トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

居酒屋

■わざわざ機会損失を作らなくても!

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
わざわざ機会損失を作らなくても!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

もう、三年程前のことになります。


新潟駅の南口にある「葱ぼうず」という居酒屋を、
男性4人で利用したことがあります。


この居酒屋は、繁盛店で有名でした。
私は商売柄、その秘密を探ろうと興味津々でした。


恐らくアルバイトだと思いますが、
笑顔が素敵な明るい女性スタッフが、
お通しを運んできました。


適当にオーダーを済ませ、雑談をしていると、
刺身の盛り合わせがきました。


あっという間に刺身を食べると、
三枚下ろしをした中骨のところが残っていました。


飾りに使っているので、普通は食べないのでしょうが、
これを揚げてもらって食べようということになりました・・・。


先程の女性スタッフに、
「これ、唐揚げにしてもらえる?」と尋ねると、
「料理長に聞いてきます・・・」との返答です。


しばらくすると「喜んで、揚げます!」と、
満身の笑顔で女性スタッフが報告にやってきました。


オヤジ4人は、大感激です!


メニューにはない、イレギュラーなことを
喜んでやってくれたことに感動したのです。


メニューに、
「中骨の唐揚げは、お気軽にお申し付けください」
と書いてあったら、何の感動もありません。


さて、時間も夜12時を回ると、
先程の女性スタッフがやってきました。


「アルバイトの○○(名前)、今日はこれで上がらせてもらいます」
と言うのです。


これにも、一同驚きました。


スタッフが帰る時に、わざわざ、
このような挨拶をする居酒屋は、初体験だったからです。


このお店が、お客様との関係をどう考えているのか、
真摯な気持ちが伝わってきました。


お客様に対する、ちょっとした気配りですが、
なかなかできません。


と言うより、このことに気づかない店が、
ほとんどだと思います・・・。



===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


数年前、博多一風堂が、新潟市にオープンした時は、
こんな経験をしました。


店に入ると、女性スタッフが、
席に案内をしてくれました。


その後、お冷やを持ってきたのですが、
「一風堂は、初めていらっしゃいましたか?」と聞かれました。


私は、「はい」と答えると、この女性スタッフは、
丁寧にメニューの説明をしてくれました。


ラーメン店では、
「いらっしゃいませ」と「ありがとうございます」以外、
言われることがほとんどないので、とても好感が持てました。


初めてのお客様の不安を取り除く
という意味でも素晴らしいことですね。


また、一風堂に関しては、
こんなことも聞いたことがあります。


この話しは、RIC経営研究所の高尾亮太朗さんが
ブログで書いていました。


高尾さんは、西宮の一風堂に
週末の午後2時過ぎに行ったそうです。


いつも通り、行列ができており、
20分程待って、店内に入りました。


スタッフが席まで誘導してくれて、席に着いたのですが、
思わぬことを発見しました。


それは、隣のお客様との間に、
一人分の席が空いていたそうです。


何でも、一風堂では、行列ができる程混んでいても、
席の両隣は空けておくそうです。



皆さん、この理由は、
おわかりになりますか?


これは、落ち着いてラーメンを食べてもらう工夫です。


確か、一風堂のコンセプトは、
女性が一人でも入れるラーメン店です。


こんなこともあり、落ち着いて食べることができるのは、
一風堂のこだわりでもあります。


よく考えれば、隣のお客様に気を遣いながら、
ラーメンを食べるのも疲れますね・・・。


これも、先程の葱ぼうず同様、
ちょとした気配りです。


しかし、競合のラーメン店ではやりません。
理由は簡単です。


わざわざ、チャンスロス(機会損失)を
自ら作っているのですから・・・。


両隣を空けるよりは、席に座れるだけお客様を入れた方が、
回転率が上がります。


つまり、売上も上がります。


さて、気配りと言えば、
こんな話しもあります。


居酒屋などを数人で利用して、
刺身をオーダーしたとします。


刺身の脇には、小さな山型に形取った
「わさび」が置いてあります。


この山型のわさびですが、
人数分あるでしょうか?


私の経験では、
ほとんどの店で人数より少ないようです。


ところが、気配りのできる店は、
山型のわさびを人数分盛るそうです。



その理由は、わさびが人数分あると、
刺身がきれいさっぱりなくなるからです。



逆に、わさびが人数より少ないと、
刺身がなかなか減らないそうです・・・。


たかが、「わさび」とはいえ、
他人と同じ箸でつつくのは嫌なのです。

08わさび

ディカウントショップの「ドンキホーテ」では、
こんな気配りをしているそうです。


ドンキホーテでは、
大人のおもちゃを販売しています。


パッケージのまま置いてあるのは1個だけで、
ほかは最初から包装されていて、
中身がわからないようになっているそうです。


お客様は購入する際、
この包装された商品をレジに持っていきます。


これも一種の気配りです。


「恥ずかしい」、「何を買ったのか見られたくない」、
というお客様の心理をよく考えています。


あなたの会社やお店は、気配りができていますか? 
気配りとは、お客様の気持ちに気づくことです。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

==============================
次回の更新は、8/10あさ7:00です
==============================
facebookページ「新潟地域密着ビジネス繁盛会」はこちら
【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■これだけで業績は伸びます!

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。


地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください


今日の「感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
これだけで業績は伸びます!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨年中に、このブログで紹介しようと思いながらも、
紹介できなかった記事が、いくつかあります。


忘れないうちに、紹介したいと思います。
ぜひ、来年の年末には実践してください。

年賀状

昨年の12月29日(木)の午後3時〜、
私は新潟駅前に出没していました。


理由は、昼飲み忘年会に出席するためです。
この忘年会は、新潟のコンサル4人が大集合です。


まずは、ネットコンサルの横田秀珠さん。
新潟ネットビジネス研究会


続いて、売れる話し方コンサルタントの小紫真由美さん。
売れる!自分プロモーション


三人目は、facebookコンサルタントの内山丈明さん。
facebookワイワイ実践クラブ


最後は、私・長谷川博之です。


密かに、新潟コンサル四人衆が、
新潟駅前の「三代目・田でん」という居酒屋で忘年会をやりました。


この三代目・田でんは、午後2時から、
昼飲みができる居酒屋です。


この日で、年内の仕事が最後という会社が多かったのか、
午後4時過ぎからは、サラリーマンやOLが、
どんどん入店してきました。


狭い店内は、あっという間に満席です。
凄い集客力です。


さすがに、人通りの多い、新潟駅萬代口前です。
が、しっかりと店頭PRも忘れてはいません。


「居酒屋=午後5時〜」という、
既成概念を覆すための工夫が施されていました。


===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


この三代目・田でんの店頭には、
とても大きな看板が設置してあります。


店名よりも、数倍大きな看板です。
その看板には・・・


「2時〜、昼飲みやってます」
という壁面看板です。


しかも、下手くそな
手書き文字でです。


そして、道路に置いてある立て看板には・・・


「14:00〜20:00の早得セット
 飲み物2杯、小鉢、おでん、お刺身で1280円」
と書いてあります。


食べログ 三代目・田でん


営業時間を訴求する看板で、
これほど強烈な看板を見たことがありません。


皆さん、よく考えてください。
もし、この看板がなかったら・・・



考えただけでも、ゾッとします。
まるっきり、集客できないと思います。


これは、営業時間だけではありません。


ランチをやっているのなら、
ランチの幟(のぼり)や看板が必要です。


人通りが少なく、立地条件の悪い店舗は、
人通りの多い道路に、看板を設置する必要があります。


看板の内容は、
「店の強みや差別化」と「店までの行き方」です。


まずは、店の存在を知らせてください。
そのためには、店の強みや差別化が必要です。



そして、人通りの少ない立地ですから、
わかりにくい所にあるはずです。


ですから、
店までの行き方も必須となります。


「左折400メートル」とか
「100メートル先を右折」とかです。


今回は、たまたま看板の話になりましたが、
ここに、業績を伸ばす、ちょっとしたヒントがあります。


中小零細企業ほど、なぜ集客に苦労するのか?
答えは、多くの人たちに認知されていないからです。



認知されていないということは、
あなたの会社やお店を知っている人が、
少ないということです。


だから、看板も幟も
必要だということです。


毎日、あなたの会社やお店の目の前を
何人の人が、何台の車が通り過ぎているでしょうか?


その人たちの記憶に残るような
インパクトを与えていますか?


その人たちが、足を止めたくなるような
圧倒的な強みがありますか?


こちらの記事も、
集客力を高める参考にしてください。


刺激を与え続けると?



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之でした。

==============================
次回の更新は、明日あさ7:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■奇跡の再会・・・

こんにちは!



商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください



今回は「奇跡の再会・・・」。


先日、クライアントと会食に。
このクライアントとの会食は久しぶり。


「たんたん」という店だったのですが、
予算は一人5000円で、飲み物代は別。


「居酒屋にしては高いなぁ・・・」
と思いつつ店へ。


民家ばかりの地域だった。
その中にモダンな黒い建物があった。


「ん、ん、ん・・・、 これって居酒屋なのか?」
とても居酒屋の雰囲気ではないのだ。


しまった、「たんたん」という店名だけで
居酒屋と決めつけていた。


思い込みとは、恐ろしい・・・
中に入ってもっと驚いた。


どこかで見たことのある女将が・・・
たぶんあの人だと思いながら、部屋に案内された。


シンプルな空間の壁は下半分がガラス張り。
その先は白い塀に囲まれている庭があった。


その庭には、石がだけがぎっしりと・・・
部屋からみるとこんな感じです。
たんたん01たんたん03

もう完全に非日常の空間だ。
久しく、こんな雰囲気は味わっていなかった。


料理が運ばれてくる。
先程の女将と料理長が手際良く、料理を振舞ってくれた。


料理長の顔を見て、
やっぱりあの店の人だとわかった。


すべてが手の込んだ、創作料理であった。
最高の雰囲気と最高の味。


一日一組、最高10人まで。
女将さんと料理長が織り成すハーモニーが素晴らしい。
たんたん02

さて、この二人、他の土地で飲食店を営んでいた。
その頃、月1回はおじゃましていた。


妻も、娘も、息子も、
この店の大ファンだった。


が、しかし、7年前の「7.13水害」の影響で、
いつの間にか店はさら地になり、民家が建てられた。


時々、思い出しては人に聞いたこともあった。
あの店は、どこに移転したのだろうかと・・・


そうこうしているうちに、
私たちも、三条市から新潟市に引越してしまった。


当時の店があった場所を通ると
いつも思い出していた・・・


念願かなって、7年ぶりに再会したのだった。
これは奇跡だと勝手に思っている。


当時から素晴らしい演出で
素晴らしい味を提供されていた。


益々、円熟味が加わり、
新しい境地を開拓されたようだ。


いい歳のお二人だが(失礼)、
驚くほどの進化を遂げているのが素晴らしい。


改めて歳など関係ないのだと実感した次第です。


そして、このご夫婦(女将と料理長)、
二人三脚のいい人生を送っているのだと感じました。


ありがとうございました。
今度は、家族でおじゃまさせていただきます。


【マーケティング戦略のポイント!】
あなたの会社は、成長期、成熟期、衰退期のどれですか?
会社の年齢に関係なくチャンレンジはできますよ!
次回の更新は、今夜21:00です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング