トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

傾聴

■自己変革できる方法「傾聴」とは?(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3761号】自己変革できる方法「傾聴」とは?(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

先日、新潟県中小企業家同友会の
「オリエンテーション」に参加しました。
オリエンテーションとは、
新入会員や中小企業家同友会に興味を持つ人を対象に、
「同友会とは、どういう会なのか?」を説明して、
同友会に対する理解を深めてもらおうというのが狙いです。


私が入会した13年前は、
オリエンテーションはありませんでしたので、
先輩経営者に誘われるまま入会して、
その後、同友会がどういう会なのかを知りました。


順番が真逆なのですが、
何でもやってみなければわからないというのが私の信条ですので、
信頼のおける人からの勧めだったこともあり即入会しました。


13年間で、
「情報部会長」「広報情報化委員長」「新潟支部副支部長」
「新潟支部イースト地区長」「定時総会実行委員長」
などをやらせていただき、ただただ感謝のひとことです。


というのも・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
1600本以上用意しています。   
 
  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/22あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■自己変革できる方法「傾聴」とは?

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3761号】自己変革できる方法「傾聴」とは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

先日、新潟県中小企業家同友会の
「オリエンテーション」に参加しました。
オリエンテーションとは、
新入会員や中小企業家同友会に興味を持つ人を対象に、
「同友会とは、どういう会なのか?」を説明して、
同友会に対する理解を深めてもらおうというのが狙いです。


私が入会した13年前は、
オリエンテーションはありませんでしたので、
先輩経営者に誘われるまま入会して、
その後、同友会がどういう会なのかを知りました。


順番が真逆なのですが、
何でもやってみなければわからないというのが私の信条ですので、
信頼のおける人からの勧めだったこともあり即入会しました。


13年間で、
「情報部会長」「広報情報化委員長」「新潟支部副支部長」
「新潟支部イースト地区長」「定時総会実行委員長」
などをやらせていただき、ただただ感謝のひとことです。


というのも、ごくごく普通に生きていたなら、
なかなか経験できないことばかりだからです。
経験は財産です。
やがて、血となり肉となり、自信に繋がります。


さて、中小企業家同友会新潟支部では2ヶ月に1回、
オリエンテーションを開催していますが、
今回はミスター同友会と称され、
新潟県中小企業家同友会のことを一番良く知っている
株式会社シナゼンの「品田会長」に「同友会は何の為にある会なのか?」
というテーマでお話しいただきました。


久しぶりに、スリリングな話しを聞きました。

 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 

特に印象に残ったのは、「選択性難聴」という言葉です。
選択性難聴とは、自分の都合のいい情報だけを
インプットしてしまうという人間の特性です。
この特性は、誰しもが持っています。

選択性難聴

人間は、育った環境や経験などにより、
ある一定の思考回路や価値感ができ上がります。
そして、この思考回路や価値観に沿った情報を
無意識のうちに選択してしまいます。


これが、思い込みや決めつけを産むわけです。


たとえば、上司と部下の関係でいえば、
このようなことがあります。
「○○君は、ああいう性格だから、この仕事は頼めないな・・・」とか、
「○○部長に、これを提案しても無理だよ・・・」とか、
行動する前に判断してしまいます。


ですが、やってみなければわからない
というのが本当のところです。
やはり、人間は思い込みで生きている動物です。


では、この思い込みをなくすには、
どうしたらいいのでしょうか?


品田会長曰く、
「話しを遮らないで、丁寧に聴くこと」だそうです。
つまり「傾聴」です。
傾聴は、「聴く耳を持つ」という言葉でも言い換えることができます。


思い込みなく相手の話しを聴いたり、情報をインプットすると、
当然、自分の都合の悪いこともあります。
むしろ、都合の悪いことばかりかもしれません・・・。


人間は、100ある話しから都合のいい20を選択して、
それがすべてであるかのように言います。
ですが、これは氷山の一角で都合の悪いことの方が多いのです。
そこで、思い込みをなくして、都合の悪いことを受け入れることで、
自己変革が起こるというのです。


つまり、都合の良い話しというのは、
自分の思い込みを強化する材料であり、
都合の悪い話しというのは、
現在の自分が受け入れることができない=自分の可能性を拡大する
絶好の機会です。


都合の悪い話しというのは、ヒントが満載なのです。
ですから、傾聴により自己変革が可能なのです。


中小企業家同友会は、人の話しを聞くチャンスが山のようにあります。
そこで、傾聴ができれば、自己変革を促すことができます。
また、ありふれた人間関係の中でも傾聴ができれば、
相手に対する思い込みがなくなり、新しい発見があります。
そこに、新たな刺激が生まれるということです。


変化のない毎日だと感じていても、
思い込みを外して傾聴することによって、
新鮮さや刺激を取り戻すでしょう。

  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/21あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■マイルス・デイビスに学ぶ経営

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
マイルス・デイビスに学ぶ経営
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私の唯一(?)の趣味は、
「ジャズ」です。


もちろん、演奏することも、
CDを聞いたり、DVDを見たりすることも
大好きです。


残念ながら人前での演奏は、
かれこれ12年程やったことがありません・・・。


最近では、ジャズギターが弾けるという
噂ばかりが先行して、実際に目撃した人が
いないことから、「本当に弾けるの?」と
疑いの目で見られています・・・。


困ったものです。


私が、ジャズ史上最高のアルバムとして推薦するのは、
ジャズの帝王マイルス・デイビスの
「マイルス・イン・ベルリン」です。


マイルス・デイビスは、1926年に
アメリカに生まれたジャズトランペッターです。


そして、1991年に65歳という
若さでこの世を去りました。


その間、アルバム「カインド・オブ・ブルー」や
「ビッチェズ・ブリュー」などの名盤を生み出しました。


そして、ジャズというジャンルを超えて
マイルスを有名にしたのは、
1970年の「ワイト島ロックフェスティバル」です。


当時、人気を誇っていた
ロックミュージシャンが大集合しました。


「ジミ・ヘンドリックス」、「ドアーズ」、「ザ・フー」などです。
そこになぜか、ジャズミュージシャンのマイルスが・・・。


観客たちの 
「ジャズなんて聴きに来たんじゃねえぜ!」という罵声を、
マイスルはトランペットの音色ひとつで
大歓声へと一変させた伝説のライブです。


さて、私がおすすめする
「マイスル・イン・ベルリン」というアルバムですが、
マイルス・デイビスをリーダーに、
「ウェイン・ショーター」、「ハービー・ハンコック」、
「ロン・カーター」、「トニー・ウィリアムス」の5人です。


1964年にベルリンにある
フィルハーモニック・ホールでのライブです。


=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


では、このアルバムの
何が凄いのかをこれから説明します。


この「マイルス・イン・ベルリン」は、
各々のメンバーが相手の音に反応し合い、
それによって刺激を受け、
バンドを活性化させる「会話」のようなものを
おこなっていました。


それまでのモダンジャズは、
ソリストがアドリブをして、そのほかのメンバーは、
ソリストの邪魔をしないように、
静かに盛り上げることが役割でした。

17マイルス・イン・ベルリン










しかし、この「マイルス・イン・ベルリン」では、
サックスがソロをしていると、
ピアノが合いの手を入れてきます。


そして、ピアノの合いの手に対して、
ドラムが同じリズムを叩くといった感じです。


さらに、このような反応に対して、
サックスが刺激的なフレーズで返します。


この繰り返しで、本当に音で
会話をしているような感じなのです。


そして、これは事前に打ち合わせをしておらず、
すべてアドリブなのです・・・。


さて、なぜ、このようなことが
できるのでしょうか?


これは、メンバー各々が、ほかのメンバーの音を
「聴いている」からにほかなりません。


まずは、相手が何を弾いているのか、
何を吹いているのか、何を叩いているのかを
聴かないことには、反応することは不可能です。


ここで、注目してほしいのは、
「聞く」ではなく、「聴く」ということです。


これは、ジャズに限らず、
人と人とのコミュニケーションにおいて、
とても大切なことです。



では、「聞く」と「聴く」の違いは何でしょうか?
諸説いろいろありますが・・・、


===============================================
聞く・・・音・声を耳に受ける。耳に感じ取る。
     聞こうとする意志がなくても自然に耳に入ってくる。
聴く・・・注意して耳にとめる。耳を傾ける。
     理解しようという意志を持って身を入れて聞くこと。
===============================================


おわかりでしょうか? 
「聞く」は受動的で、「聴く」は能動的ということですね。


さらに、「傾聴(けいちょう)」という言葉もあります。
傾聴とは、耳を傾けて、熱心に聞くことです。


そして、相手を理解することとあります。
聴くをさらに一歩進めた意味合いですね。


やはり、社内コミュニケーション、
特に、上司は部下に対して傾聴することが基本です。



また、「見る」と「視る」という言葉もあります。


「見る」は、様子をみるや単に状態を知る程度のことで、
対象に対する関わりは低いといえます。


次に「視る」は、目を止めてジッと見る、
ハッキリと見て取るといった意味合いがあります。


これも、「聞く」と「聴く」と同じく、
「見る」は受動的で、「視る」は能動的と言えます。


マイルス・イン・ベルリンから学べることは、
会話の成立するコミュニケーションは、
「聞く」と「見る」ではなく、
「聴く」と「視る」をメインにおこなうということです。

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、1/21あさ7:00です
==============================
facebookページ「新潟地域密着ビジネス繁盛会」はこちら
【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                         
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール
応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング