トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

ビジネスモデル

■もうその商品では稼げない!(動画編)

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3446号】もうその商品では稼げない!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

本誌でも紹介したかもしれませんが、
私のギターが20年ぶりに戻ってきました。


知り合いのミュージシャンに貸していたのですが、
いつのまにか連絡が取れなくなり、
それっきりになっていました。


ところが数ヶ月前、
友達を介して連絡があり、
ギターを返したいとのことでした。


何でも、
ギターを借りていたことも忘れていて、
倉庫を整理していたら私のギターを
発見したということだったのです。

フルアコ

何はともあれ、
戻るべきところに
戻ってきたということなのですが、
私は13年前に音楽活動をやめてしまいました。


それでも、昔取った杵柄、
13年ぶりに弾いてみたのですが、
まったく指が動かず・・・。


思ったようにいかないというのは、
ストレスが溜まります。


私が、
精力的に音楽活動をおこなっていたのは、
1970年代後半〜2000年です。


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/23あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■もうその商品では稼げない!

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3446号】もうその商品では稼げない!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

本誌でも紹介したかもしれませんが、
私のギターが20年ぶりに戻ってきました。


知り合いのミュージシャンに貸していたのですが、
いつのまにか連絡が取れなくなり、
それっきりになっていました。


ところが数ヶ月前、
友達を介して連絡があり、
ギターを返したいとのことでした。


何でも、
ギターを借りていたことも忘れていて、
倉庫を整理していたら私のギターを
発見したということだったのです。

フルアコ

何はともあれ、
戻るべきところに
戻ってきたということなのですが、
私は13年前に音楽活動をやめてしまいました。


それでも、昔取った杵柄、
13年ぶりに弾いてみたのですが、
まったく指が動かず・・・。


思ったようにいかないというのは、
ストレスが溜まります。


私が、
精力的に音楽活動をおこなっていたのは、
1970年代後半〜2000年です。


その頃、音楽業界のビジネスモデルは、
何といっても「音楽」の販売が核でした。


音楽の販売とは、
レコードやCDを売るということです。


ミュージシャンですから、
音楽を創ったり、演奏したするのが本業です。


これにプラスして、
コンサート活動やテレビ出演や
ラジオ出演などがありました。


ですから、すべての活動は、
レコードやCDを売るためだったのです。


ところが、
このビジネスモデルが崩壊し始めたのが、
2000年以降です。


ネットからのダウンロード販売、
アルバムのバラ売りなどにより、
音楽はデータ販売に移行していきました。
 

============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
 
極めつけは、「YouTube」です。
「YouTube」で検索すれば、
聞きたい曲のほとんどを無料で聞いたり
見たりすることができます。


これは凄いことです。


当然、著作権はありますが、
あってないような無法地帯と化しています。


このような状況になってくると、
音楽そのものの価値は下がってきます。


子供の頃から、
ごく当たり前に「YouTube」を見て育った世代は、
恐らく音楽にお金を払うことに
抵抗を感じるでしょう。


そうなると、
音楽を提供するミュージシャンも、
音楽を収入の核とするビジネスモデルを
一変しなければいけません。


では、ミュージシャンは、
どのようなビジネスモデルに
転換しているのでしょうか? 


特に、
人気のあるミュージシャンであれば、
「ライブ活動」を収入の核に転換しています。


ライブは
CDやダウンロードデータなどの
音源とは違います。


段違いの臨場感、雰囲気、
そして熱気があります。


何よりも、会場にいる人たちが
一体になれるということです。


「臨場感」「雰囲気」「熱気」「一体感」です。
これは、ライブならではです。


最近、
ライブにはまったく行かなくなりましたが、
以前は演奏する側の人間でした。


臨場感も、雰囲気も、熱気も、一体感も、
演奏する側が提供するのではなく、
演奏する売り手と、聴衆である買い手の
共同作業でできあがります。


また、毎回、演奏者は同じでも、
聴衆が同じということはありません。


つまり、ライブは1回きりなのです。
二度と同じ条件下でのライブはありません。


そんなことを考えただけでも、
感動してしまいます。


さて、ビジネスモデルとして考えると、
ライブにはもうひとつの
大きな収入源があります。


それは、グッズ販売です。


「パンフレット」「CD」「DVD」「写真集」
「Tシャツ」「ポスター」「タオル」「カレンダー」「ステッカー」など、
グッズは山のようにあります。


どう考えても、
ライブのチケットよりも、
グッズにお金を使うそうです。


実際にそうらしいのです・・・。

 
今、成功している
ミュージシャンのビジネスモデルは、
この考え方です。


CDだのダウンロード販売に
頼るのではなく(というか売れません・・・)、
それ以外のところで収益を上げる構造になっています。


昔とは、
大きくビジネスモデルが変っています。


私の業界でもそうです。


コンサルティング収入を
メインとするビジネスモデルだけでなく、
「教育」や「物販」なども組み込んでいく時代です。


恐らく、みなさんの業界でも、
ビジネスモデルは大きく
変革を遂げているのだと思います。


そのことに気づいていますか?


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/19あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■理美容室と自動車整備業の関係とは?

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3337号】理美容室と自動車整備業の関係とは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今から4〜5年前のことになりますが、
「戦略構築セミナー」なるものを
頻繁におこなっていた時期がありました。


2年間で50〜60回はやったと思います。


当時、私のセミナーコンテンツの中で、
一番人気がありました。


今から考えると、
時代が過渡期であることが顕在化され、
今までの経営手法が上手くいかなくなり、
多くの中小企業の経営者が「戦略」を
意識し始めたのだと思います。


それまでは、
声を大にして戦略云々と言わなくても、
なんとか経営できたというのが本音だと思います。


高度成長期やバブル期の余力で、
なんとなく生き残っている中小企業も多くありました。。


しかし、リーマンショックを境に事態は一変しました。


今までの経営手法では、
大企業でも存続が危ういということを
目の当たりにしたのです。


リーマンショック後わずか3ヶ月で、
大手自動車メーカーがこのままでは
会社がもたないと言い出しました。


大企業だから潰れないという神話が、
ガタガタと音を立てて崩れ落ちていきました。


このようなこともあり、
戦略がクローズアップされてきたのてす。


私がおこなう「戦略構築セミナー」は、
とにかく多くの事例を紹介します。


10個や20個ではありません。
100個近く紹介します。


いわば、事例の多さをウリにしたセミナーですが、
24の戦略パターンに分類して紹介したので、
わかりやすかったと思います。
 
  
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 


その甲斐あってか、参加者の方からは、
「事例が豊富で面白い!」「わかりやすい!」と、
多くのお褒めの言葉をいただきました。


わずか3時間で100個もの事例を紹介すると、
自分の会社やお店に当てはまるものも必ずあります。


そのほかにも、
自社と違う業界の事例を取り入れることもできます。


異業種から学ぶことは、
とても大切なことなのです。


理由は、同じ業界の成功事例に学んでも、
情報の流通が早い時代ですので、
成功事例は瞬く間に業界内を駆け巡ります。


そして、その成功ノウハウは
業界の定番となります。


ですから、異業種から学ぶことが大切なのです。


そして、異業種から学ぶことは、
表面上の戦術やテクニックだけではなく、
その考え方やビジネスモデルです。


たとえば、理美容業界は
自動車整備業界に学ぶことができます。



どちらも、リピート率の高いビジネスですが、
それに胡坐(あぐら)をかいている
企業やお店が多いことも事実です。


理美容室のお客様は、
髪が伸びれば来店します。


自動車整備業界は、
車検が満了になれば来店するという具合です。


ですから、お客様とのコミュニケーションを
怠っている店も多いのです。


そして、自動車業界や理美容室業界は
ライバルが多いのが現実です。


誰でも髪を切りますし、
地方にいけば自動車に乗らない人を
探すのが大変です。


それだけ、需要がある=ライバルが
多いということなのです。


理美容室と自動車整備工場は、
共通項が多いので、とても参考になります。


たとえば、自動車整備工場では、
車検の満了日の3ヶ月前になると、
お客様へ車検の案内を送ります。


早めに予約をすれば、
早期予約特典などがあります。


1ヶ月前になっても予約が入らなければ、
お客様に電話をかけて予約を促します。


このように、自動車整備工場では
当たり前ともいえるやり方ですが、
理美容業界でも応用できます。


大よそ60日サイクルで
来店するお客様がいるとします。


前回来店日から50日経過した頃、
ハガキを送ったり、電話かけて
予約を促すということもできますし、
早期予約特典を付けることも可能です。


また、自動車業界では、
車検、12ヶ月点検、オイル交換、タイヤ交換、
ATF交換、ワイパーゴム交換などが、
お得なセットになったメンテナンスパックと
呼ばれるものがあります。


これを理美容室に応用するとすれば、
年間6回のカットと自宅用シャンプーとトリートメント
各6本をお得なセットにすることなどが考えられます。


同業種だけを参考するのではなく、
異業種こそ参考にしてください。
 
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、7/2あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール
応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング