トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

教育

【第4272号】聴く、一緒、共感が行動を促すポイントです!(動画編)

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4272号】聴く、一緒、共感が行動を促すポイントです!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


コンサルタントという商売をやっている中で、
一番難しいのはクライアントを
行動に駆り立てることです。


どんなに成功確率が高いノウハウを伝えても、
クライアントが行動しなければ
成果は出ません・・・。
また、行動しても継続できなければ、
同じく成果は出ません・・・。


とにかく成果を出すには、
クライアントが行動することが
前提なのです。
そうでなければ、
「いい話を聞いた」
で終わってしまうのが現実です。


コンサルタントは、
上から目線で偉そうに
「これをやれ!あれをやれ!」と
一方的に指図をするイメージを
持っている人もいるようです。


いない訳ではありませんが、
今時そういうコンサルタントは
少ないと思います。
昔は、熱血コンサルタントが
数多くいましたから、
そういったイメージをお持ちの
ベテラン社長も多くいます。


とにかく、企業活動に
欠かせないのは「人」です。
経営計画を実行するのも人、
上手くいかなかったら改善するのも人、
新しいノウハウを探すのも人です。


すべての根源は人なのです・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。



動画ブログ「商いは門門チャンネル」では、
2400本以上用意しています。 


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/18あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

【第4271号】聴く、一緒、共感が行動を促すポイントです!

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4271号】聴く、一緒、共感が行動を促すポイントです!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


コンサルタントという商売をやっている中で、
一番難しいのはクライアントを
行動に駆り立てることです。


どんなに成功確率が高いノウハウを伝えても、
クライアントが行動しなければ
成果は出ません・・・。
また、行動しても継続できなければ、
同じく成果は出ません・・・。


とにかく成果を出すには、
クライアントが行動することが
前提なのです。
そうでなければ、
「いい話を聞いた」
で終わってしまうのが現実です。


コンサルタントは、
上から目線で偉そうに
「これをやれ!あれをやれ!」と
一方的に指図をするイメージを
持っている人もいるようです。


いない訳ではありませんが、
今時そういうコンサルタントは
少ないと思います。
昔は、熱血コンサルタントが
数多くいましたから、
そういったイメージをお持ちの
ベテラン社長も多くいます。


とにかく、企業活動に
欠かせないのは「人」です。
経営計画を実行するのも人、
上手くいかなかったら改善するのも人、
新しいノウハウを探すのも人です。


すべての根源は人なのです。
これは、コンサルタントだけでなく、
マネジメントを行うすべての人が
知っておかなければいけない事実です。


結局、会社が上手くいくいかないは、
人をどうのように配置して、
どのように行動を促すかに集約されます。


ところが、
そのことに関しては、
決定的なノウハウが
確立されていないのが現実です・・・。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


私もコンサルタントとして、
クライアントに業績が上がる
「戦略」「マインド」「テクニック」
などをお伝えして実行してもらいますが、
なかなか一筋縄ではいきません。


できない理由としては、
「忙しくて、やる時間がない・・・」
「実行したが、上手くいかなかった・・・」
「忘れていて、まだ実行していません・・・」
などが代表的なものです。


このようなことが、
上司と部下の間で起こると
ややこしくなります。


親と子どものように、
ついつい甘えが出て、
感情的になってしまいます。


たとえば
「忙しくてやる時間がありませんでした・・・」
「実行しましたが、上手くいきませんでした・・・」
「忘れていて、まだ実行していません・・・」
という発言に対して
上司がどう答えるかが重要です。


私の経験から、
「言い訳するなよ!」
「言われたことだけやって、自分で考えているのか?」
「やる気あるのか?」など、
ついつい声を荒げて感情的に
怒ってしまうことが多いようです。


そして、
部下は益々やる気がなくなる
という構図です。


部下を責め立てることは誰でもできます。
ですが、これが業績を上げるための
解決法になるでしょうか?
百害あって一利なしのマネジメント手法です。


いまだに、
このようなマネジメント手法を
使っている上司が多いのです。
これでは、若い社員が
ついてこないのが現実です。


では、どのようなマネジメント手法を
使えばいいのでしょうか? 


考え方としては
「できないのなら、一緒に解決しよう」
というスタンスです。


たとえば、
「忙しくて、やる時間がない」のであれば、
「どうすれば時間が創れるのか一緒に考えよう」
と答えます。


「実行したが、上手くいかなかった」のであれば、
「どのようにしてやったか教えてくれ。一緒に改善点を見つけよう」
と答えます。


はたまた、
「忘れていて、まだ実行していない」のであれば、
「忙しかったのか、それとも気が乗らなかったのか。
一緒にできる方法を考えよう」
と答えます。

コーチング

今、このようなマネジメント手法を
使わなければ、組織が機能しません。
「手取り足取り教えなければ行動できないか」
と感じた上司もいるでしょうが、
「耳を傾ける」「一緒に考える」「共感を得る」
という態度で接しなければ、
若い人は行動しないということなのです。


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/16あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■そろばん学校に学ぶ!

商いは門門バナー2013.05











おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3207号】そろばん学校に学ぶ!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

意外に思われるかもしれませんが、
私は珠算2級です。


今から40年前の小学校4年の春に、
そろばん学校に通い始めて、
5年生の夏に合格しました。


そして、2級に合格したことを理由に、
そろばん学校を辞めました。


その後、中学校では、
そろばんに触れる機会は
まったくありませんでしたが、
商業高校に進学したことから、
再びそろばんを使うようになりました。


小学校5年生で2級を取得していたことから、
高校ではそろばんで苦労することは、
まったくありませんでした。


しかし、それからというもの、
そろばんに触ったことはほぼ皆無です。


娘が小学生高学年の頃、
そろばんを教えてくれと言い、
少しだけ触ったことがあります。


そろばん2級の腕を見せてやろうと、
得意になってそろばんをはじきました。


ところが、すっかり指使いを忘れてしまい、
足し算と引き算しかできません。


掛け算と割り算は、
まったく歯が立ちませんでした・・・。


短期間で身につけたものは、
短期間で忘れることがよくわかりました。 


そういえば、
そろばん学校の教室の壁面には、
表札のようなたくさんの木札が
掛けられていました。


木札には、生徒の名前が書いてあります。


木札がかかっている順番は、
そろばんが上手な人からです。


私がそろばん学校に通っていた時、
一番上手な人は「7段」でした。


たった1人しかいませんでした。


7段を筆頭に、
「6段」、「5段」、「4段」、「3段」、「2段」、「初段」、
「1級」、「2級」、「3級」、「4級」、「5級」、「6級」、
「7級」、「8級」、「9級」・・・の順番です。


数えたことはありませんが、
壁面は木札ばかりだったことから、
恐らく生徒は数百人いたのだと思います。
 
 
=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


今から考えると、そろばんには
面白いシステムがありました。


そのシステムとは、
同じ「級」や「段」の中でも、
木札をかける順番が毎日変動することです。


そろばん学校の授業は、
毎日、同じ級や段の生徒が
指定の時間に集まっておこなわれます。


先生が次々と問題を出して、
生徒はそれを解きます。


一番多く正解した生徒を「一あがり」、
二番目に多く正解した生徒を「二あがり」
と呼んでいました。


「一あがり○○○(生徒の名前)、二あがり○○○(生徒の名前)、
三あがり(生徒の名前)・・・」といった具合にです。


そして、木札は、
この順位でかけられます。


しかも毎日、順位が変わるのです。


誰が考えたのかわかりませんが、
凄いランキングシステムです。


もしかして、柔道や剣道なども、
同じシステムかもしれません。

そろばん








 






このシステムがあるおかげで、
自分の大よその実力がわかりました。


また、毎日順位が変わるので、
「昨日は、三あがりだったので、
今日はがんばって一あがりを狙おう!」
なんてことも可能なのです。


毎日、チャンスがあるのです。


ただし、上の級や段を狙うには、
2〜3ヶ月に1回の試験を受けて、
合格しなければいけません。


このように、自分のランキングが明確なことと、
毎日、ランクアップできるチャンスがあることが、
このシステムの面白いところです。


このシステムがなければ、
自分が上手くなっているという
実感もありませんし、
ライバルに勝ちたいというモチベーションも
生まれません。


先日、ある企業の新入社員数人に、
話しをうかがう機会がありました。


この企業は、独自の教育システムを
導入しています。


この教育システムは、
社員一人ひとりのスキルや
精神面における状態を数値化して
分析することができるものです。


本人が、その数値を時系列に見ることによって、
どの程度成長しているのかもわかります。


新人社員曰く、数値化されるので、
自分のレベルがわかり、
課題も明確になります。


結果、もっとレベルアップしようと、
モチベーションが上がるというのです。


他人との比較ではなく、
以前の自分との比較というところが、
ポイントです。


技術的な教育や知識的な教育は、
数値化することは容易です。


特に、知識については、
テストをおこなうことにより、
点数化することができます。


点数化できれば、
自分のレベルがわかるということです。


しかし、精神的な分野については、
数値化することは容易ではありません。


また、
「お客様と仲良くなろう!」と言っても、
抽象的で行動できませんが、
「お客様と仲良くなるために、
1ヶ月に300人のお客様に電話をしよう!」と言えば、
具体的に数値化されているので行動できます。
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、9/2あさ7:00です
==============================

商いは門門バナー2013.05











【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング