気に解体工事業者さんの表情が明るくなり、
その後「お客様家族の思い出を永遠にする」ために
解体するようになったそうです。


誰しも人は、心の奥底に、
「人のお役に立ちたい」
「お客様に喜んでもらいたい」
「心からありがとう」
と言われたいという思いがあります。


そして、どんな仕事でもそう言っていただける要素が
たくさんあるのです。


「あなたは何のために仕事をしているのでしょうか?」


〜以上転載〜


日本創造教育研究所
何のために仕事をしているのでしょうか



まずは、会社の目的を社会の価値観と照らし合わせて、
再構築すること。


そして、社内にその目的を文化として根づかせること。
これは、経営者の大きな仕事。


目的の在り方によっては、
会社の存在意義、社員の人生も大きく変わります・・・


仕事を面白く、会社を楽しく、日本を元気に!
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之でした。

==============================
次回の更新は、明日あさ7:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■お客様が何を考えてるか知っていますか?

おはようございます!


地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください


今日の「感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
お客様が何を考えてるか知っていますか?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今日は、東京の吉村紙業の
橋本久美子社長の講演会の話題です。


吉村紙業は、全国に8000件あるお茶屋さんが、
お客様です。


このお茶屋さんに、
茶袋を販売している茶袋製造メーカーです。


販売先が、これ程、
明確な会社も珍しいと思います。

吉村紙業

吉村紙業・橋本久美子

先代の頃は、「総合パッケージメーカー」
と名乗っていたそうです。


しかし、実情は、
茶袋のみ製造していました。


総合パッケージメーカーと名乗ったのは、
先代の見栄でしょうか?


大手は皆、
総合パッケージメーカーと名乗っていたそうです。


先代から、バトンタッチした橋本社長は、
まずは、誰に何を売るのかを明確にします。


大手と同じ土俵で勝負したのでは、
総合力で勝る大手に、勝てる訳がありません。


そこで、橋本社長は、自社のお客様は、
全国に8000軒あるお茶屋さんであることを訴求しました。


さらに、このお茶屋さんに対して、
茶袋だけでなく、約3000点の包装資材も販売しています。


まさに、お茶屋さんのためにある
会社なのです。

吉村紙業が勝負する土俵は、決まりましたか、
緑茶リーフ(茶葉)市場は縮小するばかりです。


業界として、若年層の取り込みに、
力を入れてこなかったツケです。


緑茶リーフ市場が縮小すれば、
当然、吉村紙業の業績も縮小します。


このことに、危機感を抱いた、
橋本社長は、ある行動に出ました・・・


===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


橋本社長は、若年層が育っていない緑茶リーフ市場を
緑茶メーカーと一緒に拡大することを決意します。


具体的には、一般消費者を集めて
「消費者座談会」というリサーチを月一回、開催しました。



目的は、緑茶のパッケージに対する
要望や意見などを集めることでした。


伝統的な商品であるため、パッケージデザインも保守的で、
既成概念でガチガチだったそうです。


伝統という保守的な思考が、
緑茶リーフ市場を衰退させていたのです。


変化に対応することもなく、
ある意味、外部の情報を拒んだ市場です。


消費者座談会は、
変化を創造する意味もありました。


ある時、十代の女性を
リサーチしたそうです。


十代の女性は、ペットボトルの緑茶は買うけど、
緑茶リーフは買わないことがわかりました。


彼女らの中では、緑茶リーフは、
両親や祖父母が買うものといおうポジションだったのです。


そこで、お茶屋さんに、
給茶スポットを設ける運動を始めます。


給茶スポットとは、全国の日本茶専門店で、
マイボトルにお茶を給茶できるサービスです。


給茶スポット×お茶Bar



さらに、お茶の入れ方審査などで総得点を争う
「T(Tea)-1グランプリ」も開始しました。


T-1グランプリ



徹底的に、お客様や見込み客と向き合うことで、
緑茶市場の拡大を茶袋製造メーカーか、後押ししています。


本来ならば、お茶屋さんが、
主導でやるべきことなのでしょう。


そして、吉村紙業にとって消費者座談会は、
なくてはならないものになりました。


お客様や見込み客に、接近することでしか、
ニーズやウォンツを具現化することはできません。



アンケートよりも濃密な情報を欲しければ、
リアルコミュニケーションです。



言語化できない情報を
直に感じとることができます。


あなたの会社やお店は、お客様に接近していますか?
答えは、お客様、つまり現場にしかありません。


皆さん、今日もお仕事がんばりましょう!
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之でした。

==============================
次回の更新は、明日あさ7:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング