トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

戦略

■お金をかければ良いというものではない!

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4046号】お金をかければ良いというものではない!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

ここ10年くらいの傾向なのですが、
世の中の役に立ちたいという人が増えているそうです。
2000年代に入り、日本に災害が増えたということもあるでしょうが、
ボランティア活動をする若者が大変多いことに驚かされます。


2004年7月13日、
当時、私の住んでいた新潟県三条市は
大変な災害に見舞われました。
前日から降り続く雨、大谷ダムの放流などが重なり、
五十嵐川が破堤してしまいました。


私は、その日のことをよく憶えています。
朝の5時頃だったでしょうか、
顔が冷たくて目が覚めました。
窓を開けて寝ていたので、
雨が部屋の中に入ってきたのです。
生まれて始めての経験でした。


雨は小降りになって、
私は8時半過ぎに家を出ました。
車で10分のところにあるクライアント先で、
コンサルティングを行うためです。


このクライアントはセレモニー関係の事業を行っており、
建物の館内に入ってしまうと、
外の状況がわからなくなります。
大雨であろうが、台風であろうが気がつかないのです・・・。


約3時間のコンサルティングを終えて外に出てみたところ、
少しだけ雨が降っていました。
私は車に乗り込み、帰ろうとしばらく走ると、
道路が冠水しているではありませんか。
慌てて引き返して、別の道を行けば大渋滞です。
携帯から自宅に電話をかけたのですがまったくつながりません。
結局、家に帰るまで1時間半以上も要してしまいました。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 

帰ってからわかったのですが、
三条市は五十嵐川を境に三条市の半分が冠水してしまったのです。
もちろん、全国ニュースで大きく報じられました。
水が引いてからは、瓦礫の山です。
全国からは多くのボランティアがやってきました。


とにかく、若者の姿を見たのを憶えています。
恐らく今の若い人は、
学校の授業でボランティア活動をやっているので、
困っている人がいるとごく当たり前に
ボランティアをやるのが一般的なのかもしれません。

このような背景もあり、
世の中の役に立ちたいと思うのは、
生きがいにも通じます。
ですが、あまり大きなことを考えてしまうと、
自分は世の中の役には立っていないという
劣等感に陥ることになります。


心理学者のアルフレッドアドラーは、
「わたしは誰かの役に立っている」と思えた時にだけ、
自らの価値を実感することができると言っています。
また、役に立つことは、
些細なことでいいとも言っています。


森信三さんは、
お金がなくても他人へ喜びを
与えることができると言っています。
「無財の七施」と言い、
仏教の世界で使われる考え方なんだそうです。
無財の七施とは・・・


=================================================
一、眼 施
  ・・・優しい目つきや慈(いつく)しみのま
なざしで、
     すべてに接すること。 
二、和顔施
  ・・・いつもおだやかな顔つきで
人に接すること。 
三、言辞施
  ・・・愛あるやさしい言葉を使うこと。
四、身 施
  ・・・人のいやがることなどを、
気持ちよく実践すること、
     行動すること。 
五、心 施
  ・・・人の身になって心を配り、共に喜び、
共に悲しむこと。
六、床座施
  ・・・電車の中などで気持ちよく席を譲ること。
七、房舎施
  ・・・訪ねてくる人がいたら、気持ちよく
もてなすこと、
     気くばりすること。
=================================================


これが「無財の七施」です。
これならば、お金がなくても、誰でもできます。
ですが、これが難しいのです。


「企業は人生修行の場」と言った経営者がいますが、
無財の七施は人間性を高めるためにも実行したいものです。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、6/21あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■5~6回目で激変する相手の反応!(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4045号】5~6回目で激変する相手の反応!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


昨年、新潟市で開催された
「新潟Biz EXPO2017」に出展させていただきました。
この催しは、新潟県最大のビジネス展示会で、
入場者数は2日間で約1万人です。
弊社は、初めて展示会に出展しましたが大収穫でした。


2日間で、名刺交換をした人数は500〜600人、
着座しての商談は9社(うち3社は新潟区役所)、
さらにブースに立ち寄った人の中で
弊社サービスに強い興味を持った人が10数社ありました。


95%は面識のない企業ですので、
ものすごく効率のよい新規リストの収集方法といえるでしょう。
わずか2日間で、これだけ多くのリストを集めるのは、
展示会以外考えられません。
しかも、名刺交換をしているので、
憶えているいないは別としても、
対面でのコミニュケーションを行っています。 


全部で200社以上のブースがありましたが、
その中の10数社は知り合いのブースでした。
その中の1社でIT関係の業務を行っている
K社長とで立ち話しをしました。


元々、K社長は営業マンで、
必然的に営業の話しになりましたが、
初めて飛び込み営業やったというのです。
意外でした・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
2100本以上用意しています。 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、6/20あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■5〜6回目で激変する相手の反応!

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4044号】5~6回目で激変する相手の反応!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


昨年、新潟市で開催された
「新潟Biz EXPO2017」に出展させていただきました。
この催しは、新潟県最大のビジネス展示会で、
入場者数は2日間で約1万人です。
弊社は、初めて展示会に出展しましたが大収穫でした。


2日間で、名刺交換をした人数は500〜600人、
着座しての商談は9社(うち3社は新潟区役所)、
さらにブースに立ち寄った人の中で
弊社サービスに強い興味を持った人が10数社ありました。


95%は面識のない企業ですので、
ものすごく効率のよい新規リストの収集方法といえるでしょう。
わずか2日間で、これだけ多くのリストを集めるのは、
展示会以外考えられません。
しかも、名刺交換をしているので、
憶えているいないは別としても、
対面でのコミニュケーションを行っています。 


全部で200社以上のブースがありましたが、
その中の10数社は知り合いのブースでした。
その中の1社でIT関係の業務を行っている
K社長とで立ち話しをしました。


元々、K社長は営業マンで、
必然的に営業の話しになりましたが、
初めて飛び込み営業やったというのです。
意外でした。もう20年近く営業に携わっている人なので、
当然、飛び込み営業をやったことがあるものだと思い込んでいました。


話しを聞けば、飛び込み営業などやっても、
全然話しを聞いてくれないと思っていたそうです・・・。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 

ですが、いざやってみると、
多くの企業が話しを聞いてくれるというのです。
これに、K社長は驚いていたのです。
相手が話しをまったく聞いてくれず、門前払いであれば、
飛び込み営業はものすごく効率の悪い営業手法ですが、
話しを聞いてくれるのであれば、
最高に効率のよい営業手法です。

展示会

私は、新規飛び込み営業と既存客へのフォロー営業で
年間1,500件の訪問営業をやっていたことがあります。
かれこれ、4年以上続けました。
その中でわかったことは、
飛び込み営業は5回目以降が勝負だということです。


商売柄、スーツを着用して飛び込み営業となりますが、
中小零細企業では受け付けの人は怪訝そうな顔をします。
いかにも営業マンだからです。


そもそもが受付専任ではなく、
総務や経理で手の空いている人が対応してくれるので、
仕事の手を休めて対応する必要があります。
ですから、私のような営業マンが来ると
煙たそうな顔をするのです・・・。
仕事の邪魔をされた、という感覚なのでしょう。


一方、飛び込み営業でも、
対応がいいのはやはり大企業です。
怪訝そうな顔することは一切ありません。
きちんと対応してくれます。


ですが、担当者につないでもらうのが一苦労です。
必ず、「アポを取られていますか?」と聞かれます。
中小零細企業、大企業共に、飛び込み営業1回目は、
担当者に会える可能性も少なく、
名刺と資料を置いてくる程度になります。


ところが、月1回、毎月顔を出すようになると、
受け付けの対応も変わってきます。


そして、5〜6回目になると、
「いつも、ありがとうございます」
「お世話になっております」など、
友好的なコミュニケーションに変化をします。


これはどういうことなのかと言えば、
「顔」を憶えたということなのです。
ですが、名前は憶えていないでしょう・・・。


つまり、人間は顔を憶えてしまうと、
友好的な態度になるのです。
名刺に顔写真を載せるというのは、
非常に大切なことです。


まずは、名前よりも顔を憶えてもらうことが先決です。
「顔馴染み」といういう言葉はあっても、
「名前馴染み」という言葉はありません・・・。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、6/19あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング