トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

中小企業病

■中小企業病にかかっていませんか?

おはようございます!
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
中小企業病にかかっていませんか?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

売れっ子飲食コンサルタントの
河野祐治さんをご存知でしょうか?


飲食業界では、
カリスマコンサルタントです。


この河野さんのブログ「飲食コンサルタントの独り言」に、
素晴らしい記事がありました。


「損切りは前向きな選択肢」という記事です。


河野さんは、立地の悪さや現状に対する悲観的な意見が多い
クライアントに対して、このような提案をしたそうです。


「まずは大前提として、撤退するのか、 
 撤退せずにこのまま収益改善に取り組むのか、
 それを先に決めましょう。」と。


撤退しないなら、退路を断つしかありません。
撤退するのなら、早い方がいいでしょう。


いずれにせよ、
覚悟を決めてやらないと成果は出ません。


そして、河野さんは、撤退は後ろ向きな戦略ではなく、
立派な前向きな戦略の1つだとおっしゃっています。


損切りは前向きな選択肢



実は、私自信も数年前に、
リサーチ事業から撤退した経験があります。


20代の頃にも、あるビジネスから
撤退した経験があります。


しかし、中小零細企業の経営者は、
なかなか撤退の決断ができない人が多いようです。


社員の生活もありますし、経営者自身ががんばれば、
何とか再建できそうな気もします。


そして、撤退するには、勇気もパワーも必要です。
何より、カッコ悪いですし・・・


大企業ならば、事業の撤退に関しては、
一定のルールがあると思います。


そして、経営者が間違ったことをやると
株主が黙ってはいません。


しかし、中小零細企業は、経営者自身がルールです。
一歩間違うと、経営者は裸の王様です。


あなたは、裸の王様になっていませんか?


===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


中小企業同友会全国協議会会長で、
株式会社エステム代表取締役会長の鋤柄修さん(すきがら・おさむ)は、
こんなことをおっしゃっています。


中小企業病


「大企業病」は、頻繁に聞きますが、
「中小企業病」は聞いたことがありませんでした。


中小零細企業は、経営者のもの凄く強い想いで、
創業されることが、ほとんどです。


つまり、中小零細企業の経営者は、
それだけ社内では、絶大な力を持っています。


また、大企業とは違って、社会的な目で見張られていたり、
株主に評価されることも、まったくありません。



よく言えば、強烈なリーダーシップです。
悪く言えば、経営者の好き放題です。


売れる根拠がないのに、
あなたの一声で商品を開発していませんか?



あなたの好き嫌いや趣味趣向で、
社内の物事が決まっていませんか?



以上のように、中小零細企業の経営者は、
裸の王様になる可能性がひじょうに高いのです。


そのような環境に、
毎日、身を置いています。


これが、「中小企業病」です。


中小零細企業の経営者なら、
誰でも心当たりの節があるはずです。


当然、私もあります。


気づいてはいませんが、
好き放題やっている時もあると思います。


中小零細企業の経営者は、中小企業病にかからないように、
常に自分を律していなければいけませんね。


===============================
あなたの意思決定は、
お客様を幸せにしていますか?

===============================
あなたの行動は、
お客様の喜びに繋がっていますか?

===============================
あなたの発言は、
お客様を笑顔にできますか?

===============================
あなたの考えは、
お客様に夢を与えていますか?

===============================


「お客様」という言葉を
「社員」という言葉に、置き換えてもOKです。


お客様という言葉を
「地域」という言葉に、置き換えてもOKです。


一日に一回は、自分自身に、
このようなことを言い聞かせるようにしています。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之でした。

==============================
次回の更新は、明日あさ7:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■あっち立てれば、こっち立たず・・・

おはようございます!



商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください



今回の社長のための1分間マーケティングは
「あっち立てれば、こっち立たず・・・」。



社長というポジションは、
何とも矛盾に満ちています。


基本的には、会社のトップですから、
自分の好き勝手に経営ができます。


これを「中小企業病」とよんでいます。


しかし、これでは組織に悪い気が蔓延してしまいます。
社員がイキイキと仕事をしないでしょう。


また、裸の王様になってしまう
社長もいるでしょう。


そこで、利口な社長は、
できるだけ社員の意見を集約しようとします。


しかし、ここでも悩みが出てきます。
右が良いという社員、左が良いという社員、真中が良いという社員。


色々な考えの社員がいます。
簡単に一つの方向性に決まりません。


あっち立てれば、こっち立たずなのです・・・


まさに、矛盾を解決するのが、
社長の仕事だと言っても過言ではありません。


そもそも、組織は矛盾を孕んでいます。
その矛盾をどう解決し、一つの方向にまとめていくのか?


矛盾との戦いですが、
最後の決断は社長しかできないのです・・・


だから、社長の経営哲学や会社の経営理念が、
重要になってくるのだと思います。


【マーケティング戦略のポイント!】
あなたは、矛盾とどう向き合っていますか?
また、どうしても譲れないという経営哲学はありますか?
次回の更新は、本日お昼12:00です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■中小企業病に注意!

ぜひワンクリッ クを!皆さんのワンクリックがパワーになります!
 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほ んブログ村コンサルランキング参加中


こんにちは!


商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プロフィールはこちらをご覧ください


今回は、「中小企業病に注意!」。


相変わらず、トヨタのニュースが世間を騒がせている。
大企業病なのか、その対応の遅れを指摘する声が多い。


が、他人のことと笑ってばかりはいられない。
実は、「中小企業病」もあるのだ。


中小企業病は、中小企業同友会全国協議会会長で、
株式会社エステム代表取締役会長の鋤柄修氏の言葉。


そもそも中小企業は経営者の強い想いで創業されることが多い。
それだけ社内では絶大な力を持っている。
また、大企業とは違い、社会的な目で見張られている
ということもまったくない。


言ってみれば、経営者の好き放題にできるのが中小企業。
売れる根拠がないのに経営者の一声で商品が開発されたり、
経営者の好き嫌いで物事が決まることが多い。


つまり、中小企業の経営者は裸の王様になる可能性が
ひじょうに高いのだ。


これが、「中小企業病」。


思い当たる経営者も多いはず。
私もだ…


常に自分を律していなければいけない。


【マーケ ティングのポイント!】
あなたの会社は中小企業病にかかっていませんか?
今すぐチェックを。


↓↓↓↓↓↓↓ぜひワンク リックを!応援ありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村


今 日もあなたの商売が繁盛しますように♪

ここで、私の一日の行動がわか り ます!Twitterです


↓↓↓『売上&利益アップを 本気で考えるなら』こちらもご覧ください↓↓↓
商品開発力・ 営業力・マーケティング力強化の株式会社リ ン ケージM.Iコンサルティ ングは『中 小 企業のビジネスチャンスを創造』します!
石
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング