トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

岡谷鋼機

■企業再建のコツとは?

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
企業再建のコツとは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私が事務局を務める、
若手経営者や組織のリーダーを育成する
「伊藤会」という異業種勉強会があります。


先日の月例会で、伊藤会の会長である
「伊藤仁隆(いとう・まさたか)さん」
の講演会を開催しました。


とは言っても、
会内向けの講演会でしたので、
会外の方は参加できませんでしたが・・・。


私が、伊藤さんの講演を初めて聞いたのは、
3年半前のことです。


新潟県上越市で、
倒産した会社を会社更生法を使わずに、
負債を引き継ぎ、3年半で再建した
敏腕経営者がいるという情報が耳に入りました。


それが、伊藤さんでした。


新潟市で伊藤さんの講演会があり、
早速、参加しました。


これが、伊藤さんとの出会いですが、
この時は、私が一方的に伊藤さんを知っている
というだけでした。


それから、約1年程経った頃、
ある人を介して、伊藤さんを紹介されました。


何でも、伊藤さんが、
若手経営者やリーダーを育成する
異業種勉強会を立ち上げるとのことで、
私にも参加してほしいと言われました。


即決で、参加を決めました。


そして、2010年10月に
異業種勉強会「伊藤会」は、発足しました。


2011年6月、弊社主催で、伊藤さんの講演会
「諦めるな!必ず再建できる」を開催しました。


この時は、定員わずか20名の少人数講演会でしたが、
告知後すぐに満席になりました。


先日おこなわれた伊藤さんの講演は、
それ以来ということになります。


実に1年半ぶりです・・・。


私は、伊藤さんの講演を聞くのは、
3回目です。


毎回、講演の内容が具体的になり、
どんどん濃くなっているのが
明確にわかりました。


また、わかりやすさも増していました。


やはり、かつての敏腕経営者は、
今も健在です。


=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


さて、伊藤さんは、
愛知県名古屋市に本社のある
「岡谷鋼機株式会社」という
名証一部上場企業に務めていました。


その間、岡谷鋼機の新潟支店長、
グループ会社である「岡谷スチール」の社長、
そして、新潟県上越市にあった取引先である
「金谷新太郎商店」の社長として活躍しました。


特に、岡谷スチールと金谷新太郎商店は、
伊藤さんが出向して、社長として再建に尽力しました。


岡谷鋼機という会社は、
昔から、取引先が経営難になると
再建を支援してきたそうです。


ですから、金谷新太郎商店のような会社は、
岡谷鋼機の地元である名古屋だけではなく、
北海道、北陸、大阪、九州などにもあります。


岡谷鋼機は、大きな会社であるにも関わらず、
取引先とはドライな付き合いではなく、
ウェットな付き合いを大切にしてきたそうです。


その理由は、岡谷綱機は岡谷家の会社で、
今の社長で16代目です。


ですから、大企業にありがちな、
サラリーマン社長ではありません。


代々、伝統を受け継いでいるのです。


創業200年以上で、今も創業者の血を引く人が経営者で、
なおかつ、健全経営の会社しか加盟できない、
「エノキアン協会」にも加盟しています。


さて、伊藤さんは、金谷新太郎商店の再建で、
様々なことをおこないました。


たとえば、
社長である伊藤さん自ら、
販売先を訪問しました。


しかも、定期的にです。
これには、経営上の大きな理由があります。


その理由とは、販売先の財務状況、社長の能力、
人格や性格のチェックをするためです。


そして、経営状態の悪い会社は、
販売を断ったのです。


これは、できそうで、
なかなかできないことです・・・。


ですから、1年で売上は全体の
25パーセント減に当たる、
10億円のマイナスとなりました。


さらに、伊藤さんは、
新潟でも有名な最大手の企業との
取り引きを断りました。


断った理由は、先方の担当者が、
あまりにも財務などの数字に弱かったためです。


それから、しばらく経って、
この会社は倒産しました・・・。


このように、経営者自ら販売先に出向くことにより、
販売先の見直しをおこなうことができます。
また、販売先も、購入先の経営者が、
わざわざ出向いてくるということで、悪い気はしません。
むしろ、それだけ大切にされていると
感じるに違いありません。

伊藤さん










 






不況時こそ、経営者や経営幹部は、
自らお客様の訪問や営業をおこなうべきです。


福岡市にある「有限会社ぶしどうマネジメント」の
「濱本克哉(はまもと・かつや)さん」は、
こう喝破します。


「社長は、月に400時間お客様を回れ!」
と。


徹底した現場主義です。
経営者自らが、お客様を訪問すれば、
必ず成果はあがります。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

==============================
次回の更新は、11/30あさ7:00です
==============================
facebookページ「新潟地域密着ビジネス繁盛会」はこちら
【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■一本の電話が危機を救う!一枚のハガキが・・・

おはようございます!
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
一本の電話が危機を救う!一枚のハガキが・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私は、ある若手経営者が集まる勉強会の
副会長をやらせていただいています。


副会長と言えば聞こえはいいのですが、
実情は事務局です。


事務局の仕事も多岐に渡っていて、
会員への連絡、会長との例会の打ち合わせ、
例会会場の手配、会計、チラシ作り、資料作りなどです。


この副会長という役は、若手経営を縁の下で支えたいと思って、
喜んで引き受けました。


この勉強会は、「伊藤会」と言います。


三十代の経営者を中心に、
二十代のビジネスマンや市会議員もいらっしゃいます。


67歳の会長を除けば、
48歳の私が一番年上ということになります。


名前の通り、伊藤会の会長は
「伊藤仁隆(まさかた)さん」と言います。


伊藤さんは、名証一部上場会社の「岡谷鋼機」に入社して、
新潟支店長に就任しました。


その後、経営不振に陥っていた子会社
「岡谷スチール」の社長に就任し、再建を果たします。


2004年には、取引先の金谷新太郎商店が経営破綻したのを受け、
新会社「新金谷」を設立して、会社更生法を適用せず、
数億円規模の債務を引き継いで、事業再生に成功しました。


その後、2009年同社社長を退任して、
現在は「北越物産」という商事会社の代表取締役です。


私は、伊藤さんのことを
「企業再生の神様」と呼んでいます。


伊藤会では月1回の例会で、
経営報告をおこないます。


経営報告とは、自社が重点的に取り組んでいる
課題と成果などを発表します。


これは、輪番でおこないます。


先日の伊藤会で、
こんなことがありました。


例会では、製造業のSさんが
経営報告をする予定でした。


Sさんには、一ヶ月前から伝えてあり、
例会の10日程前にも確認電話をしておきました。


例会当時の昼頃、先月とは会場が違うので、
間違いがあっては困るので一応確認電話をしようと思いました。


Sさんの携帯番号がわからなかったため、
会社に電話をかけました・・・。


===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


「私、伊藤会でお世話になっている長谷川と申しますが、
 S社長はいらっしゃいますか?」


「いつもお世話になっております。
 社長は本日、出張に出ておりまして、只今留守にしておりますが・・・」


「何時にお帰りでしょうか?」


「県外ですので、今夜遅くなると言ってましたが・・・」


こんな感じで、
Sさんの会社の方と会話をしました。


その後、Sさんの携帯電話の番号を教えてもらい、
無事Sさんと連絡が取れました。


何でも、新製品をリリースしたばかりで、
一件クレームが発生したらしく、急遽出張に行ったとのことでした。


現場で思った以上に時間がかかり、
とても伊藤会には間に合わないとのことでした。


この事実が判明したのが、伊藤会開始のわずか
2時間前のことですが、急遽代役を立てて事なきを得ました。


たまたまでしたが、
事前に確認電話をしたことが良かったようです。


やはり、アポイントの前日までには、
確認のコミュニケーションの必要性がありますね。



肝に命じました!


さて、私の尊敬する経営者に株式会社イマジンプラスの
「笹川祐子」社長がいらっしいます。


イマジンプラスは、セールスプロモーションの
人材教育、総合人材サービス、教育研修事業を全国展開しています。


笹川社長は、「笹川祐子の感謝ブログ」を開設しています。
私は毎日、チェックしています。


今年の3月5日に、
「初アポ後のフォローは?」という記事があります。


とても、参考になるので紹介します。
初アポ後のフォローは?


まだ対面したことのない方と
電話でアポを取りました。


たとえば、電話で
「○月○日の午後○時に、ご訪問させていただきます」といった具合にです。


通常は、このまま何のアクションもなく、
当日を迎えて初対面ということになると思います。


しかし、笹川社長は、ご紹介していただき、
先方が年配者の場合はハガキを出すそうです。


ブログにはハガキの画像も掲載されています。
このような文面です。


=========================================================
先日、お電話させていただきました、
株式会社イマジンプラスの笹川でございます。
ご多忙の折、面談の機会をいただき、ありがとうございます。
○月○日午後○時に、○名でご訪問させていただきます。
どうぞよろしくお願い申しあげます。
=========================================================


この一通のハガキで、日時の再確認はもちろん、
訪問する人数もわかります。


用意する部屋も、
一人と三人では違いますからね。


これも、ちょっとした親切です。


また、封書にして会社概要も送るとか、
メールの場合は署名がとても大切だそうです。


署名に、会社のホームページ、ブログ、SNSなどを記載しておけば、
先方が事前に情報をチェックすることができます。


商談が効率的になります。


お互いが相手のことを事前にある程度理解しておけば、
商談が成功する確率が高まります。


最後に笹川社長の言葉です。


「私は自分でも能力はさしてないと自覚しているので、
 このように、普通の人がやらないことにこだわってみたりします。
と結んでいます。


謙遜ですが、普通の人がやらないことで
好印象に繋がることは、相手の記憶にも残りますね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之でした。

==============================
次回の更新は、5/30のあさ7:00です
==============================
facebookページ「新潟地域密着ビジネス繁盛会」はこちら
【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■会社の看板やブランドはいらない!

おはようございます!
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
会社の看板やブランドはいらない!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先日、先輩ビジネスマンの方々と、
お話をさせていただく機会がありました。


お二人とも、年齢は68歳です。
しかも、ビジネスマンとして現役です。


私よりも、年齢は20歳も上です。
その経験は、百戦錬磨ってところです。


年に数回、このお二人とお会いしますが、
48歳の私では、経験できないことを教えてくれます。


ですから、私は追体験ができます。


追体験とは、他人の体験を話しや作品などを通じて、
自分の体験として捉えることです。


時間には限りがあります。
だから、あらゆることを体験することは不可能です。


その限られた時間の中で、
できるだけ多くの疑似体験をするには、追体験しかありません。


さて、お二人のうちお一人のIさんは、
以前このブログで紹介した、エノキアン協会会員である
「岡谷鋼機」にお勤めでした。


■商売の目的とは?
岡谷鋼機株式会社


現在は、ある商社を経営されています。
このIさんが、岡谷鋼機を退職されてから、
しばらく経った時の話しです。


Iさんは、以前の取引先である会社の
担当部長でだった人に、面会に行ったそうです。


受付で会いたい旨を伝えると、
どうやら在席中で面会できるとのことです。


しかし、待てど暮らせど、
担当部長は登場しません。


しびれを切らしたIさんは、
受付に尋ねました。


どうやら、Iさんの面会を蹴って、
外出したとのことでした。


Iさんは、この時初めて、
自分は岡谷鋼機という看板があったから、
色々な人に会うことができたことを悟ったそうです。


岡谷鋼機の看板、そしてブランド力を
思い知ることになったのです・・・


これは、よく聞く話です。
大企業に勤めているほど、この傾向は強くなります。


商品の売買を前提にしての付き合いは、
商品がなければ、付き合いは成立しません・・・


さて、今日は、
強固な人脈について考えてみます。


===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


さて、もう一人の68歳の先輩経営者は、
Oさんです。


現在、Oさんは、フリーのジャーナリストです。
フリーになるまでは、ある報道会社の記者でした。


そして、広告などの営業成績では、
全国トップになったこともあります。


このOさんは、50歳の頃から、
会社の看板とブランド力を活かして、
会社の報道活動のほかに、個人的な報道活動を開始します。


個人的な報道活動とは、
経営者を取材した記事を販売していたのです。

大西リポート

そして、Oさんは、60歳で定年を迎えました。
こう思ったそうです。


今までは、会社の看板やブランドで、
個人的な報道活動もできたが、
会社を辞めたらもう無理だろうと・・・


もう、取材を申し込んでも、
断られるだろうと思ったそうです。


しかし、そんな心配どこ吹く風で、
会社を退職してフリーになっても、
まったく変わらず取材ができたそうです。


そして、個人的な報道活動も300回を迎え、
今週、盛大な記念パーティを開催します。


新潟県内のそうそうたる経営者が、
百数十人集まるそうです。


Oさんは会社を定年して、看板やブランドがなくなっても、
なぜ、個人的な報道活動に支障がでなかったのでしょうか?


どうか皆さん、真剣に考えてみてください。
Oさんも、後になってわかったそうです。


そして、こう言いました。


============================================
「あなたに頼まれたら断れない、あなたが言うなら買うよ、
 という強固な人間関係を作ってきた」。

============================================


要は、商品力ではなく、あなたの人間力で
勝負しろということです。



その具体的な方法は、ここでは紹介しませんが、
奇をてらったものではありません。


その方法に、私はこんなネーミングを付けました。
「コミュニティ人脈構築法」です。


これについては、このブログでも、
今後、触れていかざるをえません。


なぜならば、今の時代に求められていることであり、
地域密着ビジネスでは必要不可欠の要素になるからです。


もう一つ、大切なことを思い出しました。


今回のブログでは、会社の看板やブランドが、
いかに凄いかという話しをしました。


しかし、それは過去の話になんですね。
今は、個人の看板やブランドの時代です。


よく考えてみれば、様々な人が所属する会社には、
気の長い人もいるし、気の短い人もいるでしょう。


明るい人もいるし、
慎重な人もいるでしょう。


話しが合う人もいるし、
話しが合わない人もいるでしょう。


ブランド力のある会社だからといって、
あなたが理想とする社員ばかりではありません。


だから、個人の看板やブランドなんです。


どこの会社から買うかより、
誰から買うのかが重要です。



Oさんの事例からも、
個人の魅力をどう引き出し、どう伝えるのかを
会社として真剣に考える時代と言えます。



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之でした。

==============================
次回の更新は、明日あさ7:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング