トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

村上市

■鉄工所から学ぶ新分野進出のヒント

商いは門門バナー2013.05











おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3219号】鉄工所から学ぶ新分野進出のヒント
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

世の中には、
不思議だと感じることが時々あります。

 
先日、新潟県の村上市に行った時のことです。
地元の大先輩の経営者から、
「?」と思うことを聞いたのです。


村上市のある鉄工所が、
鮭の加工食品を製造販売している
というのです。


鉄工所と鮭の加工食品・・・、
私の頭ではどう考えても
まったく結びつかないのです。


私はすかさず質問をしました。


「なぜ、鉄工所が鮭の加工食品を
 製造しているのですか?」と。


村上市は、新潟県最北の市で、
かつては村上藩の城下町として
栄えました。


面積は県内最大で、
人口は約7万人と
新潟県内では8位です。


特産物として、お茶、村上牛、
そして三面川(みおもてがわ)の鮭が有名です。


平安時代には、京都の王侯貴族に
三面川の鮭が献上されていたそうです。


その後、江戸時代には
村上藩の主要な財源になったのが鮭ですが、
江戸時代後期になると、
徐々に不漁になっていきました。


そんな時、青砥武平次(あおとぶへいじ)が
世界で初めて鮭の「回帰性」を
発見したそうです。


回帰性とは、
鮭が生まれた川に戻ってきて
産卵することを言います。


この鮭の回帰性を活かして、
「種川の制」という世界初の
「自然孵化増殖システム」を作りました。


これによって、
三面川の鮭の漁獲高は飛躍的に増えて、
藩の財政も潤いました。


そして、村上は「鮭のまち」として
全国的に有名になりました。


このように、村上市=鮭というイメージが
定着しているので、村上市の企業が
鮭関連の業界に参入しても
不思議ではないのですが、
鉄工所というのが引っかかりました。


そもそも、鮭の加工食品を
製造するノウハウも技術も、
鉄工所が持っているとは思えないのです。


私は気になったので翌日調べてみました。


確かにありました。
鉄工所が、鮭の加工食品を
製造販売しています。
 
 
=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


この鉄工所は、
「遠山鉄工(とおやまてっこう)」
という会社です。


そして、
「塩引鮭専門店・元祖三面屋」
というネットショップを運営しています。


なぜ、鮭の加工食品に参入したのかといえば、
先程の大先輩経営者によれば、
遠山鉄工所の所在地は、鮭が獲れる
三面川河口のすぐ脇にあるからというのです。


ネットショップによれば、
工場は三面川の河口から
たった500メートルのところに
あるそうです。



だから、
獲れたて鮭を活きの良いまま
加工することができるそうです。



これが強みです。


「それだけ?」と思ったのですが、
どうもそうらしいのです。


参考までに遠山鉄工所は、
プラント工事、製缶工事、鉄骨工事、
配管工事などを手がける会社です。


それにしても、世の中には
面白いところに目をつける人もいますね。


遠山鉄工所の事例で、
思い出した会社があります。


広島県呉市の
「有限会社瀬戸鉄工(せとてっこう)」
という会社です。


瀬戸鉄工は1970年の設立で、
主に自動車メーカーや弱電メーカーの
樹脂に成形加工やプレス加工を
おこなっていました。


その技術を活かして、
食品容器の製造も手掛けるようになり、
食品業界と繋がりができました。


そして、容器だけではなく、
「イカの姿フライ」の一次加工を
することになったそうです。


今から20数年前、前社長が
「地元の小学生がサッカーボールを
蹴ったら骨が折れた」
という新聞記事を読みました。


そこで前社長は、
骨が丈夫になるカルシウムを
子どもに摂取してもらおうと、
地元瀬戸内海の「いりこ」を
利用することを思いついたそうです。


「いりこ」とは、鰯(いわし)の
煮干しのことを言います。


そこで、登場したのが
社内にあったプレス加工装置です。


これを使って、いりこを加熱・加圧すると
サクサク食べられる煎餅(せんべい)が
できました。


そして、地元の小学校に無料で配ったところ、
小学生やその保護者から大きな反響があり、
商品化することになりました。


それにしても、
樹脂のプレス加工をする装置で
いりこの煎餅を作ることなど、
通常思いつきません。



前社長の素晴らしい発想力ですね。


さて、その後、瀬戸鉄工は、
プレス加工技術を応用した
乾燥食品燃成装置を開発して
「瞬間高温高圧焼成法」として
特許を取得しました。


この装置で煎餅を製造すると、
 ̄卆弧未罵イ譴討い襦
⊃緤含有量が少なく長期保存できる、
4蔽韻某べられる、
げ断による栄養の損失がない
という大きな特長があります。


また、
栄養価が高いのに食べ難い食材、
有効成分が残っていても形が悪い、
傷があるなどの理由で廃棄されている食材も
瞬間高温高圧焼成法を使えば、
食べ易く加工することができるそうです。


瀬戸鉄工も「瀬戸の旨香焼き(せとのうまかやき)」という
ネットショップを運営しています。


主力のいりこ以外にも、
瞬間高温高圧焼成法を使った
「小豆」「玄米」「玉ねぎ」「えび」などの
商品を販売しています。


この瀬戸鉄工ですが、
現在では加工水産物製造業や
菓子製造の認可も得て、
本格的に食品業界に参入しました。


今では、自社のオリジナル商品の
製造販売だけでなく、
瞬間高温高圧焼成法を使った
新商品の開発コンサルティングも手がけています。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、9/30あさ7:00です
==============================

商いは門門バナー2013.05











【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■お客様が引き寄せられるように、次々とやってくる理由とは?

おはようございます!


地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください


今日の「感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
お客様が引き寄せられるように、次々とやってくる理由とは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨日に引き続き、新潟県村上市の話題です。
凄い店がありました!


外観は、何てことはない「酒屋」さんです。
店の名前は、「酒のかどや」と言います。


本当に、角地に建っています。
だから、かどやなのでしょうか?

酒のかどや01

店内の広さは、コンビニの2〜3倍というところです。
家族+数人のスタッフで経営されています。


この店に行ったのは、11月23日(水)、勤労感謝の日。
午後2時半頃だったと思います。


店内にはお客様が、
5〜6人いらっしゃいました。


まずは、店内のテーブルに案内されて、
お茶を入れてもらいました。


「?」、ここは酒屋です。


テーブル席に案内されて、
お茶を入れてくれる酒屋は、初めての経験です。


また、店内には、風呂敷コーナーがあり、
日本酒の一升瓶がラッピングされていました。


当然、風呂敷も売っています。


コーナーの演出も、なかなか粋な感じです。
とても、酒屋さんとは思えません。


試飲も含めて、1時間程、滞在しましたが、
お客様は途切れることなく、何かに引き寄せられるように、
次々とやってきました。


お婆ちゃんとお孫さん、ママと子供など、
家族のお客様が多いのが特徴でした。


それでは、
「酒のかどや」さんの秘密をご紹介します。


===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


酒のかどやさんの主力商品は、日本酒です。
ビールも、ワインも、ウィスキーも売っています。


ざっと見た感じ、
日本酒が9割で、その他のお酒が1割です。


しかも、安いパック酒は、取り扱っていません。
取り扱っているのは、新潟県でも有名な酒蔵の日本酒です。


かなり敷居の高い印象ですが、
家族連れで訪れるという不思議な酒屋さんです。


ホームページによると、
新潟県内の6つの蔵元の清酒に絞り込んでいるそうです。


こだわりの新潟地酒・本格焼酎専門店 酒のかどや


参考までに、新潟には95の蔵元があります。
その中の6つに、絞り込んでいるということです。



まさに、ランチェスター戦略の見本です。
ここまで、よく絞り込めたなぁと感心しました。


さて、しばらく店内をウロウロしていると
店主の岩田さんが、ニュースレターを持ってやってきました。


店内にいるお客様に、
挨拶をしながら手渡しで配っています。

酒のかどや02

オール手書きです。
何ともいえない温かみを感じます。


店主が手渡しで、声をかけながら配っている
ニュースレターを見たのも初めてです。


ビジネスに対する姿勢に、共感してしまいます。
これぞ、経営哲学です。


また、ホームページも素晴らしい出来でした。
スタッフ3人のブログもあります。


酒のかどや若女将 ちゃこのホロ酔い日記
酒のかどやスタッフ 酒のかどやスタッフ まゆママ日記
酒のかどやスタッフ あかねっちのビール万歳!!


当然、皆さん、顔出しです。
これも素晴らしい!


酒のかどやさんは、
恐らく驚異のリピート率だと思います。


そして、既存のお客様から、
新規のお客様を紹介される率も高いはずです。


「商品の絞り込み」+「お客様との徹底したコミュニケーション」。
中小零細企業が繁盛するゴールデンルールを実践されていました。



商品の絞り込みやお客様との徹底したコミュニケーションは、
お金もかからず、お客様を想う気持ちとやる気さえあればできます。


皆さん、今日もお仕事がんばりましょう!
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之でした。

==============================
次回の更新は、明日あさ7:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■地域の人たちに愛してもらう経営とは?

おはようございます!


地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください


今日の「感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
地域の人たちに愛してもらう経営とは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


先日、新潟県村上市で、
新潟県中小企業家同友の経営フォーラムが開催されました。


翌日、村上観光も兼ねて、地元の酒蔵「大洋酒造」を
見学させていただきました。


大洋酒造


この大洋酒造の敷地内に、
「和水蔵(なごみぐら)」と名付けられた建物があります。

和水蔵01

酒米倉庫を増改築して、
「酒文化と村上地域観光の情報発信スペース」を目的に作られました。


村上の伝統文化や酒造りの道具などが、展示されているほか、
試飲コーナーや販売コーナーもあります。


さらに、地下20mから汲み上げている
仕込み水の飲み場もあります。

和水蔵02

この和水蔵ですが、一見すると観光客向けですが、
地元の人たちにも開放されています。


ミニステージもあり、地元ミュージシャンがが、
コンサートを開催するそうです。


そのほか、カルチャー教室、講演会、展示会なども
開催できるようです。


このような取り組みは、地域密着ビジネスにとって、
とても大切なことです。


===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


大洋酒造の経営理念は、
「村上の米をつくり、酒をつくり、人をつくる
 本物の地酒文化を創造します」です。


酒米の「越淡麗(こしたんれい)は、
社員の家庭で農家をしている人にも育ててもらうそうです。


田植えは、地元のファンクラブの方々にも協力してもらい、
従業員総出でおこなうそうです。

越淡麗

そして、秋に収穫した越淡麗を買い取って、
日本酒を製造します。


まさに、地域密着経営のお手本です。
もう一つ、事例を紹介します。


阿賀野市に、「丸三安田瓦(まるみやすだがわら)」
という会社があります。


丸三安田瓦


読んで字のごとく、瓦屋さんですが、
敷地内に「粘土工房ものがたり」という施設があります。

粘土工房ものがたり

ここは、安田瓦の歴史や製造過程の展示や
瓦作りの体験ができます。


そのほか、レストランも併設されており、
地元野菜を使った料理をいただくことができます。


さらに、多目的スペースは、
カルチャー教室や講演などができます。


また、瓦製造の技術を活かした商品も
販売されています。


ここも大洋酒造と同じく、
地元住民が利用できるように開放されています。


今日のポイントは、
地元住民を巻き込むことです。


あなたの会社やお店に、ちょっとしたスペースがあれば、
そこをカルチャー教室や展示場として開放することが可能です。



もし、スペースがないのなら、
チラシのひとコマ、ニュースレターのひとコマを地元住民のために、
開放できませんか?



「地域の人たちと一体化する!」
「地域の人たちと一緒に創っていく!」
「地域の人たちに活躍の場を提供する!」


その結果、地域の人たちが、
愛してしてくれる会社やお店になります。


皆さん、今日もお仕事がんばりましょう!
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之でした。

==============================
次回の更新は、明日あさ7:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング