2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3582号】「素直さが大切」と言いますが・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

昨年の暮れ、ある異業種勉強会に参加した時のことです。
この異業種勉強会は、2ヶ月に1回、
例会を開催しているのですが、
会員は十数名と少数です。


この日は年末の忙しい時期と重なり、
わずか5名の参加となりました。
人数が多ければいいというものではありませんが、
5〜6名だと寂しさを感じてしまいます。


元々この会は、例会といっても、
これといったやり方を決めているわけではなく、
かなり自由にやったいます。
これが、ほかの異業種団体や経営者団体と、
大きく違うことです。
十数名の小さな団体だからできるのです。


さて、約2時間の勉強会でしたが、
終盤「守破離(しゅはり)」について、
ある会員が口火を切りました。
ウィキペディアによれば「守破離」とは、
日本における茶道、武道、芸術などにおける
師弟関係のあり方のひとつで、
個人のスキルを3段階で表しているものです。


「守」は、師匠にいわれた型を習得することです。
その後、その型を研究して、
自分に合ったより良い型をつくります。
これが、師匠に教えられた
既存の型を破ることですから「破」です。
最後は、型から自由になり、
型から「離れ」て自在になることができます。
これが、「離」というわけです。
茶道や武道などで、
新たな流派が生まれるのは、
「離」ということです。
 
 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


この「守破離」は、スポーツ、仕事、勉強など
、世の中のあらゆることに通じます。
わかりやすくいえば、


=================================================
●守…支援のもとに作業を遂行できる、自律的に作業
   を遂行できるレベル。
●破…作業を分析して、改善や改良できるレベル。
●離…新たな知識や技術を開発できるレベル。
=================================================


と言えるでしょう。


冒頭紹介した異業種勉強会の中で、
「守」がひじょうに難しいということになりました。
特に仕事の現場では、仕事に対する意識が高い人、
自己主張の強い人に限って、
中途半端な「守」になってしまいます。


というのは、先輩からスキルを教えてもらいます。
最初は何もわからないので、素直にいうことを聞きます。
ところが、しばらくして慣れてくると、
余計な向上心がムクムクと起き上ってくるのです。


余計な向上心とは、
「この方法ではなく、もっとこうした方がいいのではないか?」
「人マネではなく、オリジナリティを加えたい・・・」など、
自分なりの一工夫をしたいという気持ちです。
そうすることで自分の心は満たされますが、
肝心のスキルは先輩から教わった型から、
どんどんズレていきます。


そして、こんなことをしばらく続けていると、
自己流になってしまうのです。
これが、「守」が難しいということです。
みなさんも、身に覚えはありませんか? 
私は、身に覚えがありすぎて反省しています…。


「強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに
3人の息子を京都大学に放り込んだ話(徳間書店)」
の著者として有名な「宝槻泰伸さん(ほうつき・やすのぶ)」という人がいます。
宝槻さんは、上手くいく子どもと
そうでない子どもの違いをこう言っています。


ひとことで言えば、「素直さ」で、
上手くいく子ども
は心が開いていて、
アドバイスを受け止めようとする力があるそうです。


一方、心が閉じている子どもは、
素直に受け止めるまでに回数がかかります。
学力のあるなしは、IQではなく素直さが
大きく関わっているのではないかと宝槻さんは言っています。
心が閉じている子どもは、周囲から承認された経験がないので、
「認めること」と「褒めること」が効果があるそうです。

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、1/30あさ5:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください