トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

三笠製作所

■見積もりは速さだ!

商いは門門バナー2013.05











おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3170号】見積もりは速さだ!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先日、ある会社に
見積もりを依頼しました。


見積もりと言っても、正式なものではなく、
商品の簡単な内訳と大よその金額がわかる、
概算見積もりを依頼しました。


概算見積もりを依頼した理由は、


,海両ι覆硫然覆まったく
 検討がつかなかったので相場を知りたかった
▲ライアントに提示するために
 大よその価格を一刻も早く知りたかったからです。


このくらいの条件だと、
大よそこのくらいの価格に
なることがわかればOKでした。


とはいうものの、概算見積もりが
やりにくい業種もありますし、
仕事の規模によっては時間がかかるものもあります。


たとえば、印刷物などは、
その最たるものだと思います。


一概にパンフレットを作ると言っても、
「ページ数」、「印刷部数」、「色数」、
「紙の種類と厚み」、「表面加工」、「折り加工」、
「納期」などで、価格は雲泥の差になります。

ですから、一般的な価格がない
といっても過言ではありませんし、
概算見積もりもあってないようなものです・・・。


印刷会社の見積もりで、
思い出したことがあります。


今から20年近く前の話しです。


当時、私は新潟県三条市にある
量販店のマーケティング関連の部署に
勤めていました。


販売促進なども一手に引き受けていましたから、
印刷会社の営業担当者とは、
毎日のように会っていました。


1日に3〜4回会うことも、
珍しくありませんでした。


当時、取り引きのあった印刷会社は、
新潟県三条市で一番大きな印刷会社でした。


ある日、営業担当者から
こんな話しを聞きました。


「ウチの会社、今度コンサルタントの
指導を受けることになったんですよ。
営業が中心なんですが気が重くて・・・」と。


その頃の私は、
「マーケティング・コンサルタントに
なれたらいいなぁ・・・」と思っていました。
 
 
=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


興味津々の私は、
「どこのコンサルタント会社ですか?」
と聞きました。


すると・・・、
世界で唯一上場しているコンサルタント会社
「F総研」とのことでした。


当時、私は、F総研のF社長の本を
読みあさっている時期でした。


俄然、興味がわいてきたのです。


その後も、この営業担当者からは、
F総研のコンサルティングの話しを聞きました。


その中で、一番印象に残っているのは、
見積もりのことでした。


F総研は、クライアントの印刷会社が、
どの程度の実力があるのかを確認するために、
抜き打ちで見積もり依頼をするそうです。


もちろん、電話です。


抜き打ちでの見積もりの意図は、価格がどの程度で、
商圏内での価格競争力はもちろんのこと、
見積もりのスピードも重要視しているとのことでした。


確かに価格も大切なのですが、
それ以上にスピードも大切です。


お客様が、見積もりを1社だけでなく、
数社に依頼している場合はなおさらです。


これは、よく言われることですが、
見積もりを1番最初に提出した企業は、
もう1回チャンスが回ってくると言われています。


たとえば、BtoB(企業間取引)であれば、
一般的には見積もりを同じ条件で
数社に依頼します。


このような場合ならば、
極端に価格差がなければ、
全社から見積もりが出揃った段階で、
一番速く見積もりを提出した企業に、
もう1度声をかける可能性が高いのです。


つまり、価格は2番目だったけど、
見積もりが速かったので、
もう一度チャンスをやろうということなのです。


人間のやることなので、
どうしても行動が遅い企業よりも、
行動が速い企業にやる気を感じてしまいます。


また、一番速く見積もりを提出した企業は、
いち早く見積もりのフォローをすることも可能です。


見積もりはメールで送って、
その後、メール到着の確認電話をします。


その際、見積もりの詳細説明をするという理由で、
アポを取り訪問ということも可能です。


ここまで、見積もりのフォローができれば、
成約できる可能性は一段と高まります。


さて、制御盤の設計・制作・メンテナンスを
おこなっている「三笠製作所」では、
迅速対応をウリにしています。


制御箱、制御筐体、制御キャビネットであれば、
最速30分で見積もり回答が可能、
制御盤の配線、組付け、検査の見積もりは、
30分から1日で見積もり回答が可能だそうです。


一年を通じて、見積もり期限を
約束できることが素晴らしいと思います。


しかも、商品や製品の納期ではありません。
見積もりです。

そこが凄いところであり、
見積もりのスピードがいかに大切かが
わかっている企業なのだと思います。


たいていの企業は、
暇な時期であれば迅速に対応できますが、
忙しい時期は無理だということになります。


だから納期などに関しては、
公に謳うことができないのです・・・。


この三笠製作所ですが、
見積もりの読み方をサイトで解説していました。


「板金費、部品費、制作費とは何か?」
などが説明されています。


こうなると、見積書は
立派な営業マンですね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、6/7あさ7:00です
==============================

商いは門門バナー2013.05











【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■価格を超えるものとは?

おはようございます!


地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください


今日の「感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
価格を超えるものとは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

東京都府中市にある
「エーワン精密」という会社をご存知でしょうか?


エーワン精密は、コレットチャックでシェア60%を誇ります。
コレットチャックとは、工作機械のNC旋盤などの部品です。


そして、注目すべきは、エーワン精密は、
創業以来三十数年間、経常利益率は35%超をキープしています。


コレットチャックという部品は
品質での差別化はひじょうに難しいそうです。


そこで、エーワン精密は、
「納期」で差別化を図りました。


競合が、通常1週間〜2週間かかるところ、
1〜3日で納品できます。


しかも、当日の午後3時までに受けた注文の
7割が当日出荷です。


価格は、決して安い方ではなく、
「中」ということです。


エーワン精密


さて、次は、
愛知県にある「三笠製作所」です。


三笠製作所は、制御盤の設計・製造・販売を
おこなっています。


年商約4億円、社員16名の小さな製造業ですが、
次々と業界初の取り組みに挑んでいます。


たとえば、制御版のトラブルは、24時間対応します。
ですから、夜中のトラブルでも安心です。


愛知・岐阜・三重・静岡・滋賀で、片道3時間以内の地域ならば、
3時間以内に現場にかけつけます。


凄い、機動力です。
さらに、50万円以下の見積りは、当日発行です。


とにかく、スピーディで、
即対応するのが、大きな特徴です。


三笠製作所



以上は、全国を相手にしている、製造業2社の事例ですが、
このスピードは、見習うべきものがあります。


地域密着ビジネスでも、スピードは命になります。
あなたの会社では、スピードに注力していますか?


===============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
===============================================================
私が動画で解説しています!


約6〜7年程前、ネットで、
引越しサービスの一括見積もりを依頼しました。


ネットだけあって、スピードがありました。
その日のうちに、数社からメールで見積もりがきました。


そして、その中の1社だけが、
翌日に電話をかけてきたのです。


電話の内容は、お伺いして、
正式な見積もりを出させてほしいという旨でした。


早速、アポを取りました。


数日後、引越し会社の営業マンがやってきて、
引越し荷物の詳細を調べ、正式な見積もりを
その場でいただきました。


価格を見ると、一括見積もりをした
ほかの数社の方が安かったのです。


しかし、ほかの引越し会社は、電話をかけてくることもなく、
一括見積もり時のわずか1回のメールだけでした。


メール後のスピーディな電話とアポは、見事でした。
ほかの会社との違いに、感動した記憶があります。


時に、スピードは、
価格を超える場合があります。



提案、見積もり、納期、メンテナンス、トラブル対応など、
あらゆる仕事には、期限や時間はつきものです。


問題は、期限と時間をどのように捉えるかです。


お客様は、「急がないよ!」と言います。
しかし、本当なのでしょうか?


急がないと言っても、
いつでもいいということではありません。


早いに、越したことはありません。


特に、地域密着ビジネスは、
スピードを意識しなくてはいけません。



なぜならば、小さな商圏で、
ビジネスをおこなっているからです。


そして、「鉄は熱いうちに打て」の諺通り、
お客様の気持ちが盛り上がっているうちに、
レスポンスをすべきです。


見積もり依頼をした3日後ならば、
まだまだ買う気満々でしょう。


しかし、7日後では、
買う気はかなり低くなっています。


そして、あなたの会社やお店に、
不信感を抱き始めます。


提案、見積もり、納期、メンテナンス、トラブル対応など、
あらゆる仕事のスピードを考えてみましょう。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之でした。

==============================
次回の更新は、明日あさ7:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■掟破りの中小製造業

ありがとうござ います、ぜひワンクリックを!
皆さんのワンクリックがパワーになります!
 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
にほんブログ村コンサルランキング参加中


こんばんは!


商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プロフィールはこちらをご覧ください


今回は、「掟破りの中小企業」。


愛知県丹羽郡に「三笠製作所」という中小製造業がある。
制御盤の設計・施工をおこなっている会社だ。


何が凄いのか?
一般的に営業力の弱い中小製造業とは思えない程、
凄い営業戦略を駆使している。


ホームページを見ていただければ分かるが、
まずは、月1回「無料技術セミナー」を開催している。
毎回20人を超える人が参加するようだ。


制御盤関係の「無料小冊子」も配布。
当然、ニュースレター「制御盤新聞」も配布。
さらに、「キャラバンカー」でデモもおこなう。


そして、
●24時間・365日電話受付、サービスコールに対応
●3時間以内に現場到着、片道3時間エリアはすぐに駆けつける
●納品した制御盤は3年間保証


凄い!
しかし、本当に凄いのは、
これだけのホームページを開設していることだ。


株式会社三笠製作所
制御盤コストダウン.com
制御盤小型化.com
制御盤海外規格.com
制御盤設計.com
中国力.com
予知保全.com
制御盤クーラー.com
設備安全.com
制御盤基本作業.com
制御盤通販.com
制御盤.com


以上の他にも、「社長ブログ」も。


もう、脱帽!製造業の掟破りだ!
まだまだ、アナログでの営業戦術も駆使していそうだ。


ここまで、徹底的にやっていることに拍手!


【マーケ ティングのポイント!】
あなたの会社でやっていない営業戦術は無数にあります。
業界の慣習に囚われないで、ガンガンチャレンジしましょう!


↓↓↓↓↓↓↓ぜひワンク リックを!応援ありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


今 日もあなたの商売が繁盛しますように♪

ここで、私の一日の行動がわか り ます!Twitterです


↓↓↓『売上&利益アップを 本気で考えるなら』こちらもご覧ください↓↓↓
商品開発力・ 営業力・マーケティング力強化の株式会社リ ン ケージM.Iコンサルティ ングは『中 小 企業のビジネスチャンスを創造』します!
石
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング