トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

専用米

■寿司、カレー、リゾット、専用化すべし!(動画編)

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3475】寿司、カレー、リゾット、専用化すべし!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

今から約2年前、
新潟県西蒲原郡弥彦村にある
「藤井商店」という会社を見学させてもらいました。
藤井商店のメイン業務は、「精米」です。


新潟県は米どころですから、
「コイン精米機」を見かけます。
さすがに繁華街では見かけませんが、
ホームセンターの敷地内などに設置されています。


もしかしたら、
コイン精米機を知らない方が
いらっしゃるかもしれませんので
簡単に説明します。


コイン精米機とは、玄米を精米する機械です。
最新の精米機では、1ぶつき精米から無洗米まで、
精米の白さを7段階から選べるそうです。
参考までに、30圓慮縞討鯡祇米にする
精米時間は約10分程度です。


新潟県に住みながら、
普段、白米を買っている我が家は
コイン精米を1回しか利用したことがありませんが、
米を玄米で保存している家庭では、
なくてはならない便利なサービスのようです。


さて、藤井商品を見学した時、
驚いたことは、もの凄く大規模な精米機械があり、
食品工場というよりは大型工業製品を
製造する工場のようだったことです。


また、一般消費者向けの精米もおこなっていますが、
業務用米の精米もおこなっています。


たとえば・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。



 
   
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、5/29あさ6:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■寿司、カレー、リゾット、専用化すべし!

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3475】寿司、カレー、リゾット、専用化すべし!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

今から約2年前、
新潟県西蒲原郡弥彦村にある
「藤井商店」という会社を見学させてもらいました。
藤井商店のメイン業務は、「精米」です。


新潟県は米どころですから、
「コイン精米機」を見かけます。
さすがに繁華街では見かけませんが、
ホームセンターの敷地内などに設置されています。


もしかしたら、
コイン精米機を知らない方が
いらっしゃるかもしれませんので
簡単に説明します。


コイン精米機とは、玄米を精米する機械です。
最新の精米機では、1ぶつき精米から無洗米まで、
精米の白さを7段階から選べるそうです。
参考までに、30圓慮縞討鯡祇米にする
精米時間は約10分程度です。


新潟県に住みながら、
普段、白米を買っている我が家は
コイン精米を1回しか利用したことがありませんが、
米を玄米で保存している家庭では、
なくてはならない便利なサービスのようです。


さて、藤井商品を見学した時、
驚いたことは、もの凄く大規模な精米機械があり、
食品工場というよりは大型工業製品を
製造する工場のようだったことです。


また、一般消費者向けの精米もおこなっていますが、
業務用米の精米もおこなっています。


たとえば、
日本酒用の米や
米菓用の米などが代表的です。
米粉などもありました。


その中でも、特に印象的だったのは、
「寿司用の米」で、回転寿司のチェーン店などに
卸しているそうです。

 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
 
日本人の主食といえば「米」ですが、
最近は「パン」や「麺」に押され気味です。
私も昔に比べると、
米を食べる機会が減りました。
意図的に、炭水化物を控えている
ということも原因のひとつです。


徳島県に「小林ゴールドエッグ」という
鶏卵の卸売りをおこなっている会社があります。
小林ゴールドエッグは、
料理別のたまごで有名になりました。


たとえば、
「たまごかけごはん専用たまご」
「めだまやき専用たまご」
「ゆでたまご専用たまご」
「たまごやき専用たまご」
「親子丼・カツとじ専用たまご」
「とろ〜りオムレツ専用たまご」
「温泉卵専用たまご」
「ケーキ・お菓子専用たまご」
などがあります。


料理によって、
これだけの種類のたまごがあることに驚きです。

たまご

これと同様に、米も料理によって
専用米が登場してきました。


まずは、カレーに合う米「華麗舞(かれいまい)」です。
細長くパラパラしたインド型長粒米
「密陽23号」と日本の短粒米「アキヒカリ」の
交配により育成された米で、粘り気が少ないのに、
中がもっちりしていて、
味が染み込みやすいのが特徴だそうです。
カレーだけでなくチャーハンにも合うそうです。


このような専用米を
積極的に開発しているのは、
独立行政法人農研機構中央農業総合研究センターです。
たとえば、すし専用米「笑みの絆」は、
あっさりとしていて、酢との相性が良く、
適度な粘りで握りやすいそうです。


このほかにも、
リゾット専用米「和みリゾット」も登場しました。
イタリア産リゾット米「カルナローリ」と
日本の米を掛け合わせ、
日本の米よりも、一回り大きいのが特徴です。


カレー、リゾット、すし… 料理に合わせた「専用米」登場


何でも、突き詰めて考えると
「○○専用」ということになるのだと思います。
この○○専用というのが曲者で、
ついつい私たちの心を捉えてしまうのです。


単なるマヨネーズよりも、
「お好み焼き専用マヨネーズ」
「生野菜専用マヨネーズ」
「サンドイッチ専用」など、
専用マヨネーズの方が断然訴求力があります。


かつて、朝専用コーヒー
「ワンダ モーニングショット」が大ヒットしました。
これは、時間軸で専用化した商品です。
朝専用があるのなら、
夜専用があってもよさそうです。


そういえば、
夜に食べるアイス
「真夜中の贅沢」が大ヒットしたこともありました。
 
   
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、5/28あさ6:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング