トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

サザエさん

■やりたくないという気持ちをどう撃退するか?(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3600号】やりたくないという気持ちをどう撃退するか?(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

小学生の時、日曜の夕方になると
妙に憂鬱になった記憶があります。
理由は簡単です。
明日、学校に行かなければいけないからです。


そもそも私は、学校に行くのが嫌いな子でした。
特に、小学校1〜2年の頃は、「学校に行きたくない!」と、
駄々をこねて玄関で泣いた記憶が何回もあります。
私の母はその度に、首根っこ捕まえて、
無理してでも学校に行かせました。


今から45年も前のことなので、
「学校を休むのはいけない!」
という価値観だったのでしょう。
ですから、ちょっと熱が出たり、
ちょっとお腹が痛かったり、
ちょっと頭が痛いくらいでは、
学校を休ませてもらえませんでした。


さて、日曜日の夕方といえば・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
 
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/14あさ5:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■やりたくないという気持ちをどう撃退するか?

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3600号】やりたくないという気持ちをどう撃退するか?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

小学生の時、日曜の夕方になると
妙に憂鬱になった記憶があります。
理由は簡単です。
明日、学校に行かなければいけないからです。


そもそも私は、学校に行くのが嫌いな子でした。
特に、小学校1〜2年の頃は、「学校に行きたくない!」と、
駄々をこねて玄関で泣いた記憶が何回もあります。
私の母はその度に、首根っこ捕まえて、
無理してでも学校に行かせました。


今から45年も前のことなので、
「学校を休むのはいけない!」
という価値観だったのでしょう。
ですから、ちょっと熱が出たり、
ちょっとお腹が痛かったり、
ちょっと頭が痛いくらいでは、
学校を休ませてもらえませんでした。


さて、日曜日の夕方といえば「サザエさん」です。
先程も言ったように、
日曜日の夕方になると憂鬱になっていましたので、
私のサザエさんに対する印象は良くありません。


「サザエさん=明日、学校に行かなければいけない=憂鬱」
という図式が成り立っていたのです。


ですが、どんなに学校に行くのが嫌でも、
無理をしてでも行ってしまうと、
それはそれで朝のことなどケロっと忘れているのです。
日曜に休んだだけでこんな調子なのですから、
春休み、夏休み、冬休み明けの始業式は大変でした。
始業式の前日は、妙な緊張感でなかなか寝つけませんでした。
きっとみなさんも、こんな経験があると思います。

  
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 

このような性格(?)は、今でもまったく治っておらず、
正月明け、ゴールデンウィーク明け、
お盆明けの仕事始めには相当苦労しています。
特に酷かったのが、2015年の仕事始めでした。


2014年は、120%行動しきった年だったので、
年末年始の休みに入った途端、
緊張の糸がプツンと切れました。
まるで、抜け殻のような心境でした。


仕事始めには、まったくやる気が出ず、
しばらくエンジンがかかることはありませんでした。
なんだかんだと、約1ヶ月程こんな症状で苦しみました。
そんなこともあり、今年は少し工夫をしました。

 
毎年、正月は溜まっている仕事を
ダラダラとやっていました。
正月明けまでに、この仕事を終わらせればOK
というファジーな計画です。
ですから、終わらなかったら
明日やればいいという甘えが出ます。


そこで、ファジーな締め切りではなく、
今日はこれとこれを終わらせる、
明日はこれとこれを終わらせるというように、
1日ごとのタイムスケジュールを決めました。


こうすることにより、
適度な緊張感を持続することができ、
休み明けの「やりたくない」という気持ちを
例年より軽減することができました。
休み明けでも、スタートダッシュに成功しました。


また、休みの最終日に、
仕事のウオーミングアップをしておくのもいいでしょう。
たとえば、
「1時間だけ仕事をする」
「明日のスケジュールを確認して、段取りをする」などです。


これをしただけでも、
休み明けのやりたくない感は随分と減ります。
スポーツと同じで、いきなりゲームをするのではなく、
その前に軽く体を動かすことで、
ゲームでスタートダッシュが可能になります。

スタートダッシュ

とにかく私は、調子が出るまで
時間がかかるのが嫌な性格でしたので、
いかにして休み明けでもスタートダッシュできるかを毎年考えていました。
そのほか、休み明けで調子がでなくても、
お構いなしにいつも通りアポを入れたこともありました。
強制的に行動しなければいけない状況にしてしまうのです。
誰にでも、おすすめできる方法ではありませんが・・・。


実は、これも効果があります。


心身のコンディションをベストにする方法は、
人それぞれです。
自分に最適な方法を見つけるためにも、
いろいろと試すことをおすすめします。
 
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/12あさ5:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■従業員が増えると困ることとは?

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3365号】従業員が増えると困ることとは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

私は、人間が怠け者だと思うことが時々あります。
たとえば、連休明けの朝、会社に行くのが
億劫になってしまうことはないでしょうか?


これは、誰だって経験したことがあると思います。


私は、小学生の時、
日曜日の夕方「サザエさん」が始まると、
何となく寂しくなってきました。


理由は、楽しかった日曜日がもうすぐ終わり、
明日は学校にいかなければいけない、
と思ったからです。


ですから「サザエさん」には申し訳ありませんが、
実は良い印象を持っていません。


もしかしたら、私と同じような人が
日本全国にいるかもしれませんね・・・。


よく考えてみれば、
1週間のうち学校に行くのは6日、
休みは1日です。


しかし、わずか1日しかない休みを経験すると、
学校に行くのが億劫になるというのは
不思議だと思いませんか。


会社もしかりです。


学校でも、会社でも、
行ってしまえば何てことはないのですが、
自宅を出るまでは心の中では葛藤があります。


本来、1週間のうち6日は学校に行っているのですから、
身体の習慣としては学校の生活に
慣れているはずなのですが、
休みの前日「明日は休みなので、辛いなぁ・・・」
と思う人は稀だと思います。


また、休日の夕方「サザエさん」が始まると、
「もうすぐ学校に行ける!ワクワクするなぁ!」
と思っていた人も稀だと思います。


このようなことを考えると、
人間というのは怠け者だと思ってしまうことがあるのです。

  
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 


似たようなことは、
日常生活の中には山のようにあります。


また、仕事場でもあります。
たとえば、こんなことはありませんか。


あなたが、ある事業をおこなう会社を創業しました。
あなたが社長で、従業員はわずか2人でのスタートでしたが、
徐々に業績が伸びて、
3年後には社員が20人になりました。


会社は大きく発展したことになります。

創業

そこであなたは、創業時のことを振り返ります。
すると、自分を含めてわずか3人の会社だったが、


「とにかくがむしゃらだった」
「ほとんど休みははなかったけどやりがいがあった」
「とにかく何でもやった」


など、当時の様子を振り返ることでしょう。


創業時から一緒にいた従業員に聞いても、
同じようなことを言います。


では現在がダメかと言えばそうではなく、
働く環境は格段によくなったのです。


身体的にも、精神的にも随分と
楽になったのは確かです。


これはこれで素晴らしいことなのですが、
考えなければいけないことがあります。


会社をはじめとした組織というのは、
従業員が増えると労働生産性はともかく、
仕事に対する「意識」が薄れていくことは確かです。


意識というのは、
仕事に対する意欲や目標達成の責任感
と言い換えてもいいでしょう。


これが問題です。


恐らく、みなさんも経験したことがあると思います。
ある仕事をあなた1人でおこなっていました。


このようなケースでは、
この仕事に対する責任はあなた1人にあります。


あなたがやらなければ、
誰もやらないのです。


しかし、忙しくなったので、
この仕事をするために新たに2人を採用しました。


そうすると、この仕事に対する責任は分散され、
あなたがすべてを背負うわけではなく、
ほかの2人にも責任が発生します。


このように、組織は従業員が増えてくると、
仕事に対する責任感が分散されるため、
仕事に対する意識は薄れる傾向になります。


このようなことをなくすためにも、
すべての従業員には、それぞれの役割を
明確にすることが必須です。


そして、どんなに小さくてもいいので、
責任を持たせることが肝心です。



人間の脳というのは、
自分以外の誰かと組んで一緒に仕事をすると、
どうしても相手に頼る傾向があります。


結果、自分の持つ能力を
発揮しなくなるという脳の特性があります。
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、9/5あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング