トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

未来工業

■500円の力は、もの凄く偉大だ!(動画編)

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3503号】500円の力は、もの凄く偉大だ!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

先日、社員研修をやらせていただきました。
約50人の方が参加されましたが、
キリのいいところで質問タイムを設けました。


年の頃は私と同年代(50代前半)と思われれる男性が、
手を挙げました。
声も大きく、イキイキとした感じの方です。


「最近の会社は、社長や経営幹部が若手社員に対して、
腫れ物に触るように接しているのはなぜですか?」
という質問でした。


昔は、社員や経営幹部は、
「部下に対してダメなものはダメ!」
とはっきり言っていました。
また、本気になって叱ることも日常茶飯事でした。
ところが、いつ頃からでしょうか、
やたらと若手社員に気を遣うようになったのです。


これは、どこの会社でもみられる現象ですが、
若手社員にちょっときついことを言うと、
すぐに辞めると言い出すのです。
弊社クライアントで、こんなこともありました。


若手社員が、大好きなアイドルのコンサートに行きたいので
休ましてほしいと社長に伝えたそうです。
ところがその日は、
月1回の全社員が出席する会議があったのです。
社長は、休むことを許可しませんでした。


その結果・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。





1000本以上用意しています。 
 
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、8/3あさ6:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■500円の力は、もの凄く偉大だ!

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3503号】500円の力は、もの凄く偉大だ!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

先日、社員研修をやらせていただきました。
約50人の方が参加されましたが、
キリのいいところで質問タイムを設けました。


年の頃は私と同年代(50代前半)と思われれる男性が、
手を挙げました。
声も大きく、イキイキとした感じの方です。


「最近の会社は、社長や経営幹部が若手社員に対して、
腫れ物に触るように接しているのはなぜですか?」
という質問でした。


昔は、社長や経営幹部は、
「部下に対してダメなものはダメ!」
とはっきり言っていました。
また、本気になって叱ることも日常茶飯事でした。
ところが、いつ頃からでしょうか、
やたらと若手社員に気を遣うようになったのです。


これは、どこの会社でもみられる現象ですが、
若手社員にちょっときついことを言うと、
すぐに辞めると言い出すのです。
弊社クライアントで、こんなこともありました。


若手社員が、大好きなアイドルのコンサートに行きたいので
休ましてほしいと社長に伝えたそうです。
ところがその日は、
月1回の全社員が出席する会議があったのです。
社長は、休むことを許可しませんでした。


その結果・・・、
若手社員は大好きなアイドルのコンサートに行くために、
会社を辞めたそうです。


このような話しは珍しいことではなく、
よくあることなのです。

 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
 
せっかく雇用した若手社員なのに、
こんなことで辞められてしまっては元も子もありません。
若手社員にとっては、仕事よりも重要だということですが・・・。


経営者から
「うちの社員は、経営感覚がない!」
「言われなくても、仕事をしてほしい!」
「自主性が足りない!」
という愚痴(?)を聞くことがあります。


しかし、
「経営感覚を持った社員」や
「自主的に行動する社員」は、
そうそういません。
なぜならば、経営者と社員では、
立場や責任が違います。


経営者のような意識で、
経営者のように働けといっても無理です。


さて、冒頭の研修をやらせていただいた企業ですが、
私の研修に参加するもしないも、
社員の自主性に任せています。
何とも羨ましい話しだと思った経営者も多いことでしょう。
自主性に任せて、50人も参加するなんて凄いことです。
このような企業を、時々見かけることがあります。


ダスキンの代理店で有名な
「武蔵野」という会社があります。
武蔵野は、毎日朝7時半から8時半までの1時間
「早朝勉強会」を開催しています。
多い時は、100人も参加するそうです。


実は、社員の自主性に任せて自由参加にも関わらず、
参加者が多いのには、ちゃんと仕組みを作っているからです。


武蔵野の場合は、
1回参加すると500円もらえるのです。
500円あれば、コンビニのお弁当を買ってもお釣りがきます。
奥様に内緒でお小遣いがもらえるなんて
嬉しいではありませんか!

500円

こんな話しをすると、
「1回500円で参加しても、
それは本物の自主性ではない」
と言う経営者もいます。


ですが、社員の自主性に任せていたら、
いつまで経っても参加する社員が多くなりません。
1回500円で、勉強会や研修に参加してくれるのなら、
安いものです。


参加すれば、面白味を感じる社員もいるでしょう。
参加しなければ、何も変わりません。
そういった意味では、
お金で釣るのも悪くはありません。


ユニーク経営で知られる「未来工業」は、
業務を改善するアイデアなどを
1件提案すると500円支給されます。

会社の製品に関することでも、
社員食堂のメニューに関することでもOKです。


年間提案数は、
800人で約13,000件。
一人当たりの平均が 16件にもなるそうです。
 
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、8/1あさ6:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■どうせやるなら一石二鳥の発想で!

商いは門門バナー2013.05











おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3220号】どうせやるなら一石二鳥の発想で!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

営業のコンサルティングで、
私はよくこんなことを感じてしまいます。


営業担当者一人ひとりに、
1週間の行動をお聞きすることがあります。


行動とは、
「いつ、どこの、誰を、何の目的で、
訪問するのか?」ということです。


このように、事細かに行動を
チェックしていくと、
とても非効率的な場合があります。


たとえば、
会社から1km離れたA社という
お客様に納品に出かけました。


納品が終わると一旦会社に戻って、
デスクワークをおこないます。


その後、
会社から5km離れた
B社というお客様に提案に出かけました。


提案が終わると、
そこから20km離れた
お客様に納品です。


納品が終わると会社に戻ります。


営業としては、
一見ごくごく当たり前の行動を
おこなっています。


納品や提案、つまり
用事のあるお客様の会社に
伺っているのですから、
営業としては落ち度はありません。


目的は、
納品でも、提案でも、クレーム対応でも、
何でもいいのですが、
「社外に出る」と意識を忘れないでほしいのです。


社外に出るということは、
車を使えばガソリン代、
電車を使えば電車賃を使います。


また、時間と労力も使います。


車を使えば運転しなければいけないので、
運転以外何もできなくなります。


つまり、移動時間を運転だけに
拘束されるということです。


車を使わない営業は、
地方では考えられませんから、
何の疑問もなく車を使っていると思いますが、
ガソリン代が高騰すれば、
それだけで経営を圧迫することになります。


余談になりますが、
建築物の電灯スイッチを収める
電機設備「スイッチボックス」で
国内シェア8割を誇る
「未来工業(みらいこうぎょう)」は、
常識破りの経営で有名です。


また、コスト削減に積極的に
取り組んでいる会社としても
名を馳せています。


この未来工業の熊本工場が、
電気代を年間2,200万円削減した
という話しを聞きました。
 
 
=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


長年に渡り、
コスト削減に取り組んできた未来工業なので、
もう削減できないだろうと、
私は思いました。


ところが、そうではなかったのですね。
正直なところ驚きました。


このように、コスト削減や効率化は、
経営において益々重要視されると思います。


さて、話しを元に戻しますが、
納品でも、提案でも、クレーム対応でも、
何でもいいのですが、
どうせ社外に出るのなら、
ほかにも何かできないかということが、
私の言いたいことです。


どうせお金と時間を使うなら、
効率的にということです。


営業ならば、納品先にむかう途中で、
お客様の会社があるかもしれません。


納品先から提案先へ移動する途中で、
見込みのお客様の会社が
あるかもしれません・・・。


もし、あるのであれば、
顔を出せば良いのです。


私はこれを「ついで訪問」と呼んでいます。


このように考えると、
営業はまだまだお客様への訪問は
できるのです。


たとえば、1日に1社だけ
ついで訪問をすれば、
年間200〜250回も
訪問回数を増やすことができます。


地道ではありますが、
確実に力にはなります。


このような話しをクライアントにしたら、
「アポもなしに突然行って、
相手がいなかったら無駄になりませんか?」
という反論がありました。


確かに、相手が不在ならば
無駄になるでしょう。


そこで、相手がいなくても、
訪問したという証拠を残してくるのです。


「名刺」「ニュースレター」「パーソナルレター」
「カタログ」「パンフレット」などを、
「○○さんにお渡しください」と言って、
対応してくれた人に渡せばいいのです。


メモ書きなどを添えると、
なお一層効果的です。


このように、相手が不在でも
顔を出しましたという証拠さえ残せば、
相手にもしっかりと伝わるのです。


一番良いのは、証拠を残し、
その日のうちに
「本日、近くまで行ったのでお伺いしましたが
ご不在だったので・・・」
と1本電話を入れることで
す。


私が思うに、納品、提案、クレーム対応など、
商売上の目的が明確な場合、
訪問するのはごくごく当たり前のことです。


どの会社でもおこなっています。


しかし、特に目的がなくても、
コミュニケーションを取るということに、
相手のことをどれだけ真剣に考えているかが
現れるような気がします。


これは緊急性が低いために、
99パーセントの営業はやりませんが、
長い目で見たら大変重要なことです。


特に、見込みのお客様との
人間関係を築くには、
とても大切なことです。


ところが多くの営業は
「目的のないコミュニケーションは
仕事ではない」と思っているのです・・・。

マッピング


さて、このようなコミュニケーション活動を
おこなっていくためにも、
「どうせ外出するならば、一緒にできることはないか?」
と考える癖をつけることと、
見込みと既存のお客様の住所を
把握しておくということです。


今は、IT化が進んでいるので、
パソコンやスマホの地図に
お客様の住所をマッピング
できると思います。


ぜひ、チャレンジしてください。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、10/2あさ7:00です
==============================

商いは門門バナー2013.05











【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング