トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

中小企業家同友会

■教育から共育へ!立場を超えた学び合いを(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3782号】教育から共育へ!立場を超えた学び合いを(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

私の所属する新潟県中小企業家同友会では、
「共育(きょういく)」という言葉が使われます。
通常は、「教育」なのでしょうが、
中小企業家同友会では「共育」という言葉を使います。


教育と共育の違いは、教育とは
「教え育てること。知識,技術などを教え授けること。
人を導いて善良な人間とすること。」とあります。


共育とは
「親・教師・学校など教育権を持つ主体だけでなく、
多様な立場や領域の人や組織が連携して教育を担うこと、
あるいは教育・養育・指導を行う側と受ける側が
ともに学び成長すること、などを意味する造語。」とあります。


愛知中小企業家同友会のホームページによれば・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
1750本以上用意しています。      

  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、5/10あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■教育から共育へ!立場を超えた学び合いを

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3782号】教育から共育へ!立場を超えた学び合いを
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

私の所属する新潟県中小企業家同友会では、
「共育(きょういく)」という言葉が使われます。
通常は、「教育」なのでしょうが、
中小企業家同友会では「共育」という言葉を使います。


教育と共育の違いは、教育とは
「教え育てること。知識,技術などを教え授けること。
人を導いて善良な人間とすること。」とあります。


共育とは
「親・教師・学校など教育権を持つ主体だけでなく、
多様な立場や領域の人や組織が連携して教育を担うこと、
あるいは教育・養育・指導を行う側と受ける側が
ともに学び成長すること、などを意味する造語。」とあります。


愛知中小企業家同友会のホームページによれば、
共育には6つのレベルがあると記されています。


=================================================
第一、経営者同士の育ち合い・育て合い
第二、人を生かす経営を実践することにより、社員を、
      人間的魅力を持った専門家として育てていく。
第三、社員と社員が共に育ち合うという関係
第四、社長と社員が共に会社を育て上げる
第五、会社と共にユーザー・取引先が成長する
第六、地域社会と共に会社が育つ
=================================================


結局のところ、教える立場と教えられる立場を超越して、
学び合うということに尽きると思います。
つまり、あらゆる人から学ぶことができるということです。
 
 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 

実際、何かを習得するのに一番効果的なのは、
教えられるだけでなく、教えられたことを誰かに教えることが
いいと言われています。
つまり、インプットしたら必ずアウトプットすればいいのです。


ブログやSNSで情報発信するのもひとつの方法です。
これは、物事をマスターして、
成長するためのシンプルなコツです。


先日、「教学(きょうがく)」という考え方があることを知りました。
教学とは、学び教えることを指します。
自分のことを振り返ってみても、学びと教えることのバランスが良い人というのは、
なかなかいないような気がします。


私はコンサルタントという仕事柄、
お客様に教えることを期待されます。
ですが、それだけでは大変バランスの悪い仕事になってしまいます。


そこで私の場合は、
書籍、ブログ、メルマガ、SNS、テレビ、ラジオ、
新聞、セミナー、人などから情報収集を行います。
そしてこれ以外にも、生きた情報を収集できる場があります。
それは、お客様です。


私は、お客様の会社へコンサルティングで訪問します。
そこでは、業績を上げるために取り組んだ
活動の成果をヒヤリングします。
そして、成果に対して、
今後どのような取り組みをするのかを明確にします。


いわゆる、マネジメントの
「PDCAサイクル」を回しているのですが、
これが一番の情報となります。


ですから、大量の情報を日々インプットしています。
これだけだと、バランスの悪いコンサルントです。


ですが、
「本誌(商いは門門)でのアウトプット」
「ブログでのアウトプット」
「動画でのアウトプット」
「SNSでのアウトプット」
「お客様へのアウトプット」など、
大量のアウトプットも行っています。

教学


私たちは、仕事を高めるために、多くの本や賢人の話しを聴いたりしますが、
ただ読んだり聴いたりしただけでは、
まだ真の学問ではないというのが教学の考え方です。


やはり、学んだあと人へ教えることによって、
学ぶ難しさも教える難しさも知ることになります。
それで初めて、実学と云えるという話しを聞いたことがあります。
実学とは、実際の生活や経営に役立つ学問です。

  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、5/9あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■会議におけるリーダーの役割とは?(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3770号】会議におけるリーダーの役割とは?(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

もう一年以上前のことになりますが、
5Sで有名な枚岡合金工具の古芝会長の
セミナーに参加しました。
私にとって、人生初の5Sセミナーです。


3時間のセミナーでしたが、
聞きっぱなしではなくグループワークもあり、
充実したセミナーとなりました。


セミナーでよくあるグループワークは、隣の人と組になり、
「お隣の方と感想を言い合ってください」とか
「お互い自己紹介をしてください」などです。
これはこれで、緊張します。


初めて会う人同士が、お互い見つめ合っているのが、
気不味い雰囲気を醸し出します。
お互いが口数が少ない人同士だったら最悪ですが、
何となく盛り上がるものです。
私の経験から、セミナーに参加する人は、社交的な人が多いですし、
話し下手という人は少ないようです。


さて、冒頭の5Sセミナーのグループワークですが・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
1700本以上用意しています。      

  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、4/12あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール
応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング