トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

弱み

■売上を2倍にするには?強みを伸ばすのではなく・・・(動画編)

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4099号】売上を2倍にするには?強みを伸ばすのではなく・・・(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


弊社クライアントで成熟産業にも関わらず、
売上が昨年対比の約2倍になった企業があります。
この時代にあって売上が2倍になるというのは、
何をどうやったのでしょうか? 
特に大きく変わったのは、
商品の性能や機能ではなくデザインです。


今やデザインは、商品にもよりますが、
性能や機能よりも優先順位の高い購入要素となっています。
デザインは数値化することができませんので、
一人ひとり受け取り方が異なります。


たとえば・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。



動画ブログ「商いは門門チャンネル」では、
2200本以上用意しています。 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、8/22あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■売上を2倍にするには?強みを伸ばすのではなく・・・

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4098号】売上を2倍にするには?強みを伸ばすのではなく・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


弊社クライアントで成熟産業にも関わらず、
売上が昨年対比の約2倍になった企業があります。
この時代にあって売上が2倍になるというのは、
何をどうやったのでしょうか? 
特に大きく変わったのは、
商品の性能や機能ではなくデザインです。


今やデザインは、商品にもよりますが、
性能や機能よりも優先順位の高い購入要素となっています。
デザインは数値化することができませんので、
一人ひとり受け取り方が異なります。


たとえば、ファッションブランドの「CHANEL(シャネル)」のバッグを見て、
ある人はエガントだと感じるでしょう。
ですがある人は、派手だと感じるかもしれません。
このように、デザインやフォルムは、
絶対的な判断基準はなく、あくまでも相対的なものです。


また、個々人の生い立ちや趣味趣向、
文化圏などが大きな影響を与えます。


たとえば、日本では、虹は7色ですが、
アフリカのある国では3色だという話しを聞いたことがあります。
私たち日本人の感覚からすれば、
どうしたら3色に見えるのかまったくわかりませんが、
先方にしてみれば、どうしたら7色になるのだろうと
不思議に感じているでしょう。


個々人の感覚に左右されるデザインですが、
だからこそデザインにはビジネスチャンスがあるといえます。
つまり、デザインを変えただけで
商品の売れ方がまったく違うということなのです。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


とかく中小企業は、デザインの効果を甘く見る傾向にあります。
たとえば、漬物のパッケージデザインを考えてみましょう。
中小漬物メーカーでは、パッケージデザインを印刷会社に
依頼しているケースが多いのではないでしょうか。


印刷会社とは、パッケージ印刷を専門にする会社です。
パッケージ印刷専門会社にはデザイナーがいますので、
印刷と一緒にデザインも依頼するのです。
これが一番スピーディで、お金もかかりません・・・。


ですが、印刷会社のデザイナーは、
デザインオンリーで生計を立てているわけではないので、
デザイン会社に比べると、どうしてもデザインのレベルは落ちます。
ですから、デザイン料金はかかりますが、
しっかりとしたデザイン会社に依頼すると、
今までのパッケージが嘘のようにセンスの良いものになります。


パッケージデザインは顧客との接点部分です。
つまり顧客は、パッケージデザインを
見て、触って、理解して購入するのです。
ですから、センスの悪いパッケージデザインでは
手にも取ってもらえません。


デザインは、これだけ重要な要素なのに、
多くの中小企業ではデザインにお金をかけることをしないのです・・・。


さて、冒頭紹介した売上が約2倍になった
弊社クライアントですが、
この会社の社長が興味深いことを言っていました。


この社長曰く、自社の強みと弱みを分析すると、
数年前、強みだったことが現在は弱みになり、
数年前に弱みだったことが現在は強みになっている
ということに気づいたそうです。
つまり、強みと弱みが逆転していたのです。

デザイナー

数年前は、デザインは弱みのひとつだったそうですが、
現在はデザインは一番メインの強みです。
売上が2倍になるほどの劇的な変化の裏には、
強みと弱みが逆転していたということです。
弊社も売上が2倍になったことがあります。
当時のことを振り返ってみると、
やはり強みと弱みが逆転していたのです。


このことから言えることは、
強みをより伸ばすよりも、
弱みを克服して強みに変えた方が、
桁違いに売上が伸びることがあるということです。


ただし、これにはポイントがあります。
弱みを克服すると言っても、
一朝一夕にはいきません。
そこで、アウトソースを使って克服するのです。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、8/21あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■相手の急所を攻めろ!勝負の鉄則だが…

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3362号】相手の急所を攻めろ!勝負の鉄則だが…
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

スポーツの世界でも、ビジネスの世界でも、
勝ち負けがはっきりするジャンルでは、
「相手の弱みを攻めろ」ということがよく言われます。


相手の弱みを攻めれば、相手は嫌がります。
相手が嫌がれば、相手は自分のペースで
物事を運べなくなります。


そうすれば、相手に勝てる確率が高くなります。


このような傾向がはっきりするのが、
格闘技の世界です。


スポーツなど体を動かす世界では、
怪我はつきものです。


その中でも格闘技は、
怪我をしていない選手を探すのが難しいくらい
怪我と背中合わせのスポーツです。


「レスリング」「空手」「ボクシング」「異種格闘技」「柔道」など、
様々なジャンルがありますが、
あからさまに相手が怪我をしている箇所=弱みがわかれば、
一気にそこを攻め込むのが常套手段です。


怪我の有無は、
試合前からわかることもありますし、
試合の途中に痛めることもあります。


これは、ビジネスの世界でもいえます。


たとえば、ビジネス向けパソコンを
販売してるA社とB社がありました。


価格もほぼ同じですし、
営業のやり方もほぼ同じです。


違いといえば、
A社は購入後のアフターフォロー体制が万全ではなく、
迅速な対応に不安がありました。


一方、B社のアフターフォローは、
迅速に対応できる体制を構築していました。


当然、B社の営業担当者は、
A社からパソコンを購入している企業に対しては、
A社はいざという時のアフターフォローが弱い
ということを突いてきます。

  
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 


先日、新潟県長岡市の業績好調の
M社長の話しをうかがう機会がありました。


この社長は、かつて営業マン時代に
このような経験をしたことがあるそうです。


大口の取引を成立させようと、
ある会社に営業にいきました。


この会社と取引ができれば、
業績が大きく伸びるからです。


この会社の社長と会う機会を得たM社長ですが、
名刺交換をすると何と自分の名刺を握りつぶされ、
ゴミ箱に捨てられたというのです。


M社長の販売する商品などなくても、
十分間に合っているということだったのです。


しかし、M社長も負けてはいません。


帰り際、花瓶の花を一輪手に取ると、
「社長、この花枯れてますね」といって、
ゴミ箱に捨てたそうです。
 
枯れた花

これ以来、お互い会うことはありませんでしたが、
あることがきっかけて再会することになります。


M社長の会社は、
画期的な新商品を開発しました。


その新商品の噂を聞きつけて、
名刺を握りつぶした社長がM社長の元にやってきたのです。


M社長は
「社長、お久しぶりです。新商品のことで、いらっしゃったんですね。
社長になら販売しますよ。」と言いました。


M社長は、数年前に名刺を握りつぶされたことを
忘れたわけではありません。


しかし、そのことを棚に上げて、
あえてこの社長に販売したわけです。


それ以来、この社長の会社とは
パイプが太くなって、
お得意様になったということなのです。


恐らく、ほとんどの方は、名刺の一件があるので、
この社長が頭を下げても売らないと思います。


ところが、M社長は簡単に売ったのです。


M社長曰く、相手の急所をつけば、
このような結果になると言います。


急所とは弱みです。


M社長は、名刺を握りつぶしてゴミ箱に捨てたという
相手の弱みに目を瞑ったのです。


相手もそのことは重々承知です。


ですから、M社長の計らいに感謝して、
大口の取引にまで発展させたのです。


このようなケースは稀かもしれませんが、
あり得ない話しではありません。


ただし、
相手が一流の選手やビジネスマンだったりすると、
これといって弱みがないことが多いのです。



そうなると、弱みを突く作戦は使えないので、
正々堂々と真正面から、相手の強みと向き合って
勝つことを考えなければいけません。



相手の強みと向き合って勝ったのなら、
それはもの凄い自信となり、
本当の意味で成長できるのだと思います。


ですから、相手に弱みがあるということは
「棚からぼたもち」的な稀なケース考えて、
真剣に相手の強みと向きあうことが、
後々大切なのだと思います。
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、8/29あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング