トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

富士山

■富士山焼酎ボトル&グラス発売

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【号外】富士山焼酎ボトル&グラス発売
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

ここ3ヶ月、クライアントと一緒に開発していた、
外国人観光客向けの「富士山焼酎ボトル&グラス」が完成しました。

富士山ボトル

 取り扱いたいという小売や卸の方は、ぜひご一報をお願いします。
また、富士山ボトルが500本程あります。
中に、ワイン、日本酒、焼酎などを詰めて販売できます。
こちらも、取り扱いという方には、ぜひご一報をお願いします。
 
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、11/30あさ5:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■2番で何が悪い!と言ったものの・・・

おはようございます!
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
2番で何が悪い!と言ったものの・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

中小零細企業の経営では、狭い分野でいいから
1番になることが大切だと言われています。


たとえば、ある地域で・・・


=====================
●売上1番
●ある商品の販売数1番
●品揃え1番
●安さ1番
●顧客満足度1番
=====================


あらゆる切り口で、
考えることができます。


そして、多くの経営者やコンサルタントも、
そうだと言います。


1番の重要性を証明するものとして、
こんな質問があります。


=======================================
日本で一番高い山は、3,776mの富士山ですが、
では二番目に高い山は?
=======================================


お恥ずかしい話しですが、
私は、まったくわかりませんでした。


答えは、山梨県にある
3,192mの「北岳(きただけ)」です。


初めて聞きました・・・


=============================================
では、日本で一番長い川は、367kmの信濃川ですが、
二番目に長い川は?
=============================================


322kmの「利根川」 だそうです。


そうです、1番は何かとメディアなどで
紹介される機会が多いので、記憶に残ります。


しかし、2番は、
ほとんど紹介される機会はありません。


ですから、どの分野でもいいから、
1番になることが重要だということになっています。


ある意味、経営の常識です。


今日は、経営の常識に逆らって、
2番について考えてみます。


===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


皆さんは、営業コンサルタントの
和田裕美(わだひろみ)さんをご存知でしょうか?


「売れる営業に変わる本」という著作では、
「世界No.2セールスウーマン」が売り文句でした。


和田さんは、外資系教育会社での営業職時代、
世界第2位の成績を残したことがあります。


世界No.2セールスウーマンというキャッチフレーズは、
この実績からつけたものです。


当時、これは、大変よくできた
キャッチフレーズだと感じました。


セールスポイントで、
「1番」や「1位」という言葉は使っても、
「2番」や「2位」はほとんど使いません・・・



だから、斬新で、目立ったとも言えます。
私は「おやっ」思い、この本に大変興味を持ち、
購入しました。


和田裕美公式ブログ


さらに、こんな売り文句の材木屋さんが、
北九州の福岡県京都郡にあります。


この材木屋さんの会社名は、
「田川材木」と言います。


業務内容は、一般建築(国産材・外材)・土木用材・
新建材合板・日曜大工用材・住宅機器・金物・トタンなどの販売です。


ここまでは、よくある材木屋さんと同じですが、
その違いは、ホームページをご覧いただければ、一目瞭然です。


田川材木


トップページに掲載されている
会社の外観の画像を見てください。


大きな看板があります。
そして、そこには・・・


「日本で二番目に安い材木屋」
と書かれています。



しかし、ホームページを読んでも、
日本で二番目に安い理由は、まったく書いてありません。


ですから、真偽の程はわかりません。
何を基準に、日本で二番目なのかは不明です。


もしかしたら、
根拠はないかもしれません。


ただ単に、奇をてらった
キャッチフレーズかもしれません。


しかし、これは目立ちます。


そもそも、1番という言葉は、
なかなか使い難いのが現状です。


その理由は根拠です。


数値化できるような「売上」「販売数」「商品点数」
「店舗数」などは、まったく問題はありません。


しかし、数値化できない「顧客満足度」などは、
ひじょうに難しいと言えます。


また、価格に関しても、
通常、変動しますから、難しい側面があります。


ですから、どの会社もお店も、公に言いたいけど、
突っ込まれると困るので、言わないというのが本音です。



本日のテーマは、オモシロ系でしたが、
ユニークな訴求方法として紹介しました。


だけど、やっぱり、
1番の方がインパクトありますね・・・


facebookで、地域No.1を目指す
「新潟地域密着ビジネス繁盛会」というfacebookページを
開設しています。

新潟地域密着ビジネス繁盛会

ぜひ「いいね!」ボタンを押してください。
新潟地域密着ビジネス繁盛会


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之でした。

==============================
次回の更新は、明日あさ7:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング