トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

ミス

■すべての人が見逃してしまうことも・・・(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3959号】すべての人が見逃してしまうことも・・・(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


1年に1回か2回、
ありえないようなミスが発生することがあります。
弊社の取り扱いサービスの中では「営業ツールの作成」です。


私は、元々チラシ屋です。
多い時は、年間200枚くらいの
チラシ作成に携わっていました。
自ら「企画」「原稿作成」「撮影」「デザイン」までやったものから、
部下が作成したものを監修したものまであります。


営業ツールにおけるミスというのは
「誤字」「脱字」「画像の間違い」などです。
そして、稀ではありますが・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
2000本以上用意しています。 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/7あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■すべての人が見逃してしまうことも・・・

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3958号】すべての人が見逃してしまうことも・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


1年に1回か2回、
ありえないようなミスが発生することがあります。
弊社の取り扱いサービスの中では「営業ツールの作成」です。


私は、元々チラシ屋です。
多い時は、年間200枚くらいの
チラシ作成に携わっていました。
自ら「企画」「原稿作成」「撮影」「デザイン」までやったものから、
部下が作成したものを監修したものまであります。


営業ツールにおけるミスというのは
「誤字」「脱字」「画像の間違い」などです。
そして、稀ではありますが、
チラシに載ってなければいけない情報が
載っていないなんてこともあります。


このように、大小様々なミスが
つきものなのが営業ツールなのです。
ホームページなどのデジタル媒体であれば、
間違っていても修正すればことなきを得ますが、
紙媒体となるとそうはいきません。


1回印刷したものは、
簡単に修正というわけにはいかないのです。
修正は簡単にできますが、
再び印刷しなければいけません。
印刷コストも2倍かかります。
ですから紙媒体はデジタル媒体に比べて、
大きなリスクを背負っているのです。


デザイン業界や広告業界に
携わった人ならばお分かりだと思いますが、
考えてもいなかったことが起こるのがこの業界です。
そして、ミスが発覚した時の驚きとドキドキ感は、
血圧が一気に上昇するのが自覚できます。
体にはよくありません・・・。
もう二度とこんなことは味わいたくないと思います。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


たかがチラシなのですが、
間違いは致命的になる可能性があります。
たとえば、価格の間違いです。
ゼロがひとつ足りなかったなんていう、
嘘のような本当の話しもあります。
ですから校正作業には、何人もが関わって、
ダブルチェック、トリプルチェックを行います。
ですが、それでも間違う時は間違うのです。


私の経験では、
1枚のチラシを6人で
校正したことがありますが、
それでも間違いを発見できなかったことがあります。
見逃す時は、
何人関わっても見逃してしまうのです。

校正

製造業では、よく「不良率」が問題になることがあります。
「不良率をいかにして下げるか!」をテーマにしている
製造現場もあるようですが、
不良率が低いからといって安心してはいけません。
問題は不良数です。


その理由は、いくら不良率が低くても、
不良数がゼロになったわけではないからです。


さて、つい2ヶ月前のことですが、
久しぶりにチラシでミスをしてしまいました。
お客様と弊社で校正が終わり
「これでOK!」ということになりました。
専門用語で「校了(こうりょう)」といいます。
そして、印刷会社に発注しました。
しばらく経って、印刷会社から
印刷されたチラシがお客様の会社に納品されました。
それから数日後、
弊社にそのチラシが郵送されてきました。


完成されたチラシを見て、
思い出しました。
「そういえば、お盆の営業案内を載せてくれって頼まれたなぁ・・・」と。
確か、部下には指示をした記憶があります。


あわててチラシを確認すると、
嫌な予感は的中しました。
血の気が引き、お客様に電話をしました。
弊社もお客様も校正をしました。
ですが、気づかなかったのです。
そして、気づいたのは完成したチラシを見てからです。
時すでに遅しです。


不幸中の幸いだったのが、
7月の終わりだったことです。
お盆まで2週間あったので、
すぐにお盆の営業案内をハガキに印刷して郵送しました。


時間的余裕があったのでことなきを得たのですが、
ミスを起こさないことが一番です。
次に、ミスは早い工程で発見するチェック体制を作ることです。
そして、完成後も早急にチェックすることを忘れてはいけません・・・。


人間は、完成してから気づくこともあります。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/6あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■ミスの原因とは?改めて報・連・相(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3935号】ミスの原因とは?改めて報・連・相(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


人生50年も生きていると、
悪いことが重なることもあります。
「何でこんなに運が悪いんだろう?」と、
運のせいにしたりするのですが、
冷静になって考えてみると、
その原因は自分にあることがほとんどです。


ちょっとした
「チェック」や「確認」を
怠ったことが原因です。


たとえば、チラシの間違いです。
何万部ものチラシを新聞折込するとなると、
間違いは致命的になることかあります。
特に深刻なのは、価格の間違いです。
価格が一桁間違っていたなんてことも経験があります。
高くなる分にはまだ許されますが、
1980円の商品なのに
198円では大変なことになります。
原価割れもいいところです。


売れれば売れるほど、
赤字が膨らみます・・・。
さらに、お客様は殺到します。
その場でお詫びするのですがクレームになります。
こんな経験をしたこともあります。


チラシの校正は、
バイヤー(仕入担当者)、
その上長、
チラシ作成者とその上長、
さらには、
印刷会社の担当者が校正をします。


これだけの人数が校正に関わっても、
見逃すことがあるのです。
不思議なのですが、
本当の話しです。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、2/12あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング