商いは門門バナー











おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
優先順位の決め方とは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今年の2月末に、
新潟活版所の渋谷研一社長と一緒に
おこなった「SWOT分析セミナー」でのワンシーンです。

 
SWOT分析の考え方ややり方などの詳細は、
ネットでも沢山紹介されているので、
割愛させていただきます。


さて、このセミナーでは、
自社の「強み」と「弱み」、
社会環境の「機会」と「脅威」を
列挙することからスタートしました。


そして、この4つを組み合わせることで、
自社が進むべき方向を考えるというものです。


このSWOT分析ですが、
言うは易く行うは難しで、
慣れていないとなかなか上手くはいきません。


また、1人で考えていても、
良いのか悪いのかが判断つかない場合があるのです・・・。

 
そんなこともあり、
今回のセミナーを企画したわけです。


正直言って、
自社の「強み」と「弱み」、
社会環境の「機会」と「脅威」が、
何個くらい明確になるのかが心配でした。


無理をする必要はありませんが、
あまりに数が少なくては、
4つの組み合わせで方向性を考えた際、
視点の広がりがなくなってしまうのです。


ある程度の水準のアウトプットを
持ち帰っていただきたかったので、
セミナーが始まる前まで、そんな心配をしていました・・・。


しかし、そんな心配は、
すぐに吹き飛んでしまいました。


参加者全員が、もの凄い数の「強み」と「弱み」、
「機会」と「脅威」をアウトプットしました。


さすがに、意識の高い経営者が
集まると違います。


その後、この4つを組み合わせて、
自社の方向性を考えました。


約2時間半に渡って、
脳みそに汗をかいていただき、
最後は各自発表です。


=============================================================
長谷川博之の眼★超地域密着マーケティングのポイント!
============================================================= 
私が動画で解説しています! 


1人3分程度で発表していただましたが、
素晴らしいアウトプットでした。


何が素晴らしいかといえば、
とにかく様々な視点から方向性のアイデアが出たことです。


これも先程同様、あまりに数が少なくては、
選択肢の余地がなくなります。


SWOT分析のように、
様々な視点から自社の方向性を考えるような
フレームワークでは、とにかく数が必要です。


しかし、多くのアイデアがアウトプットされた場合、
デメリットもあります。


あまりに数があり過ぎて、
収集がつかなくなる場合があります。


これには、注意が必要です。


このような場合は、
まず情報の整理整頓をおこないます。


一番簡単にできるのは、
同じようなアイデアをひとつにまとめることです。


これだけで、
随分とシンプルになる場合もあります。


その後、優先順位をつけていきます。
実はこれも、言うは易く行うは難しなのです・・・。


一概に優先順位をつけると言っても、
下手をすると「好き」「嫌い」で
決めてしまう場合があるからです。


では、どうしたらいいのでしょうか?


優先順位をつける方法として、
「重要度」と「実現度」で判断することを
おすすめします。


「重要度」と「実現度」とは・・・、


===================================
●重要度…どれだけ効果が期待できるのか?
●実現度…実現する難易度は?
===================================


ここに、ひとつの戦略のアイデアがあります。
これが実現できれば、
市場で圧倒的なシェアを獲得することが、
かなり高い確率で期待できます。


しかし、この戦略を実行するには、
現状のスタッフでは無理があります。
また、時間もかかりそうです。


このケースでは、効果は期待できますが、
実行するのが困難ということになりますね。


反対に、現状のスタッフでも、
わずか1ヶ月もあれば実行できますが、
効果は中の下なんてのもあるわけです・・・。


このケースは、
効果が大して期待できませんが、
実行するのは簡単だということです。


このように、優先順位をつける場合は、
「重要度」と「実現度」を数値化して、
掛け合わせて判断するとよいでしょう。


この方法については、
矢矧晴一郎(やはぎ・せいいちろう)さん
というコンサルタントの「YS法」が
ひじょうに参考になります。

YS法

















矢矧さんは、20業種の売上トップ10企業の
7割をコンサルティングしてきた
伝説のコンサルタントです。


このほかにも矢矧さんは、
毎日の仕事の優先順位を決める方法として、
「重要度」、「緊急度」、「所要時間」の3項目を数値化して、
その日のスケジューリングをする方法をすすめています。
 
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/26あさ7:00です
==============================
商いは門門バナー












【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください