トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

商いは門門

【第4305号】目的を達成するには、一社ではなく数社で!

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4305号】目的を達成するには、一社ではなく数社で!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


高度成長期やバブル期を経験した企業の中には、
業績不振、後継者不在などの理由により、
これから10年、倒産や廃業が増えることが
予想されます。


これらの企業は、
創業40〜50年の企業が多いのですが、
やはり時代の変化に適用できない
というのが大きな理由だと思われます。
今は過去の延長線上の経営戦略では
通用しない時代なのです。


たとえば、高度成長期やバブル期の頃は、
仕事を内製化することによって、
大きくなった企業が相当数あります。
右肩上がりの経済が続くと言われていたので、
あらゆる仕事を内製化したくなる
経営者の気持ちはわかります。
当時は、それが成功する経営戦略だったのです。


ですが、今はそういう時代ではありません。


自社内でできないことは、
できる会社にアウトソーシングするのが
賢い経営のやり方です。


結局のところ、
目的や目標達成のために
自社だけで取り組むのではなく、
複数の企業が得意な分野を持ち寄って取り組めば、
一番効率よく達成できるのです。
今は、そういう時代です。


1社だけで、事業をするような
時代ではなくなりました。
複数の企業が目的や目標のために、
協力しながら複眼的な経営していく時代です。
30〜40年前の経営の常識が、
今は非常識なのです。


当時から今の時代を見たら、
「何をやっているんだ?」
と首を傾げているかもしれません。
経営の世界も例に漏れず、
変われば変わるものなのです。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


また、ここ数十年の間に、
特にBtoCの小売業やサービス業で
大切だといわれている地域環境も
大きく変化しました。


かつての繁華街が、
今は幽霊街になっている地域もあります。
つまり、街も数十年も経てば、
役割を終えるということです。


そして、かつて若者で溢れていた街が、
今では高齢者で溢れかえっている
地域もあります。


このような地域環境の変化を考慮すると、
「この地域で商売をやっていてもいいのか?」
という大きな問題が顕在化してきます。
そうなると、大胆な経営戦略を
採用することになります。


たとえば、ある地域で
リアル店舗の小売業を行っていたのであれば、
そのリアル店舗を閉店して、
ほかの地域に新たに出店することも
考えなければいけません。
実際、そういう小売業を知っています。


この小売業は、
ショッピングセンターに
テナントとして出店していますが、
集客力のあるショッピングセンターができれば、
そちらに移転していきます。
あくまでも契約が満了になってからです。


わずか十数年で、
出店するショッピングセンターを
3回も変えました。
今から考えれば、
様々な諸事情があったのでしょうが、
そういった出店戦略もありだということです。


店舗の内装などに
多額なコストがかからないのであれば、
十分に考えられます。


また、ネットショップを数店経営しており、
リアル店舗は閉店休業状態という会社もあります。
これもなど、商圏の限られたリアル店舗では、
需要に限界のある業種もあるということです。


そうなると、ネットショップを
数店展開することになります。
単独サイトで運営するのもあり、
Amazonや楽天などに複数出店するのもありです。
ネットショップは、
リアル店舗を出店するよりは、
もの凄く手軽に出店できます。


さて、10年程前から
「コラボレーション」という言葉を
使うようになりましたが、
正直なところ成功しているのは、
ほとんどが大企業でしょう。


残念ながら、
中小企業は中途半端な
コラボレーションで、
効果は出ていません。


「一緒にやることで、相乗効果があればいいね」程度で、
顧客の紹介程度です。
本気になって、売上目標を立て、
営業や宣伝計画を立てていないからです。


冒頭紹介したように、
これからは一社で事業展開するのではなく、
目的や目標によって最適な企業数社が
手を組んで事業展開する時代です。


時代は大きく変化しています。
このような新しいやり方に
シフトしていくことは確実です。


私は「ジャズ型組織」と呼んでいますが、
変化に対応するには、
固定化された組織では、
どう考えても無理があります。


組織という枠組みを緩くして、
外部との接触を増やす時代なのです。


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、4/23あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

【第4304号】欲しくても、買えない理由とは?(動画編)

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4304号】欲しくても、買えない理由とは?(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


私の夢(?)は、
「フェラーリ」を運転することです。
正確には、夢というほどのことではないのですが、
一度でいいから乗ってみたい、
一度でいいから運転してみたいという好奇心です。
自分のことなのによくわかっていません。
単なる憧れかもしれません。


このようなことを言うと
相当な車好きだと受け止めた人も多いかと思いますが、
実は車好きではありません。
ですがここ数年、長距離運転が多いので、
昔よりは車に興味を持つようになりました。
ですが、詳しくはありません・・・。


なぜ、フェラーリがいいのかといえば、
1990年代にF1が一世を風靡しました。
その時に初めてフェラーリに
注目するようになりました。


もちろん、
それ以前にもフェラーリという
名前は知っていましたが、
さして興味はありませんでした。


ところが、
F1のサーキットで
映える赤いフェラーリを見ると・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。



動画ブログ「商いは門門チャンネル」では、
2400本以上用意しています。 


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、4/24あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

【第4303号】欲しくても、買えない理由とは?

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4303号】欲しくても、買えない理由とは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


私の夢(?)は、
「フェラーリ」を運転することです。
正確には、夢というほどのことではないのですが、
一度でいいから乗ってみたい、
一度でいいから運転してみたいという好奇心です。
自分のことなのによくわかっていません。
単なる憧れかもしれません。


このようなことを言うと
相当な車好きだと受け止めた人も多いかと思いますが、
実は車好きではありません。
ですがここ数年、長距離運転が多いので、
昔よりは車に興味を持つようになりました。
ですが、詳しくはありません・・・。


なぜ、フェラーリがいいのかといえば、
1990年代にF1が一世を風靡しました。
その時に初めてフェラーリに
注目するようになりました。


もちろん、
それ以前にもフェラーリという
名前は知っていましたが、
さして興味はありませんでした。


ところが、
F1のサーキットで
映える赤いフェラーリを見ると、
大変かっこよく見えました。
その後、シューマッハという
パイロットがフェラーリに加入して、
フェラーリは長い低迷期を抜け出し、
フェラーリ時代が到来しました。


このような経緯があり冒頭の
「一度でいいからフェラーリに乗ってみたい!」
「一度でいいからフェラーリを運転してみたい!」
と思うようになったのです。


いまだに実現はしていませんが、
フェラーリをレンタルしている
レンタカー会社もあるようなので、
その気になればすぐにでも実現しそうです。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


滅多にありませんが、
高速道路を走っている
フェラーリを見ることがあります。
追い越し車線を颯爽と走っていきますが、
思わず見入ってしまいます。


そして、「おっ、フェラーリだ!」
と声を出してしまいます。
それほどまでに、
フェラーリは珍しいといえます。


さて、このフェラーリですが、
一時、買いたいと思ったことがありますが
現実的ではありません。
年収から考えても・・・。


「フェラーリは、ローンで買えるのだろうか?」
と真剣に考えたことがありました。
なぜならば、フェラーリの新車が
5000万円から買えるという噂を聞いたので、
少し高額な注文住宅と比較してしまったのです。


ならば、35年ローンで買えると思ったのです。
確かフェラーリの所有台数が一番多い地域は、
モナコだという話を聞いたことがあります。
そう考えると所有者は大金持ちです。


ということは、
ローンで購入するとは考えにくいのです。
そうですよね。
なんでも審査があるという話も
聞いたことがありますが、
真偽の程は不明です。


ローンが無理だとしたら、
どんなにフェラーリを買いたいという
強い欲望があっても、
先立つものがないので無理です。
これと同じことが、
法人営業にもいえるのです。


あなたのセールストークで、
見込客のウォンツが大変高まったとします。
見込客は、「ぜひ、買いたい!」と思いましたが、
価格は3000万円です。


この会社は、ここ5年赤字続きです。
どう考えても買うことができません。
借り入れも無理です。
つまり、財布事情と商品価格が
マッチしていないのです。

フェラーリ

どんなにいい商品を扱っていても、
相手にその商品を買うだけの
お金がなければ買えません。
これが現実なのです。


特に高額商品を扱っている会社は、
見込客の懐事情を知らなければ、
無駄な営業活動になります。
お金のない見込客に、
どんなに営業をしても無理でしょう。


まずは、商品やサービスに対する
ニーズやウォンツよりも、
お金があるかどうかが重要です。


お金があれば、
ニーズやウォンツを高めさせることが
できれば購入する可能性は高くなります。


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、4/23あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング