おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ぬるま湯から脱する方法!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私が創業したのは、
今から12年前の2001年でした。


それまで、約10年間勤めていた会社を
5月20日付けで退社し、
7月に個人事業主として独立しました。


「経営企画室ハイ・コアーズ」という屋号でした。


会社員時代から、マーケティング企画や
販売促進ツールの作成などを副業でやっていましたし、
月額2〜3万円で顧問契約していたお店もありました。


だから、独立しても大丈夫だと
思った方もいらっしゃると思いますが、
とはいうものの家族4人が食べていくには、
まるで稼ぎが足りませんでした・・・。


そんなことで、毎日が崖っぷちのの状態でした。


手当たり次第に、
友人や知人に独立したことを伝え、
FAX-DMを送ったり、
苦し紛れにメールマガジンも発行しました。


できることは、何でもやりました。


まだ37歳だった私は、気力も体力も十分で、
どん底から這い上がりたいという
ハングリー精神に満ちていました。


メールマガジンを発行し始めてから1ヵ月後、
メールマガジンを読んだ大手出版社の編集者から
オファーがありました。


そして、2002年9月に、
「あなたの思い通りにお客さんを買う気にさせる法」
を上梓しました。


その後は、クライアントも増え続け、
一時は1日に3社のコンサルティング
をおこないました。


このように業績好調な状態が数年も続くと、
営業の努力はしなくなりますし、
ましてやチャレンジ精神もなくなってきます。


むしろ、そんなことよりも、
いかに現状維持できるかに
力注ぐようになっていました・・・。


これは、いけないと思い、
新潟県三条市から新潟市に事務所を移し、
新潟市のクライアントを
ゼロから開拓する決心をしました。


これが、2006年の暮れでした。


そして、昨年からは、「商いは門門(あきないはかどかど)」
という月刊誌もリリースしました。


=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


このような私自身の経験を踏まえて言えることは、
マンネリや現状維持の先には、
衰退しかないということです。


常に、新しい商品やサービス、
新しい営業や販売を考えなければ、
売上や利益の成長も組織文化の成長もありません。


さて、東京の府中市に、
「株式会社エーワン精密」という、
カムやコレットチャックを製造している会社があります。


エーワン精密は、
カムやコレットチャックの業界では超有名です。


その理由は、創業以来30数年間、
経常利益率は35%超を維持しているからです。

エーワン精密
















また、エーワン精密は、
コレットチャックとカムで圧倒的な強さを誇っています。


コレットチャックと言う、
工作機械のNC旋盤などの部品では、
何とシェアは60%です。


ほとんど独占状態といっても過言ではありませんね。


このエーワン精密ですが、
電話やFAXで次々と注文が入るので、
わざわざ営業する必要がありません。


傍から見ていると、何とも羨ましい限りですが、
当のエーワン精密はこれが大きな悩みだったのです。


エーワン精密の創業者で代表取締役相談役の
「梅原勝彦(うめはら・かつひこ)」さんは、
創立30周年の2000年、こんなことを考えたそうです。


経営の世界には、
「会社の寿命30年説」というものがあります。


これは一般的な話しですが、
経営が安定期に入った会社からは、
創業時の活力がなくなり、
社員は新しいことに挑戦しなくなるそうです。



そして、次第にマンネリに陥り、
会社は衰退していきます。


この周期がだいたい30年だから、
「会社の寿命30年説」なのです。


ましてやエーワン精密のように、
営業をしなくても次々と注文が入れば、
新しいことをしようなんて考えません・・・。


営業をおこなう必要性がないからです。


わざわざ営業経費を使ってまで
無理をしなくても良いという意識が根づきます。


梅原相談役は、そんなことを考えながら、
自社を見つめ直しました。


結果は、例に漏れず自社もマンネリ化していたそうです。


そこで、マンネリ化した社風を打破しようと、
カムとコレットチャック以外の分野に
挑戦することに決めました。


カムとコレットチャクに関係することで、
シェア1位を取れそうな市場をリサーチしたら、
切削工具の刃物の再研磨がありました。


切れなくなった刃物の研ぎ直しです。

 
刃物の再研磨市場は競合は多かったのですが、
大手は少なく、ほとんどが中小企業で、
しかも力を入れている会社はなかったそうです。



この市場ならば、同じ中小企業でも
資本力に勝るエーワン精密が、
本気になれば勝てると思ったそうです。


エーワン精密は、この新規事業によって、
創業時のハングリー精神を取り戻すことができました。


新規事業を立ち上げる目的にも、
いろいろありますね。

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、2/11あさ7:00です
==============================
facebookページ「新潟地域密着ビジネス繁盛会」はこちら
【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                 
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください