2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3298号】汚い、儲からない、難しい・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

もう半年以上前のことですが、
ある経営者団体の会報誌で
「中小企業が生き残っていくために」という
テーマの記事を読みました。


その記事は、ある製造業の経営者が
執筆したものです。


当たり前のことですが、
中小企業が生き残っていくためには、
競合と違う独自性や優位性がなければいけません。


競合と同じことをやっていたのでは、
価格競争に巻き込まれます。


そうなれば、資本力のある企業に
軍配が上がります。


また、商品力が同じであれば、
営業力のある方に軍配が上がります。


いずれにせよ、こうなると
大企業が優位になってしまいます。


ですから、私たち中小企業は、
大企業と同じことをやったのでは
勝ち目はありません。


大企業を同じ商圏内で
「シェア1位の企業=ナンバー1企業」
と置き換えても良いでしょう。


頭ではわかっていても、
ついついナンバー1企業と
同じことをやりたくなる経営者も多いことでしょう。


ナンバー1企業に右ならえをすれば、
大きなリスクがないと思っていたり、
難しい意思決定をしなくても済みます。


しかし、ナンバー1企業に
勝つことは永遠にないでしょう・・・。


ところが、ナンバー1企業と
違う独自性や優位性を創るとなると、
難しい意思決定をしなくてはいけませんし、
大きなリスクも伴います。


やはり、生き残っていくためには
覚悟が必要です。
 
 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 


さて、冒頭の記事ですが、
中小企業が生き残るためのヒントとして、
お客様や周囲の企業が
こんなことを洩らしていたらチャンスだというのです。


========================
/佑侶がる仕事
汚い仕事
L戮らない仕事
て颪靴てできない仕事
========================

 
この4つですが、集約すれば
人の嫌がる仕事です。


「汚くて人の嫌がる仕事」
「儲からなくて人の嫌がる仕事」
「難しくて人の嫌がる仕事」
ということです。


要は、
お客様が困っていたり、悩んでいたら、
それを解決してやれば
それが新しいビジネスになるということです。



ものすごくシンプルな発想ですが、
世の中の4分の3のビジネスは、
困りごとや悩みごとの解消です。


ただし、このようなことは
容易にはできません。


「資金の問題」「人的資源の問題」「能力の問題」をはじめ、
経営者が徹底的にやり切ることを
覚悟しなければ成功しません。


中途半端な気持ちで取り組むと、
痛い目に遭うことになるでしょう・・・。


かつて私は、一般社団法人の
理事を任されたことがあります。


一般社団法人といっても、
一般企業を経営するのと
何ら変わりありません。


しかし、本業のコンサルティングがあり、
一般社団法人の経営が
片手間になってしまいました。


本気でやっても上手くいかないこともあるのに、
中途半端な関わり方で成功するほど、
組織の経営は甘くありません。


やはり「覚悟」なのです。


辞書で「覚悟」を調べると、
「危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、
それを受けとめる心構えをすること」とあります。


何をやるにしても、困難がなく、
物事が順調に運ぶことはありません。


むしろ、
困難があることが当たり前で、
困難が少ないビジネスは
簡単にマネされるということです。



ですから、困難があればあるほど、
独自性や優位性を保てます。


そういった意味では、
「汚い」「儲からない」「難しい」などの
「人の嫌がる仕事」は困難を極めますが、
競合が簡単にマネすることはないのです。


このような話しになると思い出すのが、
東京都墨田区で金属加工業をおこなっている
「岡野工業」です。


岡野工業は、
「儲からない仕事」と「難しくてできない仕事」
だけをおこなっています。


前者は自動化することで利益を出しますし、
後者は代表「岡野雅行」さんのアイデアで
難題を解決します。


代表作はテルモの「痛くない注射針」です。

テルモ
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、4/2あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください