トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

封筒

■無名の会社は・・・シンプルではいけない!(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3617号】無名の会社は・・・シンプルではいけない!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

先日、大ベテラン経営者とお話しをする機会がありました。
ある経験者団体の会合で食事をいただいていると、
その経営者は、偶然私の隣に座られました。
確か、お歳は88歳だったと記憶しています。
まだ、現役経営者として、最前線で指揮を執っています。


昨年、90歳の現役経営者にもお会いしましたが、
この方も元気いっぱいでした。


実は周りを見渡すと、70歳以上の現役経営者は、
いっぱいいらっしゃいます。
経営の世界にも、高齢社会の縮図を見て取れます。
70歳以上の現役経営者の方は、ハツラツしていて、
若い人よりも元気がいいのです。
元気がなかったら、経営者というハードな仕事などできませんので、
必然的にそういう人たちだけが
70歳を過ぎても経営者をやっているのでしょう。


さて、私の隣に座った大ベテラン経営者は、
新潟県でも有名な印刷会社の社長です。
この食事の席には、私とこの経営者のほかにも・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、4/20あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■無名の会社は・・・シンプルではいけない!

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3617号】無名の会社は・・・シンプルではいけない!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

先日、大ベテラン経営者とお話しをする機会がありました。
ある経験者団体の会合で食事をいただいていると、
その経営者は、偶然私の隣に座られました。
確か、お歳は88歳だったと記憶しています。
まだ、現役経営者として、最前線で指揮を執っています。


昨年、90歳の現役経営者にもお会いしましたが、
この方も元気いっぱいでした。


実は周りを見渡すと、70歳以上の現役経営者は、
いっぱいいらっしゃいます。
経営の世界にも、高齢社会の縮図を見て取れます。
70歳以上の現役経営者の方は、ハツラツしていて、
若い人よりも元気がいいのです。
元気がなかったら、経営者というハードな仕事などできませんので、
必然的にそういう人たちだけが
70歳を過ぎても経営者をやっているのでしょう。


さて、私の隣に座った大ベテラン経営者は、
新潟県でも有名な印刷会社の社長です。
この食事の席には、私とこの経営者のほかにも、
4名の経営者がいらっしゃいました。
52歳の私は、2番目に若かったので、
平均年齢はかなり高めです。


しばらく話しをしていると、ハガキの話題になりました。
「名刺交換をした際、ハガキの礼状を書いたほうがいい!」と、
ある経営者がいうと、みなさん頷いています。
もちろん、私も実践していますから、大きく頷きました。
「ハガキは、何でも叶えてくれる!」と言った人がいますが、
まんざら嘘ではありません。

  
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 

ハガキの礼状ですが、継続するのは至難の業で、
この大ベテラン経営者も、「最近は書いてないなぁ・・・」
と頭をかいていました。


このような感じで、食事は進んでいきましたが、
ある経営者が、「最近、名刺を新しくした」と、
新しい名刺を全員に渡してくれました。
顔写真が載っているカッコイイ名刺です。
私もクライアントには、必ず名刺には顔写真を載せるように、
口を酸っぱくして言っています。


人間は、すぐに忘れる動物です。
一度会ったくらいでは、顔などすぐに忘れます。
そして、顔を知らない人に問い合わせをしたり、
商品やサービスを購入することはありません。
ですから、名刺には絶対に顔写真が必要なのです。

封筒

ここで、大ベテラン経営者が、こんなことを口にしました。
「会社にとって大切な営業ツールは、名刺、ハガキ、封筒」だというのです。
私は、すぐに納得しましたが、ほかの経営者は「?」と言った感じでした。
名刺も、ハガキも、封筒も、営業ツールとしては、
会社案内などよりも、よく使われます。
名刺はともかく、ハガキや封筒を営業ツールだと
思っていない人も多いかもしれませんが、
これらも立派な営業ツールです。


その気になれば、会社の経営理念や事業内容など、
そのほかにも諸々載せることが可能です。
ですが、ハガキや封筒にまで、
そのようなことを載せている会社は稀です。


さらに、大ベテラン経営者は、名刺についても言及しました。
「無名の会社ほど、名刺にはいろいろなことを載せなければいけない。
有名な会社になればなるほど、基本的な情報だけ載せればいい」と。


これは、的を得ています。
有名な政治家や著名人の名刺は、表面は名前のみ、
裏目に住所と電話が小さく載っている程度です。
有名ですから、情報もシンプルでいいのです。


ところが、無名の会社になればなるほど、
相手は情報を持っていません。
ですから、業務内容や主力商品を伝えたり、
信用を得るために経営理念やビジョン、
時には社屋の写真を載せることもあります。


つまり、相手が自社を知らないことを前提に、
名刺には豊富な情報を載せなければいけないのです。


無名にも関わらず、
会社名、役職、名前、住所、電話、FAX、メール、URL、
簡単な業務内容しか載せていない会社が多いのには驚きます。

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、4/19あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■読まれないニュースレター

おはようございます!



商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください



今回の1分間マーケティングは「読まれないニュースレター」。


当社は、毎月数社からニュースレターが届きます。
同業者からも2社ほど。参考になります。


Aというコンサル会社から毎月送られてくるニュースレターは、
もう六ヶ月程、つまり6回分も開封されていません。


時間ができたら、読もう、読もうと思っているのですが、
優先順位としてはかなり低いのです。


一方Bという人材教育会社から毎月送られてくるニュースレターは、
毎月欠かさず開封し、読んでいます。


この違いは何でしょうか?
ニュースレター

左の大きい封筒がA社、
一番手前の小さな封筒がB社のものです。


B社の封筒には、ニュースレターの内容が、
ダイジェストで書かれています。


一方、A社の封筒には、何も書かれていません。
真っ白です・・・


情報過多の現在、せめて封筒には内容の一部を書いておいた方が、
読まれる(開封される)可能性は高いでしょう。


【マーケティング戦略のポイント!】
封筒にも一工夫が必要です。
開封してもらうには、内容の一部を封筒に記載してください。
次回の更新は、本日お昼12:00です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング