トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

経営

【第4151号】凡人が成功するためには、これしかない?

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4151号】凡人が成功するためには、これしかない?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


世の中には、「天才」と呼ばれる人たちがいます。
天才とは読んで字の如く、天性の才能のことです。
あなたの周りには、天才と呼ばれる人はいるでしょうか? 
私は天才と聞いて、思い出す経営者がいます。 


その経営者は今から15年前に起業しました。
販売している商品とその業界は、
思いっきり斜陽産業です。
斜陽産業の代表的なビジネスです。


なぜ、斜陽産業に参入していったのか不思議でした。
ですが、この経営者は斜陽産業であっても、
臆せずわずか10年で年商20億円の会社になりました。


私は、この経営者にインタビューさせてもらったことがありますが、
とにかく発想がユニークです。
特に驚いたのは、
「将来的には、自社で取り扱っているメイン商品を無料にできる!」というのです。
メイン商品を無料にしても、
それを補うだけのビジネスモデルを考えていました。
弊社に当てはめれば、
コンサルティングを無料にするということになります。


ですが、どう考えてもコンサルティングを無料にしたら、
ビジネスとして成り立ちません。
しいて言えば、出版でベストセラーを連発すれば、
コンサルティングを無料にしてもなんとかなるかもしれませんが・・・。


私はこの経営者に、「若き天才」というキャッチフレーズをつけました。
本人はとても恥ずかしがっていましたが、
私には天才としか思えなかったからです。
数々のメディアでも取り上げられていました。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


マスメディアは、とかく天才を作りたがります。
特に、アスリートやクリエイティブの世界では、
若くして頭角を現したり、優勝したり、海外で活躍したりすると、
「○○の天才」「天才の○○」などと形容されます。
マスメディアにとっては、天才は恰好のネタになるのです・・・。
そうやって、マスメディアにつくられた天才も数多くいるはずです。


天才は様々なメディアから脚光を浴びるのに対して、
私のような凡人はまったく脚光を浴びることがありません。
このような中、どうしたら成功できるのでしょうか?


私の経験から、凡人が成功するには、
「長時間労働」と「大量行動」しかありません。
コントロール不能な画期的なアイデアやひらめきに期待していては、
成長できないのは確かです。


ランチェスター戦略の第一人者「竹田陽一」さん曰く、
中小企業の経営者の一年間の平均仕事時間は1850時間だといいます。
単純に365日では割ると1日平均5時間強の仕事時間になります。
経営者団体や付き合いなどの時間を考えると、
この程度なのかもしれません。
全然、長時間労働ではありません。


人の2倍働くというのは、
単純に労働時間を2倍にするのではなく、
2倍の平方根(ルート)になるんだそうです。
つまり、1.41倍です。
5時間×1.41=7.15時間となります。
一年に換算すると、2608時間です。

長時間労働

さらに、人の3倍働くのは3200時間となり一日8.7時間、
人の4倍働くのは3700時間で一日10.1時間ということになります。
長時間労働を行えば、大量行動が可能です。


また、長時間労働を行うには、
朝早く起きて夜遅くまで仕事をする必要があります。
結局のところ行き着く先は、朝早く起きないと、
長い時間を確保することができません・・・。
凡人が成功するには、まずは「長時間労働」と「大量行動」です。


効率がどうだの、能率がどうだの
ということは大量行動ができてからです。
大量行動ができないうちは、
効率や能率のことを語る資格はありません。


有名経営者は、みな大量行動をしています。
これが現実なのです。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、10/27あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

【第4150号】どこまで広がるアウトソーシング!(動画編)

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4150号】どこまで広がるアウトソーシング!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


アウトソーシングという言葉が普及して久しいですが、
アウトソーシングを上手に使えば
大幅なコスト削減につながります。


高度成長期であれば、
あらゆる仕事を内製化することが良しとされていました。
内製化とは、今まで外注に出していた仕事を
自社内でできるようにすることです。


ですが、内製化するということは、
人件費や設備投資が必要ということでもあり、
豊富な仕事量が必要です。
高度成長期やバブル期のように右肩上がりの経済の時は良かったのですが、
現在のように右肩下がりの経済の時は、
固定費がかさむ内製化は向いていません・・・。


たとえば・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。



動画ブログ「商いは門門チャンネル」では、
2250本以上用意しています。 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、10/26あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

【第4149号】どこまで広がるアウトソーシング!

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4149号】どこまで広がるアウトソーシング!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


アウトソーシングという言葉が普及して久しいですが、
アウトソーシングを上手に使えば
大幅なコスト削減につながります。


高度成長期であれば、
あらゆる仕事を内製化することが良しとされていました。
内製化とは、今まで外注に出していた仕事を
自社内でできるようにすることです。


ですが、内製化するということは、
人件費や設備投資が必要ということでもあり、
豊富な仕事量が必要です。
高度成長期やバブル期のように右肩上がりの経済の時は良かったのですが、
現在のように右肩下がりの経済の時は、
固定費がかさむ内製化は向いていません・・・。


たとえば、社内でテレフォンアポインターを育成しようと考えても、
テレフォンアポインターの教育をする人、テレフォンアポインターの確保、
さらにはマネージャーなど、多くの人材が必要になります。
さらに、教育をしても一人前に育つ保証はどこにもないのです。


下手をすれば、一人前になる前に辞めることも十分考えられます。
それでしたら、最初からテレアポ代行会社に
アウトソーシングした方が断然楽です。
教育も、人材確保も、マネジメントも必要ないのです。


このように、アウトソーシングとは従来は自社内で行っていた、
もしくは新規に必要なビジネスプロセスについて、
それを独立した外部組織からサービスとして購入する契約のことをいいます。
そうすることで、コスト削減と効率化に大きく寄与します。
経営の中で、このような動きはどんどん広がっています。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


やはり、餅は餅屋、専門家に頼むべきなのです。
さて、このアウトソーシングにも新しい波が起こっています。
なんとマネージャーをアウトソーシングする企業が登場してきたのです。


マネージャーとは、マネジメントを行う人で、
いわゆる管理職と呼ばれる人です。
従来の価値観からは、想像もできないような動きです。


日本式経営で管理職になるためには、
まずは現場の仕事をできるようになり、
出世すると管理職に就くという仕組みです。
逆にいえば、現場のことを知らないと管理職にはなれないという慣習があります。


私は仕事柄、数多くの管理職と話しをします。
そんな中で感じるのは、有能な管理職は少数だということです。
ほとんどの管理職は、部下のやる気を高めることもできませんし、
部下に行動を促すこともできません。
相変わらず数字の管理をして、
目標未達の場合は発破をかけるというような管理職が多いのが現実です。


そこで、外部にも目を向けてみると、
上場企業の元管理職や元コンサルタントがいます。
東京などの首都圏では、探すのも難しくはないでしょう。
管理職に育てるにも一朝一夕にはできません。
ならば、これもアウトソーシングしてしまおうという
企業が現れても何ら不思議はありませんし、
事実そのような動きが起こっているのです。


注目すべきは、かつては不可能だと思われていたことも、
今は可能になっていることがたくさんあるということです。
この管理職のアウトソーシングも、
その中のひとつです。

管理職

ある会社では、管理職のアウトソーシングを行っています。
最初、従業員たちは、外部からやってきた管理職に対して
敵意を持つのではないかという懸念があったそうですが、
全然そんなことはなく、むしろ仕事はスピーディにやるし、
経営者にも堂々とものが言えるので、
仕事がやりやすいと感じる人が増えたそうです。


このように、有能であれば管理職も
外部にやってもらえばいいんじゃないかという考え方の会社が増え、
結果、外部の元コンサルタントや技術者を雇うムーブメントが起きそうです。
きっと数年も経つと、これが当たり前の世の中になるのでしょう。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、10/25あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング