企業の夢と挑戦を支援。
「組織開発」「人材育成」「営業」の改革で業績アップを実現します!
株式会社リンケージM.Iコンサルティングの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4523号】すでに夢が実現したかのように振る舞うと?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


私が「予祝(よしゅく)」という言葉を知ったのは、
今から3年程前のことになります。
天才コピーライター「ひすいこたろう」さんの講演で、
生まれて初めて「予祝」という言葉を知りました。


予祝は、
辞書にも載っている日本語の単語です。
誰かの造語ではないことを
予め伝えておきます。


ひすいさんは講演の中で、
「なぜ日本人はお花見をするのか? 」
という質問をしました。
実は、春に行う花見こそ、
古代日本人が実践していた、
夢を叶えるための儀式なんだそうです。


秋になったら農作物が
しっかりと収穫できるようにと、
春に満開に咲く桜を
秋のお米の実りに見立てて、
お酒を飲みながら先に喜び、
お祝いすることで願いを引き寄せていました。


ひすいさんは、
ある神社の方に教わったそうです。
なんと、
お花見こそが古代日本人が実践していた、
前祝いをすることで願いを引き寄せることでした。
これを「予祝」と呼んでいました。
言われてみれば、
呼んで字の如くです。


居酒屋甲子園でお馴染みの
「大嶋啓介さん」の講演を
ちょうど一年半前に聞きました。


大嶋さんは、
居酒屋てっぺんを経営する傍ら、
講演やセミナーを行い、
全国の甲子園を目指す球児たちの
メンタルトレーニングを行っています。


そのメンタルトレーニングに、
「予祝」を導入しています。
大嶋さん曰く、
高校球児たちにすごい効果が
出ているというのです。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


予祝の方法はいたって簡単で、
甲子園で勝ったことを想像しながら
校歌を歌うところから練習が始まります。


甲子園で優勝したら、
両親やお世話になった人たちに
どのような言葉や想いを伝えたいか、
「予祝手紙」も書くそうです。


あたかも優勝したかのような
振る舞いをすることがポイントです。


そうしたところ、
大嶋さんがメンタルトレーニングで関わった
高校野球部24校のうち、
なんと9校が甲子園に
出場したというから驚きです(2016年度)。


予祝の具体的なやり方は、
「予祝手紙」
「予祝電話」
「予祝インタビュー」
「予祝黒板」など、
多種多様です。


たとえば、
ひすいこたろうさんのブログで
予祝インタビューが紹介されています。
やり方は非常に簡単で、
願いが叶ったことを前提で
友達とインタビューしあいます。


インタビュー項目は、
=================================================
●夢が叶ったいま、どんな気持ちですか?
●夢がかなったときの詳しい状況を教えてください
●夢を叶えたことで、周りからはなんと言われて
 ますか?
●特に印象に残ってるシーンはありますか?
●具体的に何をしたから夢が叶ったんですか?
●多くの人は夢をあきらめてしまうのに、
 どうしてあなたはあきらめなかったんですか?
●なにが成功の要因でしたか?
●夢を叶えるために誰がキーパーソンでしたか?
●途中で、どんな困難がありましたか?
 それをどう乗り越えましたか?
●夢を叶えたとき、誰が一番喜んでくれましたか?
 その人は、どんなふうに喜んでくれましたか?
●いま誰に感謝したいですか?
  誰にどんなふうにお礼を伝えたいですか?
=================================================


このような質問をしながら
インタビューしていきます。
一番大切なことは、
夢を叶えた時の喜びを
リアリティを持って感じることです。

予祝

また、質問に答えていると、
最初はぎこちなくても
突然言葉が閃いたり、
自分では思ってもみなかったことを
話たりすることがあります。


注意点としては、
無理して大きな夢を語る必要ありません。
夢という言葉を聞くと、
壮大なことでないといけないと
思う人がいますが、
予祝は喜びを先取りすることです。


企業の夢と挑戦を支援。
「組織開発」「人材育成」「営業」の改革で業績アップを実現します!
株式会社リンケージM.Iコンサルティングの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、1/7あさ7:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください