トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

ジェネレーションギャップ

【第4276号】写真はなぜ、1枚、2枚と数えるのか?(動画編)

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4276号】写真はなぜ、1枚、2枚と数えるのか?(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


私は、母が42歳、父が40歳の時の子どもです。
今から55年も前のことですから、
42歳の女性が子どもを産むことは
稀だったと思います。


そう考えると、
命がけで私を産んでくれたのかもしれません。
子どもの頃はそんなこともまったく気づかずに、
同級生のお母さんやお父さんよりも、
随分年上の両親だということを
恥ずかしく思いました。


どちらかといえば、
同級生のおじいちゃんや
おばあちゃんに近い歳なのです。


ですから、参観日などで母が学校に来ると、
「おばあちゃんがきたんだね」
と同級生に言われたりもしました・・・。


ですが、そんなことが気になるのは、
小学校や中学校の時だけで、
高校生になるとまったく
気にならなくなりました。


年齢の差が40歳以上ある親子でしたので、
どうしてもジェネレーションギャップを
感じずにはいられませんでした。
父と母は大正生まれですし、
私は昭和38年生まれです。


大正時代といえば・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。



動画ブログ「商いは門門チャンネル」では、
2400本以上用意しています。 


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/21あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

【第4275号】写真はなぜ、1枚、2枚と数えるのか?

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4275号】写真はなぜ、1枚、2枚と数えるのか?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


私は、母が42歳、父が40歳の時の子どもです。
今から55年も前のことですから、
42歳の女性が子どもを産むことは
稀だったと思います。


そう考えると、
命がけで私を産んでくれたのかもしれません。
子どもの頃はそんなこともまったく気づかずに、
同級生のお母さんやお父さんよりも、
随分年上の両親だということを
恥ずかしく思いました。


どちらかといえば、
同級生のおじいちゃんや
おばあちゃんに近い歳なのです。


ですから、参観日などで母が学校に来ると、
「おばあちゃんがきたんだね」
と同級生に言われたりもしました・・・。


ですが、そんなことが気になるのは、
小学校や中学校の時だけで、
高校生になるとまったく
気にならなくなりました。


年齢の差が40歳以上ある親子でしたので、
どうしてもジェネレーションギャップを
感じずにはいられませんでした。
父と母は大正生まれですし、
私は昭和38年生まれです。


大正時代といえば
第二次世界大戦の20数年前です。
一方私は、戦後18年も経ってから生まれており、
戦前の価値観とはガラリと変わりました。


子どもの頃はまったくわかりませんでしたが、
40歳以上歳の差があるということ以上に、
価値観がまったく異なることが
ジェネレーションギャップを
強く感じた原因です。


特に、父とはまったく価値観が合わず、
じっくりと話をしたことさえ
ありませんでした。
大変に珍しい親子関係です。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


さて、この記事を書いているのは
2018年8月上旬です。
夏の高校野球が始まったばかりですが、
今年甲子園に出場している
高校3年生の球児たちは
2000年生まれということになります。


2000年頃は、
インターネットが普及し始め、
Eメールもビジネスで
使われ始めるようになり、
携帯電話も急速に普及し始めた頃です。


つまり、2000年生まれの人は、
ネイティブなデジタル世代なのです。
わかりやすく言えば、
生まれた時からデジタル機器を
使うのが当たり前の
環境にあったということです。


私のように、
人生の前半はアナログで、
人生の後半からデジタル機器を
使い始めた世代ではありません。
生まれた時からそうなのです。


ここにジェネレーションギャップが
生じます。
たとえば、こんなことがあるそうです。


=================================================
固定電話での市内通話は市外局番が不要ですが、
ネイティブデジタル世代が市外局番のない電話番号を
見ると、桁が足りないと思うようです。
固定電話を使う機会がないからです。
=================================================
スマホなどの使われている固定電話のアイコンを見ても、
「これって何の形なんですか?」と不思議に思うそうです。
昔の黒い固定電話を知らないからです。=================================================
山折りと谷折り知らない人がいます。
折紙を折らないからでしょうか?
=================================================
穴あけパンチの使い方を知らない人がいます。
ペーパーレス化が進み、紙の書類をファイリングする機会が
めっきり減ったからです。
=================================================
わら半紙を知らない人がいます。
そもそも、わら半紙を使う機会も、見る機会もありません。
=================================================
「チャンネルって、どうして回すって言うんですか?」
「DVDって何で巻き戻すって言うんですか?」
と質問をする人がいます。
=================================================
「写真って何で1枚、2枚って数えるんですか?
ファイル数というか、バイト数というか、
正しい数え方を知らないですが、
〇枚ではないと思うんですが・・・」と言う人がいます。
=================================================


このようなことが
SNSで発信されていますが、
言われてみれば納得することが多いというのが、
正直な感想です。


デジタル以前、デジ
タル以後では、
大きく価値観
が変わっていることだけは確かです。
そして、やがて彼ら
が、
社会の中核で活躍するこ
とも確かです。


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/21あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング