トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

値上げ

■もう値下げはさせない!高くても売れる視点とは?(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3712】もう値下げはさせない!高くても売れる視点とは?(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

 
最近、価格設定について改めて難しいと思うようになりました。
中小メーカーの商品開発コンサルティングを行っていると、
価格決定権は小売が握っていることがほとんどです。
小売業の仕事は一般消費者に、商品を販売することですが、
価格設定にはことのほか敏感です。


私も会社員時代は量販店に勤めていたのでわかりますが、
10,000円と9,800円はわずか200円しか違いませんが、
お客様が受け取るイメージはまったく違います。
10,000円は5桁、9,800円は4桁です。
200円の違いでも桁が増えると
高いというイメージになってしまうのです。


かといって、安ければ売れるというわけではありません。
あまりに安いと「何か裏があるのではないか?」
「こんなに安い商品は、粗悪品に違いない」
というイメージを持ってしまいます。


ここが、価格設定の難しいところであり、
おもしろいところでもあります。
わずか100円値下げ(値上げ)しただけで・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
1550本以上用意しています。     

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、11/30あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■もう値下げはさせない!高くても売れる視点とは?

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3712】もう値下げはさせない!高くても売れる視点とは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

 
最近、価格設定について改めて難しいと思うようになりました。
中小メーカーの商品開発コンサルティングを行っていると、
価格決定権は小売が握っていることがほとんどです。
小売業の仕事は一般消費者に、商品を販売することですが、
価格設定にはことのほか敏感です。


私も会社員時代は量販店に勤めていたのでわかりますが、
10,000円と9,800円はわずか200円しか違いませんが、
お客様が受け取るイメージはまったく違います。
10,000円は5桁、9,800円は4桁です。
200円の違いでも桁が増えると
高いというイメージになってしまうのです。


かといって、安ければ売れるというわけではありません。
あまりに安いと「何か裏があるのではないか?」
「こんなに安い商品は、粗悪品に違いない」
というイメージを持ってしまいます。


ここが、価格設定の難しいところであり、
おもしろいところでもあります。
わずか100円値下げ(値上げ)しただけで、
販売数がまったく異なるのです。


しっかりとブランド化ができている企業は、
ここまで微妙な価格設定に苦心しなくても、
お客様は受け入れてくれる可能性は大です。
それを考えると、やはりブランド化できている、
できていないというのは重要なことなのです。


言い換えれば、価格決定権を持つのは
ブランド化できている企業だけで、
ブランド化できていない企業には
価格決定権はありません。
 

============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


とはいうものの、中小企業でブランド化できてないからといって、
指を加えて見ているわけにはいきません。
何らかの手を打たないと、買い手の意のままに
値下げ要求をされることになります。
それにどう対処していけばいいのでしょうか?


はっきり言いますが、
商品だけを価格査定の土俵に乗せて
商談をしても意味がありません。
値下げできない理由が必要だからです。


ポイントは、商品以外の要素で
圧倒的な優位性を打ち出すことです。
商品以外の要素でも、お客様にニーズやウォンツがあるものならば、
それを徹底的に磨いて武器にすればいいのです。
それが、値下げができない理由、
または高い理由となります。


たとえば・・・


=================================================
●競合より高いが、接客が段違いに素晴らしい。
●競合より高いが、アフターサービスが充実している。
●競合より高いが、短納期で納品してくれる。
●競合より高いが、1個でも販売してくれる。
●競合より高いが、商品説明が丁寧で親切だ。
●競合より高いが、何回質問しても笑顔で教えてくれる。
●競合より高いが、返金や返品に応じてくれる。
●競合より高いが、試用期間があるので、納得して購入できる。
●競合より高いが、笑顔の素敵な社員がいる。
●競合より高いが、困った時にはすぐに駆けつけてくれる。
●競合より高いが、ワンストップサービスだから効率的だ。
●競合より高いが、要望を熱心に聞いてくれる。
=================================================


ちょっと考えただけで、
これだけの要素がで出てきます。
このほかにも、
「すぐに支払ってくれる」「365日24時間営業だ」
「ロケーションが素晴らしい」など、
あげればキリがありません。

価格戦略

ですが、なぜこのようなアイデアが出ないのかといえば、
そもそもが考えていない、または真剣に考えていないからです。


現在の価格を「維持したい」「値上げしたい」という場合は、
商品そのもののバージョンアップだけでなく、
このような視点もあります。

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、11/29あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■値下げや割引は、子どもでもできる!(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3693号】値下げや割引は、子どもでもできる!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

「定価販売」と「値下げ販売」。
売り手であれば、値下げ販売は避けたいところです。
定価で販売すれば、しっかりと利益を確保できるからです。
ですが買い手であれば、同じ商品ならば
定価よりも値下げした価格で買った方が得をします。


よる8時過ぎの食品スーパーを想像してください。
鮮魚や精肉などの生鮮食品売場では、
値下げシールが次々と貼られていきます。
値下げの頃合いを見計らって、
来店するお客様もいるでしょう。
運がよければ、「3割引」や「半額」で買うこともできます。


食品スーパーにしてみれば、
このまま売れ残って廃棄するのであれば、
値上げして売れるのならそちらの方がいいという考えです。
とりあえず現金化しておくということです。


売り手にしてみれば、売れ残るのは困りますが、
「売れなかったら、値下げすればいい!」という
気持ちを持っていてはいけません。
商売は、あくまでも定価販売が基本です。
値下げや割引はイレギュラーなことだと認識してください。


そういえば会社員時代、上司にこんなことを言われました。


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
1500本以上用意しています。    

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、10/17あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング