商いは門門バナー












おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
謎が残る創業秘話と価格の関係
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今年の3月のことでした。


私は、新潟市で開催された
あるセミナーに参加しました。


新潟市内で開催されるセミナーに参加すると、
必ず知り合いの経営者数人に、
バッタリお会いします。


多ければ、参加者の6〜7割が
知り合いだったなんてこともあります・・・。


興味のベクトルが同じなんだと思い、
世間が狭いことをつくづく実感する瞬間です。


ところが、このセミナーでは参加者約30人のうち、
知り合いはわずか1人だったのです。


知り合いとは、何回も会ったことがあり、
お互い名前で呼び合え、
会話ができる仲の人を言います。


受け付けを済まして会場に入ると、
見知らぬ人ばかりなので、
緊張感が一気に高まりました。


つい、キョロキョロしてしまいました・・・。


このような状況の中、
セミナー後は懇親会に参加しました。


セミナー会場からは、
徒歩2〜3分の「楼蘭(ろうらん)」
というダイニングでした。


料理は、和・洋・中と揃っており、
飲み放題で3,500円という安さにも驚きましたが、
料理が美味しいのにもさらに驚きました。


平日でしたがほぼ満席でしたので、
繁盛店なんだと思います。


後でわかったのですが、
この楼蘭という店は、
「三宝(さんぽう)グループ」のお店でした。


三宝グループは、
新潟県では有名な飲食チェーンです。


「レストラン三宝」という家族向けの
中華料理店が特に有名で、
リーズナブルな価格で中華料理を
気軽に食べることができます。


また、「さんぽう亭」や「三宝亭」
というラーメン店も展開しています。


そのほか、イタリアンの店舗なども
含めると全国に44店舗、
上海とシンガポールに12店舗
を展開しています。


調べてみて驚きました。

 
=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


そんなことで、
私が三宝グループに抱いていたイメージは、
「三宝=中華料理」です。


ですから、楼蘭という和洋中のダイニングには
面食らってしまいました。


さて先日、久しぶりに
ラーメン店の「三宝亭」を利用しました。


コンサルティングで長岡市に行った時、
「長岡シビックコア店」でお昼をいただきました。


1人だったので、カウンターに座りました。


カウンターテーブルの上には、
3〜4種類のメニューが置いてありました。

 
一番上には置いてあったのは、
カレーの通販チラシをラミネートしたものです。


その下に、ラーメンも含めた
総合メニューや季節メニューがありました。


ラーメンのメニューよりも、
カレーの通販チラシが上なのです。


おまけに、カウンターテーブルの上には、
このカレーの卓上A型ポップまで置いてありました・・・。


相当、力を入れていることがわかりますね。

 
このカレーですが、
三宝グループ創業45周年記念の
特別メニューということです。


チラシは、「三宝の原点(ルーツ)は洋食」
というキャッチコピーが、目に飛び込んできます。


その隣には、
「名門ホテルで磨いたフランス料理の
深い味わいとこだわりを限定発売」
と書いてあります。


私には、三宝亭がなぜカレーを通販しているのか、
まったく意味不明でした。


また、名門ホテルとフランス料理も、
三宝亭とは結びつきませんでした。


そんなことで、細かい説明文を読んでみました。

 
=====================================================
昭和31年、三宝グループの創業者「金子行宏(現会長)」は、
東京日比谷の日活国際ホテルの洋食部門に就職。
当時、誰もが憧れる名門ホテルでフランス料理の
修行に明け暮れました。
後に故石原裕次郎さんの空前の豪華結婚式が同ホテルで開催され、
日本中にそのニュースが流れた際にも厨房で腕を振ふっていました。
後に三宝の開業まで、11年間洋食一筋に腕を磨いてきました。
三宝グループは実は洋食から始まったのです。
グループ45周年の感謝をこめて、創業者「金子行宏」が
洋食への長年のこだわりを注いだ、
特別なカレーライスをお届けいたします。
=====================================================


これが、「冷凍ファウンダーズカレー」という、
三宝グループの創業者がこだわった欧風カレーです。

三宝亭

















私はこれを読んで、
創業者の金子会長の人生から生まれた
こだわりのカレーに、俄然興味がわいてきました。


そして、ひとつの大きな疑問がわいてきました。
金子会長が独立する際、洋食ではなく、
なぜ中華料理だったのでしょうか?


いろいろと想像が膨らみます。
あなたの会社やお店には、このような物語はありますか?

 
「創業時の苦労」、「商品開発秘話」、
「事業転換の秘密」など、
共感をよぶ物語は、競合との大きな差別化となり、
購入の基準が価格ではなくなりますよ!

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、4/8あさ7:00です
==============================
商いは門門バナー












【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください