トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

経営

■辞める原因は、組織に馴染めなくて孤立・・・

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3884号】辞める原因は、組織に馴染めなくて孤立・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


先日、対照的な出来事がありました。
ひとつは、ある経営者団体のことです。
具体的には、中小企業家同友会のことです。


ある経営者が、
福島県中小企業家同友会に入会しました。
そうしたところ、熱烈な歓迎を受け、
既存会員の人たちがビジネスに繋がりそうな
既存会員を紹介してくれるというのです。


私は、いくつかの経営者団体に加入していますが、
このように良い意味でお節介な経営者はなかなかいません。
また、そういう経営者団体も珍しいと思います。


ほとんどの経営者団体は、
どちらかといえば新しく入会した会員に対しては、
様子見をしている既存会員が多いのではないでしょうか。
自分のことを考えてみても、
新しい会員が入会すると、
例会などで名刺交換をして、
少し立ち話しをして終わりです。


本来ならば、後日会社を訪問するとか、
電話をかけてフォローするとかが必要なのです。


このように考えると、
冒頭紹介した福島県中小企業家同友会は、
新入会員に対して商売に繋がりそうな会員を紹介するという、
新入会員にしてみれば大変嬉しいことをしてくれるのです。


私が加入している経営者団体でも、
先日こんなことがありました。
数ヶ月前に入会した会員なのですが、
そろそろ退会しようと検討しているというのです。


理由は、
「どのような関わり方をしたらいいのかわからない・・・」
「組織がどうなっているかわからない・・・」
ということでした。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


つまり、新入会員に対する
「フォロー」が不足していたのです。
入会直後のフォローさえしっかりしていれば、
入会後一年以内に退会する会員は大幅に減るでしょう。
これは団体や組織と呼ばれるものすべてに当てはまります。


また、弊社クライアントでも
このようなことがありました。
せっかく若い社員が入社したのですが、
わずか10日程度で退職したというのです。


実は、私はその社員に一回だけ
お会いしたことがあります。
とても明るく、元気な人だったので、
良い人が入社したと喜んでいました。
とても、残念です。


退職した原因はわかりませんが、
入社後1週間程度で辞表を提出する新入社員は、
結構いるようです。
私も会社員時代に、
そういう新入社員に遭遇したことが、
2〜3回あります。


このような話しを総合的に分析すると、
組織に新しく加わった社員は、
その組織文化に馴染まないケースもあります。
むしろ、最初から馴染む方が珍しいのかもしれません。
組織文化に馴染む馴染まないが、
大きなポイントとなります。


では、新しく加わった社員が、
その組織の文化に馴染むには
何をどうしたらいいのでしょうか?
答えは簡単です。


その組織に既にいる社員が、
新しい社員をウェルカムで迎え入れればいいのです。
新しい社員が加わったと一歩距離を置くのではなく、
「組織に入ってくれてありがとう!」という気持ちで、
全面的に受け入れるのです。


ですから、
「食事会」でも「飲み会」でも何でもいいので、
歓迎会をやることは大変重要なことです。
ウェルカム

また、新しい社員に
仕事を教えるための担当者もきちんと決めましょう。
「わからないことがあったら、誰でもいいから聞いて」
というのは最悪のケースです。


やはり、
「自分の面倒を見てくれるのは〇〇さん」
「わからなかったら、〇〇さんに聞く」
というように、担当を決めるべきなのです。
そうすることで、新しい社員は安心します。


誰でもいいから聞いてというのは、
一見便利なように思えますが、
責任の所在がはっきりしないのです。


ということは、
いい加減に教える社員もいますし、
人間関係も構築することができません。
とにかく、新入社員に対しては
ウェルカムの精神を忘れてはいけません。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、12/14あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■セブンイレブンが動いた!時代は変わった?!(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3883号】セブンイレブンが動いた!時代は変わった?!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


ここのところ、度々紹介するのは、
世の中が変化についてです。
日々の変化は小さいかもしれませんが、
30年前の1ヶ月の変化と、
現在の1ヶ月の変化は雲泥の差があります。


当然、現在の方が圧倒的に早く、
スピード感がまったく違います。
このように、変化が目まぐるしくなったのは、
明らかにインターネットの登場からです。


一分一秒、情報は垂れ流しとなり、
取捨選択を考える時間さえも許しません。
ですから、情報の取捨選択は
「感性」による判断が増えてきたのではないでしょうか?


つまり、様々な角度から検討して
「理性」で判断するのではないのです。
意思決定に、そんなに時間をかけていては、
時代に取り残されるだけです。
ですが、相変わらず意思決定に時間をかけて、
このことにさえ気づかない人が多いことも現実です。


さて、先日衝撃的なニュースが飛び込んできました。
それは・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
1950本以上用意しています。  


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、12/13あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■セブンイレブンが動いた!時代は変わった?!

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3882号】セブンイレブンが動いた!時代は変わった?!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


ここのところ、度々紹介するのは、
世の中の変化についてです。
日々の変化は小さいかもしれませんが、
30年前の1ヶ月の変化と、
現在の1ヶ月の変化は雲泥の差があります。


当然、現在の方が圧倒的に早く、
スピード感がまったく違います。
このように、変化が目まぐるしくなったのは、
明らかにインターネットの登場からです。


一分一秒、情報は垂れ流しとなり、
取捨選択を考える時間さえも許しません。
ですから、情報の取捨選択は
「感性」による判断が増えてきたのではないでしょうか?


つまり、様々な角度から検討して
「理性」で判断するのではないのです。
意思決定に、そんなに時間をかけていては、
時代に取り残されるだけです。
ですが、相変わらず意思決定に時間をかけて、
このことにさえ気づかない人が多いことも現実です。


さて、先日衝撃的なニュースが飛び込んできました。
それはセブンイレブンのことです。
なんと、セブンイレブンが40年ぶりに、
店舗のレイアウトを全面刷新するというのです。


顧客のニーズやウォンツに大変敏感なセブンイレブンが、
店舗のレイアウトを全面刷新するなんていうのは、
ただごとではありません。
現在の店舗レイアウトでは、
お客様のニーズやウォンツに対応しきれなくなってきた
ということなのだと察します。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


おもだった店舗レイアウトの変更は
以下の通りです。


=================================
●イートインスペースの設置
●冷凍食品コーナー3倍(夕食を意識)
●カウンターは3割長くなる
●カフェや揚げ物を充実
●雑誌は場所を移動して、幅は半分強に
 ただし棚を6段から8段にする
●500円以上で無料宅配してくれる
=================================


セブンイレブンが店舗レイアウトの変更に踏み切った背景には、
お客様のニーズやウォンツの大きな変化があったはずです。
大きな変化としては過去10年間で、


========================================
●冷凍食品は4.7倍
●揚げ物やコーヒー等のカウンター食品は2.6倍
========================================


という大前提があります。
この伸び率は、ただごとではありません。


逆に激減したものとして、
「雑誌は6割減」「雑貨は3割減」です。
伸びている商品がある一方、
こちらは深刻な減り方です。


あなたは、セブンイレブンの
この動きをどう見ますか?
単なる店舗レイアウトのリニューアルでしょうか?


私たちのライフスタイルは、
コンビニの登場によって大きく変わりました。


顧客ニーズやウォンツへの対応力
ナンバーワンと言われているセブンイレブンが、
店舗レイアウトを大幅に変えるということは、
私たちの生活が大きく変わったということです。


理屈は大変シンプルです。

岐路

やはり、流通業界の中で、
世の中の動きに一番敏感な
コンビニ業界は大胆な行動をします。
それに比べて、
「百貨店」「スーパー」など、
その昔からある既存業界の動きは鈍い
としか言いようがありません。


東京オリンピックまでの3年、
そして、東京オリンピック後・・・。
目まぐるしく変わる世の中をこの目で見れる一方で、
熾烈な生き残りレースが始まっているのです。
おちおちしていられません。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、12/12あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール
応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング