トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

予告

■予告があるなしで結果は変わる!(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3821号】予告があるなしで結果は変わる!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

営業は何年やっても、
お客様や見込客との初対面はとても緊張します。
たとえば、あなたのもとに
テレアポの電話がかかってきました。
興味深い話しだったので、
一度会うことにしました。


このような場合、
電話なので相手がどのような様子なのか、
どのような表情なのかは、
まったくわかりません。


まったくわからないということは、
とても不安になります・・・。


少しでも相手の情報があれば、
いくらか安心するのですが、
まったく情報がないというのは
不安は大きくなるばかりです。


実は不安なのは・・・



  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、08/9あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■予告があるなしで結果は変わる!

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3821号】予告があるなしで結果は変わる!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

営業は何年やっても、
お客様や見込客との初対面はとても緊張します。
たとえば、あなたのもとに
テレアポの電話がかかってきました。
興味深い話しだったので、
一度会うことにしました。


このような場合、
電話なので相手がどのような様子なのか、
どのような表情なのかは、
まったくわかりません。


まったくわからないということは、
とても不安になります・・・。


少しでも相手の情報があれば、
いくらか安心するのですが、
まったく情報がないというのは
不安は大きくなるばかりです。


実は不安なのは、
あなただけではなく、
相手も同じなのです。


お互い不安を抱えたままでの商談は、
打ち解けるのに時間がかかる場合があります。
では、どうしたらいいのでしょうか?


たとえば、
約束の日までに、
あなたの情報を相手にお知らせできれば、
相手もある程度不安を
解消することができるでしょう。


何も情報がないから不安になるのですから、
解決策はいたって簡単です。


もう数年前のことになりますが、
新潟県長岡市でも有名な
会社の社長とアポを取りました。
会社は有名だったのですが、
社長の情報はほとんど持っていませんでした。


私がそうなのですから、
相手は私の情報など
何も知らないに決まっています。
そこで私が考えたのが
「予告ハガキ」です。


このハガキには、
私の会社の業務内容や強みはもちろんのこと、
私の顔写真も載っています。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 

そのほかにも、
見ず知らずの私に会っていただける
という御礼の言葉も書きました。
数日後のアポ当日、
私は待ち合わせの場所に向かいました。


そして、それらしき人物に、
「失礼ですが、〇〇社長でらっしゃいますか?」
と尋ねると、
「そうですが、長谷川さんですね」と。


この社長の手に目をやると、
私が数日前に出した
ハガキを持っていました。
恐らく、私の顔写真が載っていたので、
すぐわかるようにと
持ってこられたのでしょう。


もし、このハガキがなかったら、
私とこの社長との出会いは、
どうなっていたでしょうか? 


お互い顔がわからないままですから、
とても不安だったに違いありません。
「一体、どんな人なんだろうか?」と。

予告ハガキ

このように「予告」をすることによって、
相手の気持ちを随分と
安心させる効果があります。


たとえば、あなたのお店が
既存顧客に新商品の提案するとします。
通常であれば、既存顧客に電話をしたり、
ダイレクトメールでチラシを送ったりと、
売り込みをします。


もちろん、これでも構わないのですが、
そもそも売り込みの電話をしたり、
チラシを送るとお客様は自己防衛本能から
拒絶反応を起こします。


そこで、いきなり売り込むのではなく、
事前に予告をする方法があります。
少し手間はかかりますが、
この新商品を購入してほしい
既存顧客に対して
一人ひとりハガキを書きます。


内容は、
「近いうちに〇〇様におすすめする
新商品のご案内をさせてもらいたいと思います。
つきましては、少しだけお時間をいただけたら幸いです。」
といった文面です。


まさに予告です。


これを読んだ既存顧客は、
「近いうちに、新商品の提案をしにやってくるんだな・・・」
という心構えができます。


顧客の心の中に、
この心構えを作ってもらうのが
非常に重要です。


売り手の多くは、
顧客に心構えをさせないで、
いきなり売り込みをしてしまいます。
これでは拒絶反応しても
何ら不思議ではありません。


相手に決心をさせたり、
行動を促すような場合は、
事前にその予告をすることは
ことのほか重要です。


もの凄く簡単なことなのですが、
意外とできていません。

  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、08/8あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■自己防衛心理を和らげる方法とは?

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3349号】自己防衛心理を和らげる方法とは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先日、数年来お会いしていない方から、
ファックスが2枚届きました。


何年かぶりだったので、
懐かしい反面、少し戸惑いました。


内容は、セミナーの案内でした。


1枚目は手書きのFAX送付状でしたが、
このセミナーがいかに素晴らしいのか、
受講することのメリットなどが書いてありました。


この段階で、
何か変だと直観で思いました。


手書きということで、
一見、私だけに宛てた文面のように見受けられました。


文面の冒頭には、
私の名前は書いてありますが、
本文には私とこの方だから通じる
パーソナルな情報は何ひとつ書いてありませんでした。


誰にでも通用する
事務的な文面だったのです。


だから、おかしいと思ったのです。


これでは、まったく手書きの意味がありません。
少なくとも、何年かぶりに連絡したというような
文面ではないのです。


恐らく、FAX送付状だけを大量コピーして、
文面冒頭の宛先だけを一人ひとり
書いたのだと思います。


Wordの機能「宛先の差し替え」の
手書き版といった感じです。


手が込んでいます。


「私だけに書いてくれた」
と思った人も多いことでしょう。


このように、
何年ぶりかにコミュニケーションを取る場合は、
セミナーに誘うにしても、いきなり誘うのではなく、
その前にメールや電話で
「ご無沙汰していること」「近況」などを伝える
ワンクッションのコミュニケーションがあった方が、
流れとしては自然です。
 
  
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 


このように、何かを売るにしても、
重要なことを伝えるにしても、
アポを取っていきなり話しを切り出すのではなく、
事前に「来週、このような案内をさせていただきます」
「来月、大切なことをお伝えします」
というように予告をしておくと、
相手の自己防衛心理を和らげることができます。


自己防衛心理とは、
人間は、予告もなくいきなり売り込まれると、
買いたくないという心理になります。


ズカズカと勝手に心の中に入り込まれたような
気持ちになるからです。


ですから、
反発しなければいけない
という気持ちになります。


これは、ごくごく当たり前の心理です。


よくテレビなどで、
映画の予告CMをやっていると思いますが、
あれも同じような効果があります。


封切り直前から宣伝を始めるのではなく、
1ヶ月前くらいから予告宣伝をやると
自己防衛心理を和らげることができます。


私も以前は、
いきなり売り込んでいたこともありました。


たとえば、知り合いの経営者に、
セミナーの案内をダイレクトメールや
ファックスで送っていました。


最近は、いきなりではなく、
ワンクッション置くようにしています。


セミナーを開催する場合は、
チラシやホームページで告知する前に、
「来月の○月○日に○○のセミナーをやります。
○○さんのような商売をやっている方には、
大変役に立つと思います。
また、チラシが完成したら渡しますね。」
などと事前予告を口頭や電話でします。


これにより、相手の心には、
「来月の○月○日に、○○のセミナーがある」
という心理的な空白ができます。


そうすると、どうしても
心理的空白を埋めようという状態になります。


ですから、チラシが完成して渡した時、
「これが先日言っていたセミナーか・・・」
という気持ちになり、
心理的空白を埋めるためにセミナーの情報を
積極的に吸収します。


クイズを出されて、なかなか答えがわからないと、
早く知りたいという心理になります。


先のセミナーに関していえば、
事前予告はクイズでチラシはクイズの答えのようなものです。


このように、いきなり本題を話すのではなく、
まず事前予告をすることによって、
相手に本題を受け入れるための
心理的空白ができます。


これにより、自己防衛心理は和らぎ、
あなたの提案を受け入れる準備が
できた状態になります。


同じことを話しても、
事前予告をしないで話すのと、
事前予告をして話すのでは
まるで相手の反応が違うということなのです。


このワンクッションを入れることによって、
お互いコミュニケーションストレスが軽減しますね。
 
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、7/30あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング