トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

地域密着

■こんなに高い日本酒が・・・なるほどね!(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3839号】こんなに高い日本酒が・・・なるほどね!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

先日、クライアントの工務店で、
新築見学会が開催されました。
ほんの1週間ほど前は、
鶴岡市のクライアントの
新築見学会に参加したところです。


今回は新潟市中央区のクライアントです。


会場は、
新潟県新発田市にある
「月岡温泉」というところです。
月岡温泉は、
新潟県内でも有数の温泉場として有名です。
新潟県人で知らない人はいないといっても
過言ではありません。


「温泉場での新築見学会は珍しいなぁ・・・」
と思いながら参加させていただきました。


建物は1階がカフェ、
2階がご家族の住居となっていました。
奥さんが、カフェを経営されるのだそうです。


そして最大の特徴は、
「セルフビルド」という考え方で
建てられたことです。
セルフビルドとは、
施主さんが、
建物造りに参加するというものです。


今回は、
施主さんが壁を塗りました。
旦那さんが、1階も2買いも、
すべての壁を塗ったようです。
プロではないので、
決して綺麗とはいえませんが、
大変味のある仕上がりになっていました。


そして、
床や家具などのデザインテイストは
カントリータッチだったので、
温かみのある雰囲気に仕上がっていました。


30分ほどこの新築を見学させていただき、
帰りに車で2〜3分のところにある・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
1850本以上用意しています。  


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、9/18あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■こんなに高い日本酒が・・・なるほどね!

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3839号】こんなに高い日本酒が・・・なるほどね!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

先日、クライアントの工務店で、
新築見学会が開催されました。
ほんの1週間ほど前は、
鶴岡市のクライアントの
新築見学会に参加したところです。


今回は新潟市中央区のクライアントです。


会場は、
新潟県新発田市にある
「月岡温泉」というところです。
月岡温泉は、
新潟県内でも有数の温泉場として有名です。
新潟県人で知らない人はいないといっても
過言ではありません。


「温泉場での新築見学会は珍しいなぁ・・・」
と思いながら参加させていただきました。


建物は1階がカフェ、
2階がご家族の住居となっていました。
奥さんが、カフェを経営されるのだそうです。


そして最大の特徴は、
「セルフビルド」という考え方で
建てられたことです。
セルフビルドとは、
施主さんが、
建物造りに参加するというものです。


今回は、
施主さんが壁を塗りました。
旦那さんが、1階も2回も、
すべての壁を塗ったようです。
プロではないので、
決して綺麗とはいえませんが、
大変味のある仕上がりになっていました。


そして、
床や家具などのデザインテイストは
カントリータッチだったので、
温かみのある雰囲気に仕上がっていました。


30分ほどこの新築を見学させていただき、
帰りに車で2〜3分のところにある
セブンイレブンに寄りました。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


トイレを借りて、
雑誌コーナーをチェックして、
店内をウロウロしていると、
ほかのセブンイレブンとの
決定的な違いに気づきました。


その違いとは、
お酒のコーナーです。


私は、初めてのコンビニを利用すると、
必ず日本酒のチェックをします。
四号瓶(720ml)で、
800円〜1,200円の日本酒が
販売されているのが一般的です。


新潟は日本酒の宝庫ですので、
1,200円以上の日本酒は数多くありますが、
コンビニの客層を考えると、
1,200円以上のお酒は売れない、
という判断なのでしょう。


ですから、
それ以上高い日本酒は
置いていないのです。

日本酒

このセブンイレブンでは、
一合(180ml)800円の日本酒
「カワセミの旅」が販売されていました。
また、カワセミの旅の
四合瓶2,800円もありました。


次に冷蔵ケースを見てみると、
さらに高額な日本酒が販売されていました。


四号瓶で、
3,000円台〜4,000円台の
高額商品も置いてありました。
きっと、コンビニでは異例のことだと思われます。


ではなぜ、
このセブンイレブンでは
こんなに高額なに日本酒が販売されているのでしょうか?
それは、観光客需要だと推測できます。


月岡温泉に観光に来たお客様ならば、
「せっかく新潟に来たのだから、
美味しい日本酒が飲みたい!」
というニーズはあるはずです。


そして、
お土産に買って帰りたい
というニーズもあるはずです。
もちろん、旅館にも売っているのでしょうが、
買い忘れということもあります。


そこで、
このセブンイレブンでは、
高額な日本酒も販売しているのだと思われます。
しかも、地元の日本酒ではなく、
広く新潟県内から集めた品揃えでした。
やはりその地域に応じた品揃えが重要です。


フランチャイズやチェーン店だといっても、
このように地域に応じた品揃えをやっているのです。


観光客が多い地域、
富裕層が多い地域、
高齢者が多い地域、
若者が多い地域、
一人暮らしが多い地域、
子供が多い地域、
大学生が多い地域など、
地域性があるはずです。


今一度、
地域の属性に合った
ビジネスを展開しているのか、
品揃えやサービスなどを
チェックしてみてはいかがでしょうか?


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、9/16あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■やはり密着プレイです!

おはようございます!
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
やはり密着プレイです!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

業種や業態に関わらず、成功している会社やお店の
経営戦略には共通点があります。


そのキーワードのひとつが、
「顧客密着」です。


では、顧客密着とは、
どういうことなのでしょうか?


私たちが、お客様に喜んでいただき、
お客様に幸せを感じていただくには、
まずは、お客様のことをよく知らなければいけません。


「お客様が困っていることはないだろうか?」。
そして、「お客様の欲しいものは何だろうか?」ということです。


これは、商売においてゴールなき活動です。


商売をおこなっている限り、
永遠と続きます。


日々、このことを意識している会社やお店が、
お客様の満足度を最大にできます。


では、具体的に何をおこなえば
良いのでしょうか?


まずは、お客様を好きになることです。


そして、お客様を観察したり、
お客様と会話をすることです。


実店舗を持つリアルビジネスでは、
お客様から直に情報を得ることができます。


お客様の口調や表情も読み取れます。


そして、お客様の反応を見ながら、
その反応に合わせた質問や会話ができます。


つまり、お客様自身も意識していなかった、
潜在的なニーズやウォンツを引き出すことも可能です。


一方通行のホームページや紙媒体でのアンケートは、
こうはいきませんね。


顧客密着とは、もっと、もっと、お客様を知ろうという
日々のコミュニケーションです。


その目的は、お客様に喜んでいただき、
幸せを感じてもらうためです。


ですから、日々のコミュニケーションと言っても、
「接客」「接遇」「おもてなし」とは、
大きく意味合いが違います。


あくまでも、お客様の近い将来の
喜びや幸せを最大化するための活動です。


===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


「当社は、地域密着の経営をおこなっている」という
経営者は多くいらっしゃいます。


特に、地元で創業してウン十年という会社やお店は、
自負されていることが多いようです。


しかし、話しを伺うと、地元で創業して長年に渡り、
地元で商売をされているというだけで、
特別なことをおこなっている訳ではありません。


ただし、地元での知名度は圧倒的ですが・・・


小さな商圏内で商売をされている会社やお店は、
少なくともその地域のことを熟知している必要があります。



たとえば・・・
「世帯数」「年齢別人口」「家族数」などです。



時々、コンサルティングの際、
クライアントにお聞きすることがありますが、
この質問に答えられる方は皆無です。


商売によっては、近所の小学校の運動会や
町内のドブ掃除の日時も知る必要があります。


以上のように、商圏内のことを知らないと、
あなたの提供する商品やサービスが、
地域の人たちに適切でない可能性があります。


つまり、商品・サービスと客層が
一致していないということです。


商売は、商品・サービスと客層が一致するだけで、
上手くいく場合があります。


ですから、商品・客層・売り方の事業コンセプトが、
ことのほか重要なのです。


もうおわかりだと思いますが、「地域密着」とは、
言い換えると「顧客密着」でもあります。


今後、すべての商売で、
「顧客密着」の成否が業績を左右します。


皆さんは、「IKEA(イケア)」というお店を
ご存知でしょうか?


スウェーデンに本社を置く、
世界的な家具の小売チェーン店です。

IKEA

IKEAが最初に日本進出を果たしたのは、
1974年です。


しかし、1986年には、
日本から撤退します。


その後、2002年に再進出を果たし、
現在は、全国に7店舗を展開しています。


さて、一度、日本進出を失敗したIKEAですが、
再進出に際して、地域密着と顧客密着により
日本のお客様のニーズとウォンツを徹底的に探りました。


たとえば、このような活動をおこなっています。


=========================================================
●日本の一般家庭に入り込んで、日本人の生活ぶりを観察。
●埼玉県八潮市の団地の一室を借りて、日本の住居環境を分析。
●スウェーデン本社に、日本の3LDKのスタジオを作り、
 日本人の住まいを研究。

=========================================================


さらに、IKEAは、
地道な調査を繰り返しました。


その結果、過去10年間に建てられた集合住宅の55%が
3LDKで、さらにその85%が同じ間取りである
ということが判明したそうです。


だから、3LDKなんですね。


そして、3LDKでの一番の悩みが、
「収納」だということです。


そこで、IKEAは、日本の住宅事情に適した
ショールームの展開をおこないました。


具体的には、大阪のIKEA鶴浜店で、
日本住宅の標準的な規格や間取りである3LDKの
ホームセットを再現しました。


さらに、収納に関する解決方法の提案、
快適な住環境も紹介しています。


========================================
イケアのショールームに3LDKホームセットが出現!
日本住環境の問題点解決へ!

========================================


あなたの会社やお店は、
地域&顧客密着の活動をおこなっていますか?


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之でした。

==============================
次回の更新は、3/19のあさ7:00です
==============================
facebookページ「新潟地域密着ビジネス繁盛会」はこちら
【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング