トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

コンサル

■組織の善循環

こんにちは!



商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください



今回の社長のための1分間マーケティングは「組織の善循環」。



先日、某クライアント先での出来事です。
この会社は、営業担当者8人を対象に
コンサルをおこなっています。


先週の反省と、それを踏まえて今週の方針を
各自発表してもらいます。


この方法を導入して
3回目のコンサルです。


まずは、慣れることが大切なので、
発表内容は各人に任せておきました。


先日、最初の一人が、
反省と今週の方針を発表しました。


そして、行動目標も数値を交えて発表したのです。
今週は、○○件の既存顧客を訪問するという感じです。


そうしたら・・・


次の人も、次の人も、自発的に
数値化した行動目標を口にしました。


今までは「既存顧客を訪問します」で
終わっていたのです。


とても数値が出てくるような状態では
ありませんでした。


これは、組織の善循環です。
一皮剥けました!


こんなことが継続されると、
組織は活性化しますね。


【マーケティング戦略のポイント!】
あなたの会社は、行動目標を数値化していますか?
行動目標だけで終わっていませんか?
次回の更新は、今夜21:00です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■専任者をつけてください

こんにちは!



商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください



今回の社長のための1分間マーケティングは
「専任者をつけてください」。



もう3ヶ月前になりますが、新規事業のコンサルを
お願いしたいと連絡がありました。


話しをお伺いしたところ、なかなか面白い商品だったので、
当社としては前向きに考えました。


需要もありそうだったのです。
コンサル内容のプレゼンテーションもご理解いただけました。


ただ一つだけ、
先方に条件を出させていただきました。


「この新規事業に専任者をつけてください!」と、
口をすっぱくして何回も言いました。


実はこの会社、新規事業の専任者をつけずに、
既存事業の仕事もおこなう兼任者で始めようと考えていたのです。


兼任者ということは、責任もありません。
仕事も中途半端にしかできません。


既存事業が忙しくなれば、
新規事業は片手間になります。


あれから3ヶ月。
コンサル依頼の連絡はありません・・・


【マーケティング戦略のポイント!】
あなたの会社の新規事業は、専任者はいますか?
兼任者では、新規事業は片手間で、うまくいきません・・・
次回の更新は、今夜21:00です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■読まれないニュースレター

おはようございます!



商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください



今回の1分間マーケティングは「読まれないニュースレター」。


当社は、毎月数社からニュースレターが届きます。
同業者からも2社ほど。参考になります。


Aというコンサル会社から毎月送られてくるニュースレターは、
もう六ヶ月程、つまり6回分も開封されていません。


時間ができたら、読もう、読もうと思っているのですが、
優先順位としてはかなり低いのです。


一方Bという人材教育会社から毎月送られてくるニュースレターは、
毎月欠かさず開封し、読んでいます。


この違いは何でしょうか?
ニュースレター

左の大きい封筒がA社、
一番手前の小さな封筒がB社のものです。


B社の封筒には、ニュースレターの内容が、
ダイジェストで書かれています。


一方、A社の封筒には、何も書かれていません。
真っ白です・・・


情報過多の現在、せめて封筒には内容の一部を書いておいた方が、
読まれる(開封される)可能性は高いでしょう。


【マーケティング戦略のポイント!】
封筒にも一工夫が必要です。
開封してもらうには、内容の一部を封筒に記載してください。
次回の更新は、本日お昼12:00です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング