トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

初対面

【第4162号】初対面コスト?初対面が大切と言うが・・・(動画編)

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4162号】初対面コスト?初対面が大切と言うが・・・(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


ビジネスにおいて、
初対面がいかに重要かということは、
言わずと知れた常識です。


たとえば「メラビアンの法則」では、
このようなことが言われています。 
対人関係における相手に与える影響は、
視覚情報が55%、聴覚情報が38%、
そして肝心の話の中身はわずか7%しか
相手に影響を与えることができません。


このデータからも明らかなように、
視覚情報=ビジュアルがひじょうに大切なことがわかります。
特に、人前に出るような職業の人、たとえば、
「営業マン」「販売員」「経営者」「各種講師」
などが代表的な人です。


私も職業柄、人前で話すことが数多くありますので、
ビジュアル面には十分気をつけているつもりです。


一概にビジュアルといっても、
その要素は多岐に渡っています。
「表情」「しぐさ」「服装」「髪型」「容姿」「持ち物」などです。
これらの要素が組み合わさって、
相手は総合的にあなたのことを・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。



動画ブログ「商いは門門チャンネル」では、
2300本以上用意しています。 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、11/9あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

【第4161号】初対面コスト?初対面が大切と言うが・・・

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4161号】初対面コスト?初対面が大切と言うが・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


ビジネスにおいて、
初対面がいかに重要かということは、
言わずと知れた常識です。


たとえば「メラビアンの法則」では、
このようなことが言われています。 
対人関係における相手に与える影響は、
視覚情報が55%、聴覚情報が38%、
そして肝心の話の中身はわずか7%しか
相手に影響を与えることができません。


このデータからも明らかなように、
視覚情報=ビジュアルがひじょうに大切なことがわかります。
特に、人前に出るような職業の人、たとえば、
「営業マン」「販売員」「経営者」「各種講師」
などが代表的な人です。


私も職業柄、人前で話すことが数多くありますので、
ビジュアル面には十分気をつけているつもりです。


一概にビジュアルといっても、
その要素は多岐に渡っています。
「表情」「しぐさ」「服装」「髪型」「容姿」「持ち物」などです。
これらの要素が組み合わさって、
相手は総合的にあなたのことを判断します。
もちろん、「人間は外見ではなく中身だよ!」
と言う方もいらっしゃると思いますが、
初対面ではビジュアル面における判断しかできないのが現実です。


性格や人柄などの内面がわかればいいのでしょうが、
初対面では到底無理な話しです。
そこで手っ取り早く判断できるのが、
視覚情報=ビジュアル情報ということになります。


新卒者の新入社員教育やマナー研修では、
初対面の重要性を説きますが、
このような理由からなのです。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


ここで、あなたに質問があります。
初対面の大切さはわかったと思います。
では、初対面にいくらくらいのコストをかけているでしょうか? 
私はこれを「初対面コスト」と呼んでいます。


初対面コストには、
「髪型」「服装」「持ち物」などはもちろんのこと、
名刺や会社案内などの営業ツールも含まれます。
そのほか、「表情」や「ボディランゲージ」などの勉強をしている人は、
このような費用も含まれます。


服装には、お金をかけている人も多いでしょうが、
表情やボディランゲージにお金をかけている人は
少ないと思われます。
中には、「名刺もできることならば、お金をかけたくはない・・・」という人もいます。
ですが、初対面の大切さがわける人ならば、
名刺にもウンとお金をかけるべきです。


そのことがわかっているなと感じた人が、
「藤村正宏(ふじむら・まさひろ)さん」です。
藤村さんは、マーケティング・コンサルタントとして大活躍されていますが、
数年前に藤村さんのセミナーに参加した時、
名刺交換をさせていただきました。


その際、いただいた名刺が
16ページ程の名刺サイズの小冊子でした。
ものすごくお金をかけています。
私が出会った人の中で、
一番名刺にコストをかけているのが藤村さんでした。


そのほか、意外に見られているのが
「鞄」や「靴」、「ネクタイ」です。
特に、相手が女性だと見られていると思った方が無難です。

ネクタイ

ですから、コーディネーターをつけている社長もいます。
そのくらいお金をかけてもやる価値があるのです。


高額商品の取り引きにおいては、
ビジュアル面が大きく商談を左右することもあります。
清潔感と高級感がある服装をした人と、
不潔で安っぽい服装の人とでは、
どちらと取り引きをしたくなるでしょう? 
ファッションコーディネートや
カラーコーディネートの重要性はここにあります。


私は、「勝負ネクタイ」を何本か持っています。
いずれも妻が選んでくれものですが、
高額の商談に臨む時は必ず勝負ネクタイを身につけます。


勝負ネクタイをつけることによって、
「身が引き締まる」「自信がつく」などの効果があります。
このような効果はスーツにもあります。


やはり、着居心地が良くて、シワひとつないスーツの方が、
気持ちも引き締まり、商談が成立する確率も高いのではないかと思います。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、11/8あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■お互いの距離を縮める工夫をしていますか?

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3371号】お互いの距離を縮める工夫をしていますか?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

私は、子どもの頃から、
人見知りが激しい性格でした。


ですから、幼稚園でも、小学校でも、高校でも、
席替えやクラス替えがあると
友達と仲良くなるのに時間がかかった方だと
思います。


一旦、仲良くなれば何ともないのですが、
仲良くなるまでが大変なのです。


その性格は、二十歳を過ぎて
社会人になっても続きました。


初対面の人とは、一番最初、
名刺交換をおこないます。


それから、自己紹介をするわけですが、
その後の会話が続かないのです。


何を話していいのか、
頭の中が真っ白になってしまうのです・・・。


通常であれば、自己紹介の後は
「アイスブレイク」と呼ばれる緊張を
解きほぐすための会話をおこないます。


ですから、
仕事とは関係ないことを
話題にすることが多くなります。


たとえば、
「天候ネタ」「時事ネタ」「会社ネタ」などが
代表的なアイスブレイクでの話題です。


========================================
●天候ネタ・・・最近、めっきり冷え込むようになり
        ましたね。
●時事ネタ・・・甲子園の決勝は盛り上がりましたね。
        ご覧になりましたか?
●会社ネタ・・・玄関に飾ってあった素敵な絵画は、
        誰かが書かれたものですか?
========================================


このような話しをして、
緊張がほぐれたところで、
本題の仕事の話しに入ります。
 
  
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 


アイスブレイクは、この3つのほかにも
無限にあります。


話すタイミングを考えなければいけませんが、
思いのほか効果的なのは「自己開示」です。

 
自己開示とは、
自分の「プライベート」なこと、「失
敗談や弱み」を
積極的に公開することを言います。


仕事の現場ですから、
直接プライベートな話しは関係ありませんし、
失敗談や弱みをわざわざ話す必要など
ないと思われるかもしれませんが、
これがお互いの距離を大きく縮めることになります。


上手くいけば、
旧知の仲のような関係になれます。

握手

たとえば、初対面の人でも、
「同じ年齢」「同じ出身地」「同じ出身学校」だったりすると、
急に親近感を覚えてしまいます。


私は中小企業家同友会という
経営者団体に所属していますが、
同い年のTさんやKさんとは
ひじょうに親しくさせてもらってます。


年齢が同じことがわかるまでは、
何となく距離を置いていたのですが、
同い年だとわかったら
急に距離が縮まりました。


そして、若かりし頃、
流行った歌や出来事を話すことも度々あります。


やはり、同じ年代を生き、
同じことを経験したことで、
大きな共感が生まれるのです。


また、失敗談や弱みを積極的に話題にすることで、
親近感が生まれます。


成功談や強みならともかく、
失敗談や弱みを話すことに
抵抗がある人も多いかと思いますが、
思い切って話してみてください。


成功談や強みばかりを話すと
自慢話になってしまうので、
好感度や親近感という点では
逆効果となってしまいます。


人は、他人の自慢話など聞きたくないのです。
そこで有効なのは失敗談や弱みです。


心理学者のブレネー・ブラウンは、
「人と繋がるには、完全であり、 
相手にとって価値があるように振る舞うことではない。
むしろ不完全な自分を、その相手にさらけ出す必要がある。」
と言っています。


不思議なことに、あなたが失敗談や欠点を話すと、
相手も失敗談や欠点を話します。


お互いマイナスの部分をさらけ出すことにより、
相手の特別なことを知ったような気持ちになります。


これが大切なのです。


初対面で、プライベートなことや
失敗談や欠点を公開するのは難しいかもしれませんが、
話せるような雰囲気であれば、
ぜひ話してみましょう。
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、9/19あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング