トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

コンビニ

■コンビニが益々進化!そう来たか!(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3787号】コンビニが益々進化!そう来たか!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

私は、熱狂的なコンビニマニアだといっても過言ではありません。
その理由は、一日に3〜4回もコンビニを利用するからです。
正直に告白すると、もっと利用する日もあります。


トイレ、食物、飲物、雑誌、ATM、公共料金の支払、コピーなど、
コンビニを利用する理由は山のようにあります。
これ以外にも、365日24時間営業だといういうことも、
利用する動機のひとつでしょう。
夜中に働いている人にとっては、貴重な小売店だからです。


今から30年前のコンビニは、
銀行も、支払も、コピーも、チケット予約も、カフェもありませんでした。
そう考えるとコンビニ業界は、顧客のニーズやウォンツを汲み取り、
大きな進化を遂げました。


30年前のスーパーや百貨店、ホームセンターを思い出してください。
当時コンビニは、食品や日用品、雑誌などを販売するミニスーパーのような扱いでした。
しかも、定価で・・・。
スーパー、百貨店、ホームセンターの業態とコンビニ業態の進化を比べてみると、
どう考えてみてもコンビニが優位です。
ですから、コンビニに顧客を奪われた業界も多いはずです。


ここにきて、またしてもコンビニ業界が
攻勢を仕掛けている分野があります。
それは・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
1750本以上用意しています。  
 
  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、5/22あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■コンビニが益々進化!そう来たか!

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3787号】コンビニが益々進化!そう来たか!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

私は、熱狂的なコンビニマニアだといっても過言ではありません。
その理由は、一日に3〜4回もコンビニを利用するからです。
正直に告白すると、もっと利用する日もあります。


トイレ、食物、飲物、雑誌、ATM、公共料金の支払、コピーなど、
コンビニを利用する理由は山のようにあります。
これ以外にも、365日24時間営業だといういうことも、
利用する動機のひとつでしょう。
夜中に働いている人にとっては、貴重な小売店だからです。


今から30年前のコンビニは、
銀行も、支払も、コピーも、チケット予約も、カフェもありませんでした。
そう考えるとコンビニ業界は、顧客のニーズやウォンツを汲み取り、
大きな進化を遂げました。


30年前のスーパーや百貨店、ホームセンターを思い出してください。
当時コンビニは、食品や日用品、雑誌などを販売するミニスーパーのような扱いでした。
しかも、定価で・・・。
スーパー、百貨店、ホームセンターの業態とコンビニ業態の進化を比べてみると、
どう考えてみてもコンビニが優位です。
ですから、コンビニに顧客を奪われた業界も多いはずです。


ここにきて、またしてもコンビニ業界が
攻勢を仕掛けている分野があります。
それは、「イートイン」です。
イートインとは、店内で試飲できるスペースのことをいいます。
 
 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 

熱々のコーヒー、弁当やパン、スイーツなどを
雑誌を読みながら店内で食べることができるのです。
ちょっとした休憩ができるということです。
スーパーでもイートインコーナーを設置した店舗があるので
珍しくはありませんが、コンビニがイートインを設置することに
大きな意義があります。


現に、近隣のコーヒーショップやファーストフードが、
コンビニのイートインに顧客を奪われるケースが
出てきたと言います。

コンビニ

たとえば、ファミリーマートは、
平成29年度末までに約6,000店でイートインを設置する予定だそうです。
弊社の近所にも数店のファミリーマートがあるので楽しみです。
都心の店では商談に利用するビジネスマンがいたり、
コーヒーやドーナツを食べる女性の利用が増えているといいます。


また、郊外店ではコミュニティースペースとしても活用され、
今春には吉本興業と組んで寄席や漫才を行う取り組みも始まります。
コミュニティスペースということになると、
コンビニは新たな集客装置を手に入れたと言えます。


私は数年前から、あらゆる小売業は店舗をコミュニティ化しなければ、
生き残れないと言
ってきました。
いよいよ、それが現実的になってきました。


セブンイレブンでも同様に、今まで来店しなかった
高齢者や女性の利用が増えていると言います。
今後は、広い店舗を中心にコミュニティスペースを設置していくそうです。
やはり、ローソンも同様です。


さらに進化を見せているのが、
全店舗にイートインと調理場を設置しているミニストップです。
新業態の「シスカ」は、夜はちょい飲みもできるという
画期的なコンセプトです。


このような背景から、都心のイートインのある
コンビニの近隣にあるコーヒーショップでは、
客数、売上ともに減っている店舗もあるそうです。
恐るべきコンビニ!


新たなサービス開発により、
新たな顧客を開拓しているという現実です。
コミュニティスペースも、新たな使い方が提案されることでしょう。
そうなると、消費者行動に変革がもたらされる可能性が大です。

 
平成31年10月に消費税が10%に引き上げられても、
持ち帰りできる飲食物であれば8%の軽減税率が適用されることから、
コンビニ利用顧客は増えるでしょう。
 
  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、5/20あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■ネットの役割が変わった!SNS以前と以後!(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3664号】ネットの役割が変わった!SNS以前と以後!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

先日、ポール・アダムスという人が書いた
「Grouped(グループド)」という本の存在を知りました。
この本によると、マーケティングに大きな変化が現れているそうです。
言われてみれば「なるほど!」と思うのですが、
私は確信が持てる段階にまで達していませんでした。


マーケティングが変化している背景として、
3つの要素が書かれています。


ひとつめは、ネット上のコミュニケーションと
リアルのコミュニケーションがリンクして、
人間関係の構築方法が変わってきました。
SNS、特にFacebookの登場で、
どこの誰なのかわからない人との匿名での付き合いではなく、
ネット上でも実名での付き合いが当たり前になってきました。


また、ネット上で知り会うというよりは、
既にリアルで付き合いのある人と・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
1450本以上用意しています。    

  
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、8/8あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール
応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング