トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

佐渡

■競合がいてもいなくても!

おはようございます!
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
競合がいてもいなくても!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨年の春、初めて
「佐渡市」にお客様ができました。


佐渡市とは、朱鷺(とき)や金山で有名な、
あの佐渡島です。


お客様ができるきっかけは、
ある団体で私が講演をしたことです。


その講演の参加者の中に、
佐渡で会社を経営する社長がいたのです。


それからというもの、毎月1回、
佐渡でのコンサルティングが始まりました。


私が佐渡に初めて行ったのは、
今から7〜8年前のことです。


ある会社の営業同行で、
海産物の加工会社にお伺いしました。


最近では、新潟県(本土の)の小学校の修学旅行は、
佐渡に行くようですが、私が小学校の時は、会津若松でした。


そんなこともあり、約40年もの間、
佐渡に縁がありませんでした。


また、海を渡ることから、
もの凄く遠いというイメージでした。


フェリーだと2時間半ですが、
ジェットホイルだとわずか1時間です。


私の事務所から、佐渡汽船乗場までわずか15〜20分ですから、
2時間もあれば佐渡に行けるのです。


わずか2時間で、
異空間に行けるとは知りませんでした・・・。


さて、佐渡の人口は、
1960年(昭和35年)は11万3000人でした。


ところが、2010年(平成22年)には、
6万2000人です。


50年間で、おおよそ半減したことになります。


そのため、観光にも力を入れており、
音楽イベントの「アースセレブレーション」や
「トライアスロン」なども開催しています。


また、石川県能登地域と共に、
日本初の「世界農業遺産」に認定されています。


世界農業遺産とは、
後世に残すべき生物多様性を保全している
農業上の土地利用方式や景観について、
国連食糧農業機関(FAO)が認定したものです。


参考までに、佐渡のお米の生産量は、
おおよそ60万人分相当になるそうです。


ですから、佐渡の人口の
10倍ものお米の生産量になります。


同じ新潟県なのに、
知らないことが多過ぎますね・・・。


===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


というわけで、約1年間、毎月1回、
佐渡にコンサルティングに行ったのですが、
佐渡ならではのビジネス事例がありました。


佐渡ならではというのは、
「島」ならではということです。


島内の原料を使って、島内で製造して、
島内で消費する分には効率的です。


しかし、島内だけでは調達できないものもあります。
その場合は、船便の交通費が上乗せになります。


先程も紹介しましたが、初めて佐渡に行ったのは、
今から7〜8年前です。


その時は、海産物の加工会社にお伺いしたのですが、
「ネット販売も送料がバカにならないので、ハンデだなぁ・・・」
とおっしゃっていました。


確かにそうです。

佐渡空港

さて、クライアントの社長から、
こんな話しを聞きました。


A社という会社のことです。


このA社は、
島内に競合はほとんどいなかったそうです。


ですから、ほぼ独占に近い商売です。
需要があって競合がいないのです。


このような状態ですから、営業という営業もやったことがなく、
左団扇の経営です。


楽して儲かるとはこのことです・・・。



ところが、ある日、
本土から競合やってきたのです。


競合は、本気で営業をしたそうです。


その結果、わずか1年半程度で、
仕事のほとんどを奪いました。



お客様から、仕事の依頼が来るのが当たり前で、
営業努力をしなかったA社は足元を救われました。



よく考えれば、恐ろしい話しです。


このような状況の地域は、佐渡に限らず、
田舎にいけばまだまだあるような気がします。


外部から侵入してくる競合には、
十分気をつけるのは当然のことですが、
外部から競合が入ってこないようにすることも大切です。


私の尊敬するN社長は、
新潟市で2つの会社を経営しています。


両方とも業績好調ですが、好調でも手を抜くことなく、
不断の努力を続けています。


そして、N社長はこんなことをおっしゃっています。


この地域に、外部から競合が入ってこないようにしたい。
 そのためには、超地域密着経営をおこなって、外部の競合が、
 あの地域はあの会社があるから進出しても無理だ・・・
 と言われるようにならなくてはいけない!」と。


私は、素晴らしい哲学だと思いました。
これにより、この会社は不断の努力を続けています。


競合がいるとか、いないではなく、
「もっともっと、お客様の満足を上げるには、どうしたらいいのか?」
「もっともっと、お客様が幸せになるには、どうしらいいのか?」。


これが大切なことです。


比べるものがなくても、正しい商売道を究めることが、
人間性の向上にも繋がるはずです。



競合に振り回されるのではなく、
お客様と真摯に向かい合ってください。


そこにしか、答えはありません・・・。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之でした。

==============================
次回の更新は、6/4のあさ7:00です
==============================
facebookページ「新潟地域密着ビジネス繁盛会」はこちら
【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■佐渡での学び、短期間で仲良くなる方法とは?

おはようございます


商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください


今朝の社長のためのチャンス創造マネジメントは・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
佐渡での学び、短期間で仲良くなる方法とは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

10月26日に佐渡で初セミナーを開催しました。
タイトルは「お客様を熱狂的ファンにするセミナー」です。


朝10時から夕方5時までの長時間セミナーで、
講師は3人です。


まずは、新潟のfacebook第一人者・内山丈明さん。
次は、仕事の取れる話し方の小紫真由美さん。
そして、リピーター育成担当の私です。

佐渡セミナー

内山さんも小紫さんも素晴らしい内容でした。
その模様を小紫さんがブログで紹介しています。


経営者が目覚める話し方


私は「感謝と喜びの仕組みづくり」というテーマで、
リピーター育成の戦略とプロセスをお話しさせていただきました。


少数精鋭のセミナーで、フレンドリーでありながらも
厳しい部分もある濃い内容のセミナーでした。


参加者の皆様にも、満足いただけたようです。
また、参加者のうち三人とは初対面でしたが・・・


すっかり、仲良しになっていたのが大収穫!
本当に嬉しい出来事でした。

佐渡セミナー

また、以前支援させていただいたクライアントの方も
参加していただいたのですが、意外な一面を見られ、
いっそう距離が縮まりました!


===============================================================
長谷川博之の眼★チャンス創造マネジメントのポイント!
=============================================================== 


実は、今回の佐渡セミナーは合宿でした。
26日は朝10時〜夕方5時まで、みっちり学びの時間。


そして、午後6時以降は、美味しい料理を食べながら、
交流の時間です。そして、カラオケも!


翌27日は、朝食を一緒に食べて、全員で佐渡観光です。
秋の紅葉、佐渡金山、佐渡空港などを満喫しました。


参加者の皆様とは、わずか1日半一緒にいただけです。
ですが、すっかり仲良しになりました。


これは、私の中ではもの凄いカルチャーショックです!
今まで、合宿セミナーの経験がなかったので・・・


そういえば、15年程前のことになります。
当時、新潟市にホテル新潟(現・ANAクラウンプラザホテル新潟)がありました。


社長の小松原金二さんとは、
親しくお付き合いをさせていただきました。


小松原さんが、
こんなことを言っていたのを思い出しました。


人間は、一緒に食事をして、一緒に寝泊りすると
一気に仲良くなるって。



本当ですね。
これって、素晴らしいことです。


この年になって気づきました。
もう癖になりそうです。


セミナーの内容はもちろん大切です。
しかし、初対面の人と仲良くなることも大切です。


そういえば、知り合いの呉服屋さんは、
年一回、お客様と旅行に出かけます。



そういえば、クライアントのリフォーム会社は、
年一回、お客様とバスツアーに出かけます。



そういえば、クライアントの飲食店は、
年一回、取引先と旅行に出かけます。



お客様や取引先との距離を縮めるには、
旅行や合宿をするのはいい方法ですね。



追伸

佐渡での宿泊先&観光案内で「ご縁の宿・伊藤屋」の
伊藤善行さんには本当にお世話になりました。
この場を借りて御礼いたします。

ご縁の宿・伊藤屋

ご縁の宿・伊藤屋

そして、素晴らしい機会をいただいた
内山丈明さん小紫真由美さんに心より感謝いたします。


皆さん、今日もお仕事がんばりましょう!

==============================
次回の更新は、明日あさ7:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■すし屋を考える

こんにちは



商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください



今回の社長のための1分間マーケティングは、
「すし屋を考える」。



先日、近所にある「弁天鮨」に。
昼時だったので、ランチのちらしをオーダーした。

弁天鮨

さすがに、職人のいる本物の鮨は違う!
ダントツに旨い!


そんなことで、
すし屋について考えてみた。


事務所から徒歩1分のところに
回転寿司の「かっぱ寿司」がある。


休日ともなると行列ができる人気店だ。
とにかく安い。老若男女が来店する。


一方、回転すしでも高級回転すし店がある。
新潟市紫竹山にある「函館 函太郎」。


確か看板には、
高級回転すしと書いてあったはず。


私は、佐渡にある「弁慶」という回転すしが好きだ。
最近、新潟市ににも進出してきたが、混んでいるようだ。


回転すし市場は「価格」「味」「ネタ」「品揃え」「サービス」など、
様々な店舗がひしめいている。


一方、職人が握る本物のすし屋は、
残念ながら蚊帳の外なのだ・・・


本物が廃れ、本物をリーズナブル仕様にした
回転すしが栄えた。


これも時代なのだが、消費者目線で言わしてもらえば、
本物のすし屋は意外と安い。


ただ、入りにくいだけなのだ・・・


業界における自社のポジショニングを
俯瞰してみるのも重要です。


【マーケティング戦略のポイント!】
あなたは自社の、業界におけるポジショニングを把握していますか?
ポジショニングは常に変化しています。
次回の更新は、今夜21:00です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング