トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

イタリア

■家族経営の何が悪い!欧米と日本の違いとは?(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4049号】家族経営の何が悪い!欧米と日本の違いとは?(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

フランスに「エノキアン協会」と呼ばれるものがあります。
これは、家業歴200年以上の企業のみ
加盟を許される老舗企業の国際組織です。


加入できる条件としてほかに、
「創業者の子孫が現在でも経営者、もしくは役員であること」
「家族が会社のオーナーもしくは筆頭株主であること」
「現在でも健全経営を維持していること」です。


日本からは、
「法師(有限会社善吾楼)」
「株式会社虎屋」
「月桂冠株式会社」
「岡谷鋼機株式会社」
「株式会社赤福」
の5社のみです。


会社名を聞けば知っている企業ばかりですが、
冒頭の4つの条件を満たしている企業は、
ことのほか少ないのが現実です。


さらに、こんな話しもあります・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
2100本以上用意しています。 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、6/25あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■家族経営の何が悪い!欧米と日本の違いとは?

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4048号】家族経営の何が悪い!欧米と日本の違いとは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

フランスに「エノキアン協会」と呼ばれるものがあります。
これは、家業歴200年以上の企業のみ
加盟を許される老舗企業の国際組織です。


加入できる条件としてほかに、
「創業者の子孫が現在でも経営者、もしくは役員であること」
「家族が会社のオーナーもしくは筆頭株主であること」
「現在でも健全経営を維持していること」です。


日本からは、
「法師(有限会社善吾楼)」
「株式会社虎屋」
「月桂冠株式会社」
「岡谷鋼機株式会社」
「株式会社赤福」
の5社のみです。


会社名を聞けば知っている企業ばかりですが、
冒頭の4つの条件を満たしている企業は、
ことのほか少ないのが現実です。


さらに、こんな話しもあります。
世界でも100年以上の歴史を持つ企業の8割は、
なんと日本の企業だと言われています。
真偽のほどはわかりませんが、
様々なメディアでそう言われていることは確かです。


では、なぜ日本の企業は長寿なのでしょうか?


その理由のひとつとして、
単一民族であることがあげられます。
また、外敵が侵入しにくい、
海に囲まれた島国だということもあげられます。
たとえば、ヨーロッパは大陸ですので、
簡単に外敵が侵入します。
外敵が侵入してくれば、
企業は簡単に滅びてしまいます。 


このように、日本とそのほかの国では、
環境が大きく違うのです。
ですが、この条件だけでは、
企業が長生きするとは思えません・・・。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 

欧米の企業は、売上と利益重視、
そして経営の目は株主を向いていることが多いようです。
ですから、業績が下がってしまうと、
経営者は株主に簡単に首を斬られてしまいます。


一見すると、
こちらの方が長生きしそうな感じなのですが、
現実にはそうはいきません。 


一方、日本企業は売上や利益も大切ですが、
それ以上に人間関係を重視してきました。
つまり、成果第一主義ではないということです。
もちろん、企業ですから成果が出なければ存続できないのですが、
日本企業はその部分を人間関係によって
乗り越えてきたといっても過言ではありません。


欧米の企業は、
業績が悪くなると平気でレイオフを行います。
ですが日本では、給料やボーナスをカットしてまでも
全社を挙げて窮地を乗り越えようとします。
この辺が、欧米の企業と価値観の違うところです。


さらに、
「企業は何のためにあるのか?」というところに辿り着きます。
日本の経営者の中には企業は「人間修行の場」だという人もいます。
また、企業で働く目的は、「人間性の向上」だという経営者もいます。
仕事を通じて、人間性や人間力を高めるなんていう話しは、
欧米では通用しないような気がします。


そして、従業員の幸せを願っている経営者が多いのも、
欧米よりも日本に多いと思われます。
このようなデータがないので何とも言えませんが、
成果第一主義の欧米ですから容易に推測はできます。


企業で働くのは人です。
お客様も人です。
結局のところ、人と人との関係性を
いかに作っていくのかが企業活動だともいえます。
その結果、売上や利益がついてくるのです。


ヨーロッパの中でもイタリアは、
家族経営の企業は長寿のところが多いようです。
とにかく、自分の仕事に誇りを持っていますし、
先祖がやってきたことに対してもリスペクトしています。
イタリア人はこのようなことを当たり前のように公言します。


一方、日本人は、恥ずかしさもあって
なかなか自慢げに公言する人はいません。
これが大きな違いなのですが、
日本とイタリアは近い感覚なんだろうと私は思っています。


今の日本で家族経営なんていうと、
格好悪いと思われるかもしれませんが、
昔は家族経営の企業や商店ばかりでした。
今のような混沌とした時代には、
むしろ家族経営の方がチームワークはまとまりますし、
環境の変化に対応することも容易です。


また、従業員に裏切られることもない
という安心感もあります。
ただし、家族経営が故に大塚家具のような
骨肉の争いになることもあります・・・。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、6/23あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■25センチで350円!

商いは門門バナー2013.05











おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3179号】25センチで350円!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2005年の3月、私は家族と一緒に、
イタリアを旅していました。


確か、5泊7日の
ツアーだったと思います。


「ミラノ」、「ヴェローナ」、「ヴェネツィア」、
「フィレンツェ」、「ローマ」、「バチカン」
などに行きました。


様々な思い出がありますが、
イタリアの料理で一番最初に思い出すのが、
「パスタ」や「ピザ」です。


私たちが参加したのはツアーだったので、
朝食、昼食、夕食もあらかじめ
決まっていました。


ただし、ローマで1日だけフリーの日があり、
その日の昼食と夕食は、
各自自由に食べることになっていました。


私たちは、ホテルを出て、
バチカンに向かいました。


そして、「サン・ピエトロ大聖堂」でお土産を買い、
お昼を食べることにしました。


実は、イタリアに来てから
「ピザ」を食べていないことに気づき、
ぜひともピザを食べようということに
なったのです・・・。


慣れないローマの街を散策して、
オープンの準備をしている
レストランを見つけました。


純粋なピザ専門店ではなく、
ピザのほかにも、
イタリア料理が食べられる店でした。


「ピッツェリア・リストランテ」と言うそうです。


私たちは、
その店のオープンカフェのスペースで、
食事をすることにしました。


もちろん、ピザを注文しました。


日本でピザと言えば、
アメリカタイプのピザのことを指します。


生地は厚くて、チーズや具を
たっぷり入れて焼いたものです。


チーズは、融けると糸を引く
プロセスチーズを使っています。


一方、イタリアのピザは、生地が薄く、
チーズはモッツァレッラチーズを使っています。


ですから、イタアリのピザの方が、
あっさりとした味と軽い食感です。


また、イタリアではピザに
タバスコをかけないようです。


私たちが行ったお店では、
タバスコは置いてありませんでした。
 
 
=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


参考までに、イタリアはもちろん、
アメリカでもピザにタバスコをかけるのは
稀だそうです。


アメリカでは、パスタやピザに
砕いた赤唐辛子をかけることが多いようです。

 
先日、知り合いの経営者から、
ピザのチェーン店の話しを聞きました。


ピザのチェーン店といえば、
実店舗とデリバリーを含めて、
今や全国にあります。


ここ10年〜15年で、
すっかり定着しました。


それと同時に、私たちの食事の選択肢として、
確固たるポジションを確立したようです。


特に、小さな子供がいる家庭では、
定期的にピザを食べるのではないのでしょうか。


ピザの全国チェーン店を調べてみると・・・


===========================
●ドミノ・ピザ
●シカゴピザファクトリー
●ストロベリーコーンズ
●ピザ・カリフォルニア
●ピザーラ
●アオキーズ・ピザ
●ピザハット
●ピザ・ロイヤルハット
●シェーキーズ
●ナポリの窯
●ピザリトルパーティ
●宅配ピザ 10.4(テン.フォー)
===========================


これだけありますが、
これは氷山の一角です。


また、「ピザ=宅配」という
イメージも定着したようです。


さて、先程の知り合いの経営者から
聞いた話しですが、ピザのチェーン店で
躍進しているお店があると言うのです。


私は、「今さらピザのチェーン店?」
と思いました。


これだけ多くのチェーン店があり、
すでに市場は飽和状態だと
思っていたからです。


このピザチェーン店は、
「Napoli's PIZZA & CAFEE(ナポリス・ピザ・アンド・カフェ)」
と言う、窯焼きピザのファーストフード店です。


一番のウリは、
何と350円のマルゲリータです。


このほかにも、
チチニエリというピザが400円、
トンナータ というピザが450円で、
ピザは最高でも600円です。


フライドポテトやサラダなどのサイドメニュー、
ドリンクも充実しています。


さしずめ、ピザ界の
マクドナルドといった印象です。


まだ、首都圏を中心に
6店舗しか展開していませんが、
これから大きく伸びる可能性を秘めています。

ピザ















その理由は「価格」です。


実店舗と宅配の既存のピザチェーン店は、
良い意味で価格競争を避けてきました。


あくまでも、ピザそのものの素材や味、
アイデアなどで勝負してきました。


ですから、ピザの価格破壊は
起こり難かったのです。


たとえば、家族4人で宅配ピザを注文します。
ピザを3枚もオーダーすると、
3,000円〜4,000円にもなります。


よく考えると、高い買い物です。


また、実店舗でピザを食べても、
1枚1,000円近くします。


ところが、ナポリスでは、
25センチサイズのピザが350円から
食べることができるのです。


ファーストフードですから、
ランチに1人で行って食べることも可能です。


いずれにせよ、
低価格帯のピザがないことを見つけ、
その空白市場に向けて商品開発を
おこなったことがポイントです。


なかなか見つけることが難しい空白市場ですが、
私たちが気づかないだけで、
いっぱいあるのかもしれませんね。
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、6/28あさ7:00です
==============================

商いは門門バナー2013.05











【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング