トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

プラトー

■もう少し、続けてみようよ!

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3348号】もう少し、続けてみようよ!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私は子供の頃、習い事が大っ嫌いでした。


小学校1年の時に、
なぜかピアノを習いにいくはめに・・・。


今から四十数年前のことですから、
ピアノを習っている男の子は、
同級生にはいませんでした。


それほど、小学生の男の子が
ピアノを習うことが珍しかった時代です。


理由は、近所に住む15〜16歳年上の
従姉妹(いとこ)がピアノの先生を
していたからです。


外で遊びたい盛りの男の子にとって、
じっとしてピアノのお稽古は、
苦痛そのものでした。

結局、基本中の基本、
「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を弾く練習を
2〜3回やって辞めてしまいました。


この経験で、
音楽が大っ嫌いになりました。


そんな私が中学校に入学すると、
ビートルズを聞いて音楽に目覚めるのですから、
人生はわかりません。


というより、
それだけビートルズの曲は、
人を惹きつけるパワーがあったのでしょうね。


その後、私はギターを始めるわけですが、
教則本を見ながら独学で学びました。


幸い、同級生でギターが上手な友達がいたので、
わからなくなると教えてもらいながら、
徐々にでありますが上達しました。


それから25年もの間、
ギターを弾き続けましたが、
この経験は技術が向上するプロセスを
考えるうえで大いに役に立っています。


技術とは、楽器やスポーツだけでなく、
営業のセールストークや
商品開発のアイデア発想なども含まれます。
 
  
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 


ギターを弾いていた頃から、
薄々感じていたことがあります。


始めたばかりの頃は、
何をやっても初体験の連続です。


何も入っていないコップに
水を注ぐようなものですから、
吸収が早いのです。


しかし、ある程度まで上達すると、
そこで上達が止まってしまうことがあります。


困ったことに、
自分でもその自覚がありますから、
なかなか成長できない自分を責めたり、
イライラしたりするわけです。


その後、
いろいろな人に聞いてわかったのですが、
これは技術を習得している人ならば、
誰でもが経験することです。


それで、真面目な人は、
練習が足りないからだと練習量を増やします。


また、これとは反対に、
一旦練習を止めて気分転換をしてから、
再び練習をおこなう人がいます。


正解はありませんが、
私は前者のタイプです。


実は、この段階で篩い(ふるい)にかけらます。


残念ながら、
自分はこれ以上成長できない
かもしれないと辞めていく人が出始めます。


マイクロソフトの創始者
「ビル・ゲイツ」は、こんな言葉を残しています。


=================================================

一つのことに1万時間費やせば、
その分野にずば抜けて強くなるという人もいるが、
私はそんなに単純だとは思わない。

実際には50時間を費やした後、90%が脱落する。
好きになれない、向いていないという理由でだ。

そしてさらに50時間費やした人の90%があきらめる。
このような普遍的なサイクルがあるんだ。

運だけでなく、続けるだけの熱意も必要だ。

1万時間費やした人は、ただ1万時間費やした人ではない。
自分で選び、さまざまな過程の中で “選ばれた人” なんだ。

=================================================


練習した量と成長は正比例はしません。
どんなに練習しても上達が見られない
「プラトー」を呼ばれる時期があるからです。



好きになれない、
向いていないと感じるのは、
プラトーの時期なのだと思います。


この「プラトーの時期をどう過ごすか?」。


これが成長へのステップとしてとても重要です。


プラトーの時期には、
目に見えた成長はありませんが、
繰り返し練習することで、
成長に必要な要素が鍛えられています。


そして、ある日突然、
目の前が開けるように一気に成長するのです。



この繰り返しが、成長のプロセスです。 


これを知っているだけで、
成長に対する認識や粘り強さ違うと思います。


そういった意味でも、
なぜこのような現象が起こるのか、
物事の理屈は知っておいて損はありません。
 
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、7/28あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■伸び悩み・・・

おはようございます!



商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください



今回は「伸び悩み・・・」。


スキルの習得などでは、
必ず伸び悩む時期があります。


順調に右肩上がりに
成長することはまずありません。


右肩上がりに成長するとある段階で
横ばいになります。


階段の踊場のような感じです。
その踊場が長いこともあります。


「もしかしたら、
これ以上成長できないかもしれない・・・」
と弱気になる時期でもあります。


そして、この段階で最悪の決断は
スキルを習得するのを止めることです。


今までの努力が、
水の泡になります。


ただし、この踊場現象(専門用語でプラトー)を
知っていれば耐え凌ぐことができるかもしれません。


また、プラトーの期間は、
試行錯誤して工夫をしますので、能力をMaxで使います。


プラトー大歓迎とまではいきませんが、
時々プラトーを経験することが成長に繋がります。


【マーケティング戦略のポイント!】
あなたはプラトーの時期に弱気になっていませんか?
プラトーは成長へのステップです。
次回の更新は、本日お昼12:00です。



にほんブログ村経営者ランキングに参加中!

↓↓↓↓↓↓ぜひワンクリックを!応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
コンサルタント人気記事最高1位獲得!



長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください
商品開発力&営業力強化のマーケティング戦略コンサルタント
新潟県新潟市の株式会社リンケージM.Iコンサルティング!

http://www.linkage-mic.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング