2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3741】消費の価値観が変化する予感が・・・(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

かつて日本には、「もったいない」という文化がありました。
「もったいない」は日本独自の文化で、
他国語に訳せないそうです。
つまり、外国には「もったいない」という概念がないということです。


ではなぜ、日本にだけ「もったいない」という
文化が根づいたのかは不明ですが、
いろいろと推測するのも楽しいですよね。


もったいないとは、
「物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しみ、
嘆く気持ちを表している」単語です。
もともとは仏教用語で、「物体無い」とも「勿体無い」とも書き、
「不都合である」「かたじけない」などの
意味で使われていたそうです。


現在では、「物の価値を十分に生かしきれておらず、
無駄になっている状態やそのような状態にしてしまう行為」を、
戒める意味で使用されています。
日本に於いては、1970年代の高度成長期までは
「もったいない」という文化は一般的な価値観でしたが、
その後、大量生産&大量消費が主流になり
「使い捨て」という文化が広がりました。


たとえば・・・、


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
1550本以上用意しています。       

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、2/3あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください