トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

テレアポ

【第4346号】わずかな違いなのに結果は雲泥の差!(動画編)

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4346号】わずかな違いなのに結果は雲泥の差!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


普段何気なく使っている「言葉」。
言葉のほとんどは、
無意識のうちに発しているから、
たちが悪いと言えます。


売り言葉に買い言葉という諺があるように、
つい「カッ」となり、
言ってしまった言葉もあります。
時間が経つと、
「なんであんなことを
 言ってしまったのだろうか?」
と後悔します。


以前、カリスマコンサルタント養成講座で
お馴染みの「福島正伸さん」が・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。



動画ブログ「商いは門門チャンネル」では、
2450本以上用意しています。 


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、6/12あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

【第4345号】わずかな違いなのに結果は雲泥の差!

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4345号】わずかな違いなのに結果は雲泥の差!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


普段何気なく使っている「言葉」。
言葉のほとんどは、
無意識のうちに発しているから、
たちが悪いと言えます。


売り言葉に買い言葉という諺があるように、
つい「カッ」となり、
言ってしまった言葉もあります。
時間が経つと、
「なんであんなことを
 言ってしまったのだろうか?」
と後悔します。


以前、カリスマコンサルタント養成講座で
お馴染みの「福島正伸さん」が、
口から発する言葉は思いつきで
言ってしまうことがかるので、
一旦、頭で整理して手紙に書いたり、
パソコンで打ってみるといい
と言っていました。


自分でも意識していないうちに、
とんでもない言葉を
発することがあるのが人間です。
人間のコミュニケーションは、
それだけ言葉の影響が大きいということです。


言葉の持つネガティヴな
面だけを言ってしまいましたが、
もちろんポジティブな面も
山のようにあります。


「言葉は人生を作る!」
ということを言う人がいるくらい、
言葉を上手に使えば、
自分をそして周りの人を成長させたり、
幸せにしたりすることができます。


また、
「営業」「販売」「接客」「交渉」
などをスムーズに運ぶことが
可能になります。


実は、ちょっとした言葉の違いで、
結果は雲泥の差になります。
悪気があって言ったのではないのですが、
口に出して言ってしまってから、
失礼な発言だったと
後悔することも多々あります。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


「勢いで言ってしまった・・・」
「ありのままをストレートに伝えてしまった・・・」
「誤解されるような言葉を使ってしまった・・・」など、
軽率に言ってしまった言葉により、
人間関係に亀裂が入ることもあります。


言葉を操る政治家さえも、
あまりに配慮を欠いた発言が
年々増えているような気がします。
メデイア慣れなのでしょうか、
それとも図太くなったのでしょうか?


さて、営業の世界はわずかな言葉の違いで、
受注できたり、できなかったりします。
たとえば、アポイントを取る際、相手に
「いつがよろしいでしょうか?」
と尋ねる人かいます。


一見、相手を気遣った言葉ですが、
これではアポが取れません。


なぜならば、
「最近、忙しくてしばらく時間が取れないな・・・。
 こちらから、また連絡するよ」
という返事になりがちです。
結果、待てど暮らせど
電話がこないという最悪のパターンになります。


アポを取る際は、
「23日の14時と17時、24日の10時のうち、
 どちらがよろしいでしょうか?」と、
選択肢をいくつか用意して
選んでもらうのが鉄則です。


人間は、
自由よりも制限があった方が、
選びやすいのです。


テレアポでは、
社長にアポを取ろうと思っても、
半数以上が不在です。
中小企業の社長は多忙で、
出かけていることが多いのです。


こんな時、あなただったら、
電話に出た受付の人に
どのような質問をしますか?


一般的には、
「社長様は、何時頃ならいらっしゃいますか?」です。
ですがこれも、先程のアポと同じで、
「日によって違います」とか、
「出たり入ったりしているので、何時とは言えません」
などと、断られるのがオチです。


そこで、
「社長様は、夕方5時頃ならいらっしゃいますよね」
という具体的な質問をすると、
条件反射でつい本当のことを言ってしまいます。


「5時よりも、9時前ならいます」とか、
「5時は現場が終わっていないので、
 たいてい6時頃にならないと戻ってきません」
などの回答を得ることができます。

テレアポ

また、同じくテレアポでは、
「お世話になっております」というあいさつよりも、
「お忙しいところ申し訳ありませんが」
というあいさつの方が、
話を聞いてくれる確率がアップするそうです。


ちょっとした違いですが、
これが一流と二流の違いなのかもしれません。


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、6/11あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

【第4132号】いい仕事をしてもらうコツを知っていますか?(動画編)

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4132号】いい仕事をしてもらうコツを知っていますか?(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


人間がやる気になったり、
モチベーションが高まったりする状況は
どのようなシーンでしょうか? 
自分のことを考えてみると様々なシーンが考えられますが、


============================================
●クライアントの業績が伸びた時
●クライアントの社員が成長したと感じられる時
●褒められた時
●感謝された時
============================================


すぐに思い浮かんだのはこんなところです。
あなたはいかがでしょうか? 
自分のやる気やモチベーションは
何によって高くなるかを知っておくことも、
自分の機嫌を良好に保つ秘訣です。


数ヶ月前のことになりますが、
印象的な出来事がありました。


弊社が業務提携をしている企業で・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。



動画ブログ「商いは門門チャンネル」では、
2250本以上用意しています。 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、10/5あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング