トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

タカヨシ

■経営者の想いが伝わらない原因とは?

商いは門門バナー













おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
経営者の想いが伝わらない原因とは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

本誌でも、度々紹介している
「株式会社タカヨシ」という総合印刷会社があります。


タカヨシは、印刷会社では唯一
「新潟県経営品質賞」を受賞しています。


新潟県では、
優良企業としてとても有名です。


タカヨシを率いるのは、
「高橋義春(たかはし・よしはる)」さんです。


高橋社長は、現在85歳だと思いますが、
姿勢も良く、いつも元気はつらつです。
自ら自動車の運転もしています。


私は今まで、高橋社長の講演を
数回お聞きしました。


また、会社見学も3回
させていただきました。


その中で特に印象的だったのが、
「社員満足」という考えです。


高橋社長は、こう言います。
「社員満足なくして顧客満足なし」と・・・。


顧客満足を追求することも大切だが、
その前にまず社員が満足しなければ、
真の顧客満足はありえないという考えです。


ですからタカヨシでは、
社員教育に膨大な時間をかけています。


特に感心したことは、社長自らが直接、
社員教育をおこなっていることです。

さすが、「社員満足なくして顧客満足なし」と、
公言しているだけのことがあります。


大きく分けて社員教育には、
「にいがた塾」と「タカヨシ塾」
と呼ばれるものがあります。


にいがた塾は、新入社員を3年間で
一人前の会社人・社会人に育てることを
目的にして開催されます。


驚くことに、年間380時間の
カリキュラムが組まれています。


1ヶ月に換算すると、31〜32時間で、
週8時間ということになります。


「タカヨシ塾」は、自主参加による学びの場で、
月2回開催されています。


ここでは、社長と一緒に
会社の将来について考えると共に、
心の教育を主体に研修をおこないます。


スキルや技術的なことは
現場のOJTで学べますので、
社長は心の教育を中心におこなっています。
 
 
=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


このほか、月1回おこなわれる
「誠義塾」と呼ばれるものは、
部門長や管理職に上に立つ者としての
心の教育をおこなっています。


また、月4回おこなわれる「朝礼訓話」は、
全社員および準社員、
全員に対して社長・会社の思想を伝えています。


さらに、人間学を学ぶ情報誌「致知(ちち)」を読み、
社長・役員・幹部社員がお互いに意見交換する
「木鶏会(もっけいかい)」も、月1回開催されます。


このように、タカヨシは社長自らが、
心についての社員教育をおこなっています。


これにより、心と技術・スキルの
バランスが取れるのです。


さて、私は仕事柄、多くの経営者にお会いして、
お話しをおうかがいします。


その中で、よくこんな話しを聞きます。


たとえば、
「整理整頓」や「報連相」などが、
なかなかできない会社があったとします。


この会社の経営者曰く、
「口を酸っぱくして、何回も言っているのですが・・・」とか、
「ポスターや標語も貼っているのですが、
なかなか浸透しなくて・・・」
という答えが返ってきます。


しかし、よくよく聞いてみれば、
毎日言っている訳ではありませんし、
「こんな基本的なことを、俺に何回も言わせるな!
情けない・・・」と思っている経営者も多いのです。


気持ちはわかります。


言う方は、言われる方の
数倍のエネルギーを使います。


その結果、言わなくなるのです。
そして、益々できなくなりま
す。


完全に、経営者の根負けですね・・・。


一説によれば、
あることを習慣化するには、
まずは3日継続することが大切だそうです。


3日継続できたら次は7日、
7日継続できたら次は21日、
21日継続できたら次は90日です。


90日とは3ヶ月です。


大よそ3ヶ月継続できれば、
習慣になるということです。


継続のコツは、
いきなり90日の継続ではハードルが高いので、
「3日」、「7日」、「21日」の通過ポイントを
設定するのがコツです。


なぜ、経営者の想いが、
社員に伝わらないのでしょうか?


その原因は、
想いを言い続けていないからです。


冒頭紹介したタカヨシの社長は、
「タカヨシフィロソフィ」と呼ばれる
タカヨシの哲学や主義を、
これでもかこれでもかと社員に直接伝えています。


そうでなければ、
頭にも、身体にも叩き込むことはできません。


ですから、これだけ多くの
社員教育の機会を作っているのです。


ヤマト運輸の「クロネコヤマトの宅急便」
の産みの親である小倉昌男(おぐら・まさお)さんは、
著書「小倉昌男経営学」の中で、
こんなことを語っています。


伝え方の5カ条というものがあり、
その中のひとつが「同じことを言い続ける」
とあります。


要は、
1回言ってもダメなら2回、
2回言ってもダメなら3回、
3回言ってもダメなら4回、
4回言ってもダメなら5回、
5回言ってもダメなら6回・・・、
わかるまで言い続けることです。


経営者は、社員との接触回数を増やし、
できるまで同じこと言い続ける覚悟が必要です。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、5/3あさ7:00です
==============================
商いは門門バナー












【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■これは偶然なのでしょうか?

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
これは偶然なのでしょうか?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

私には、何年に1回、
定期的にご縁のある方がいらっしゃいます。


アポを取って、その方に会うという訳ではなく、
知り合いを介してその方の情報が入ってきたり、
セミナー会場やイベント会場で、
ばったりお会いしたりするのです。


こんな方が、2〜3人いらっしゃいます。
本当に、人生は不思議です。


その中のお1人に、
新潟の経済界ではひじょうに有名な
経営者がいらっしゃいます。


この方と最初にお会いしたのは、
かれこれ16〜17年前です。


場所は、新潟市中央区の
「ホテル新潟(現ANAクラウンプラザホテル新潟)」でした。


当時、ホテル新潟の社長と付き合いがあった関係で、
あるセミナーに誘われました。


そのセミナーは、健康関係のものでした。


そして、私の前の席に座っていたのが、
その経営者だったのです。


とても、元気が良い方でした。
声が大きく、ハキハキしていて、
大変姿勢もよかったので、まだお若いのかと思ったら、
70歳ということで驚きました。


私の両親が、この経営者より3〜4歳年上でしたので、
比べてみてもその若々しさは明確でした。


当時、70歳でしたので、
現在は86〜87歳ということになります。


今でも、現役経営者として活躍されています。


さて、この経営者ですが、
それから10年程、
お会いすることはありませんでした。


再会したのは、4〜5年前です。


私が、新潟県中小企業家同友会の
新潟支部の幹事をやっていた頃です。


会外から経営者をお呼びして、
講演会をやろうということになりました。


その時、リクエストが多かったのが、
この経営者だったのです。


たまたま、その講演会の責任者が私でした。
ですから、この経営者との交渉などを
やらせていただきました。


その後も、この経営者の会社へ、
朝礼と会社見学に2回お伺いしました・・・。


=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


「2度あることは3度ある」という諺ではありませんが、
昨年も、あるセミナーに参加したら、
この経営者が主催者代表で壇上であいさつしたり、
先日も、ある方から新潟市倫理法人会の
モーニングセミナー1200回記念に誘われました。


この時に講師が、
この経営者だったのです。


単なる偶然といえばそれまでですが、
私にはそうは思えませんでした・・・。


このような経緯があり、
私は、この経営者の経営哲学を
知る機会が多かったのです。


この経営者は、株式会社タカヨシの
「高橋春義(たかはし・はるよし)社長」です。


タカヨシは、新潟県経営品質賞県知事賞を受賞し、
印刷会社で経営品質賞を受賞しているのは、
全国でタカヨシ唯一です。


新潟県が、全国に誇る中小企業といっても
過言ではありません。


ですから、朝礼見学や会社見学のために
来社される人も、2006年〜2010年の5年間で、
223社1501人に達しています。


さて、先日、新潟市倫理法人会のモーニングセミナーでの
高橋社長の講話をお聞きして、
高橋社長が成功している秘訣を
いろいろと考えてみました。


高橋社長は、経営に取り入れたらいいと思ったことは、
即取り入れて実行に移します。



高橋社長は、「マネをした」という表現を使いますが、
マネをするのも努力が要るので、
誰もができるわけではありません。


しかし、高橋社長は、
「いいことは取り入れますが、なかなか徹底してできません」
と正直に言います。


これも、なかなかできることではありません・・・。


これに付随して、とても勉強好きです。
どうしたら、会社が、お客様が、
社会がよくなるかを常に考え、情報収集しています。


ですから、経営に取り入れたらいいという
考え方やノウハスが集まってくるのです。


さらに、高橋社長は社員に
注意されることもあるようで、
社員からも学ぶという謙虚さがあります。


たとえば、「社長のあの話し方では、誰も聞かないですよ」
といったことを社員に言われるそうです。


社員が社長に、
「もう少しこうしたらいい」と言える
企業風土を創ったことが、
素晴らしいと思いました。


また、2011年度の日本経営品質賞を受賞した、
「ねぎし」の根岸榮治社長を
目指しているともおっしゃっていました。


根岸社長は、高橋社長よりも20歳も年下です。
年下の人を尊敬して、目指すことは、
なかなかできないと思います。


そんなことで、現在タカヨシは、
日本経営品質賞を目標にしているそうです。

タカヨシ









 







そして、冒頭でも紹介しましたが、高橋社長は、
明るくて前向き、元気ハツラツで常に笑顔です。


ですから、素晴らしいオーラが出ています。


身近に、このような社長がいることに感謝すると共に、
目標にしたいと思います。


高橋社長を見ていると、
「経営とは人づくり」であることがよくわかります。
ありがとうございます。

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、12/19あさ7:00です
==============================
facebookページ「新潟地域密着ビジネス繁盛会」はこちら
【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                   
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■意識には6種類あります!

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
意識には6種類あります!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

もう、数年前のことになりますが、
新潟市江南区にある印刷会社「タカヨシ」
という会社の朝礼を見学させていただきました。


あさ7時頃から、
会社周りの清掃が始まります。


この清掃は、自由参加とのことですが、
毎日続けているそうです。


社屋に目を移すと、役員数名が
社員の下駄箱を掃除していました。


社員への感謝として、
おこなっているそうです。


清掃や掃除に関しては、
様々な経営者がその大切さを説いています。


私は、今年の3月から、
毎日トイレの掃除を始めました。


イマジンプラスの笹川祐子社長の著書
「絶対幸運体質」を読んだのがきっかけです。


この本の中に、
「トイレ掃除をしたら、本当にお金が入ってきた」
という章がありますが、
トイレをキレイにしているとお金が入ってきたり、
いいことが起こるというエピソードが書いてあります。


実は、私は、10年程前から、
トイレ掃除をやろうやろうと思っていました。


はっきり言って、ヨコシマな気持ちでした。
しかし、思っているだけで、
なかなか行動には移せませんでした。


優先順位が低く、
本気ではなかったのでしょうね・・・。


だけど、笹川さんのこの本を読み、
何となくやる気になり、
ごくごく自然に始めることができました。


始めてみると、
「何で今までやらなかったのだろうか?」
と思う程、トイレ掃除は気持ちいいものですね!


当然、素手でおこなっています。


さて、こんなことを聞いたことがあります。


家の近隣の掃除、会社周りの掃除、町内のゴミ拾いなど、
マイナスをゼロにする行為は、
人に見られているからやるという人がいます。


確かに、誰にも見られていないと、
何となく張り合いがありません・・・。


その理由は、良いおこないをしている人ととして、
評価をしてほしいのだろうと思います・・・。


=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


このような考えに対して、先人たちは、
「誰も見ていなくても、神様が見ていると思ってしなさい」
と言います。


私も、子供の頃、
言われた覚えがあります。


さて、ゴミ拾いに対する意識も、
様々な人がいるそうです。


岐阜県に、「株式会社タニサケ」
という会社があります。


タニサケは、防除用医薬部外品の製造販売、
農薬の製造販売などをおこなっています。


一番有名な商品は、所謂、ゴキブリだんごと呼ばれる
「ゴキブリキャップ」です。


このゴキブリキャップで
高収益をあげているそうです。


そのほか、「ナメクジ駆除剤」や「ネズミ駆除剤」などの
製造販売もおこなっています。


また、日本HR協会発行の月刊誌
「創意と工夫」2012年11月号に掲載された
「改善・提案活動実績調査レポート」によると・・・、
タニサケは、改善提案における1人当たりの
年間奨金額が162,154円で、
11年連続の日本一となりました。


さらに、1人当たりの改善提案件数は126.7件で、
全国2位となりました。


このタニサケの松岡浩(まつおか・ひろし)会長が、
こんなことをおっしゃっています。


松岡会長が、毎朝、会社周りの
道路の清掃をしていて気づいたことです。


落ちているゴミに対する意識も、
人によって様々だということです。


===============================================
1.道路のゴミに無関心で全く気が付かない人
2.道路のゴミを見て「ゴミを捨てるバカな人がいる」
  と言うだけで拾わない人
3.道路のゴミを誰かに言われて拾う人
4.道路のゴミを周りの人が見ているからと拾う人
5.道路のゴミを見て、「街の恥」「日本の恥」と思い拾う人
6.道路のゴミを見て、自然体で拾える人
===============================================


ゴミに対する捉え方も、
これだけあるということです。


私は、松岡会長の観察力に、
大変驚きました・・・。


そして、
恐らくこれは、「ゴミ」だけの話しではありません。
すべてにおいて言えることだと思いました。


この「道路のゴミ」という言葉を
「同僚の失敗」に置き換えてみてください・・・。


===============================================
1.同僚の失敗に無関心で全く気づかない人
2.同僚の失敗を見て「失敗するバカな人がいる」と言うだけ
  で慰めない人
3.同僚の失敗を、誰かに言われて慰める人
4.同僚の失敗を、周りで人が見ているからと慰める人
5.同僚の失敗を見て「会社の恥」と思い慰める人
6.同僚の失敗を見て、自然体で慰める人
===============================================


どのような言葉でも、当てはめられそうです。


理想は、自然体でおこなうことですが、
自然体でやることは大変難しいと思います。


多くの人は、何らかの理由がなければ、
動かないのが現実です。私もそうです。

 
そして、あなたの会社やお店にも、
これだけの種類の社員がいるのです。


だから、組織は難しいのです。
だから、経営理念や社員教育が必要になるのです。

 
技術的な教育は、何とかなりますが、
意識の教育となると困難を極めます。


商売とは、商品やサービスを売ることです。


しか
し、その裏には、
人間性や意識を高めるという
大きな目的があることを忘れてはいけませんね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

==============================
次回の更新は、11/28あさ7:00です
==============================
facebookページ「新潟地域密着ビジネス繁盛会」はこちら
【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                               
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング