トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

2018年12月

【第4191号】創業祭や周年祭を活用できませんか?

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4191号】創業祭や周年祭を活用できませんか?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


私は27歳〜37歳までの約10年間、
量販店に勤めていました。
この10年間で、
様々な経験をさせていただきました。


たとえば、
東急百貨店との業務提携の話しが持ち上がりました。
どのような経緯で、そうなったのかは不明ですが、
約5年間、東急百貨店と業務提携しました。


当時は何のことやら、
さっぱりわかりませんでしたが、
東急百貨店からは3人の出向社員が来ました。


取締役常務、課長、係長の男性3人です。
この3人は、生粋の百貨店の売場出身です。
ですから、量販店のような、
接客のないスタイルに大変な違和感を感じたようです。


そりゃそうですよね。
最低限の接客しかしない量販店と、
接客のない販売は考えられない百貨店では、
同じ小売業でも180度ビジネスモデルが違う
といっても過言ではありません。


業態の違う2社がひとつになるのですから、
その難したるや半端ではありません。


結局、この業務提携は5年で終わるわけですが、
私にとっては学ぶことが多かった5年間でした。
その中で、量販店も百貨店のどちらでも使える販売促進が、
「創業祭」や「周年祭」です。


「創業○○年に感謝を込めて」
なんていうキャッチフレーズで
展開される恒例の販売促進です。
日本全国地域関係なく使われている、
昔からある販売促進ですが、
まったく廃れることを知りません。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


そう考えると、
「創業祭」や「周年祭」というのは、
人間の感情を揺さぶるものがあるのでしょう。
そんな動きがアーチスト業界でも
顕著になってきました。
たとえば・・・


=================================================
【2018年】
●B'zデビュー30周年
●サザンオールスターズデビュー40周年
●BOOWY解散30周年
●松任谷由実デビュー45周年
●竹内まりやデビュー40周年
●椎名林檎デビュー20周年
●宇多田ヒカルデビュー20周年
●浜崎あゆみデビュー20周年
=================================================
【2019年】
●奥田民生ソロデビュー25周年
●Mr.Children結成30周年
●DREAMS COME TRUEデビュー40周年
●X JAPANメジャーデビュー30周年
●忌野清志郎没後10周年
=================================================
【2020年】 
●中島みゆきデビュー45周年
●サカナクション結成15周年
●LUNA SEA終幕20周年、活動再開10周年
=================================================


これだけ毎年、
アニバーサリーがあります。
これを利用しない手はありません。


参考までに、
松任谷由実のデビュー45周年記念ベストアルバム
「ユーミンからの、恋のうた。」が、
今年の4月11日に発売されました。
1週間で10.8万枚を売り上げ、
4月23日付オリコン週間アルバムランキングで
初登場1位を獲得しました。

創業祭

アニバーサリーアルバムは話題性もありますから、
メディアで紹介されるだけでなく、
かつてのファンだ
った人の目にも
留まることになります。


懐かしさで、
思わず購入してしまったという人も
多いことでしょう。


そうなると、
現在のファン+過去のファンが
対象になりますから、
市場としては広がりをみせます。


これは小売業やアーチストに限った話しではなく、
BtoBでも該当します。
私のようなコンサルタント業にも当てはまります。


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、12/13あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

【第4190号】会社が潰れる理由とは?売上不振ではない!(動画編)

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4190号】会社が潰れる理由とは?売上不振ではない!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


中小企業の倒産件数は、
最近は少しずつ減ってきていますが、
それでも毎年8,000社以上の企業が倒産しています。


東京商工リサーチの調べによると、
2010年は13,246社、
2011年は12,687社、
2012年は12,079社、
2013年は10,859社、
2014年は9,723社、
2015年は8,806社と、
徐々に減ってきています。


大変いい傾向ではありますが、
私の予測では2020年を境に
日本経済は市場の縮小を余儀なくされます。
恐らく、2030年までの10年間は、
企業数も相当減ると思われます。


もちろん、倒産だけでなく、
後継者不在での廃業やM&Aなども
顕著になるでしょう。


世の中には、おもしろい団体があります。
倒産した企業の社長が集まった団体で・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。



動画ブログ「商いは門門チャンネル」では、
2300本以上用意しています。 


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、12/12あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

【第4189号】会社が潰れる理由とは?売上不振ではない!

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第4189号】会社が潰れる理由とは?売上不振ではない!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


中小企業の倒産件数は、
最近は少しずつ減ってきていますが、
それでも毎年8,000社以上の企業が倒産しています。


東京商工リサーチの調べによると、
2010年は13,246社、
2011年は12,687社、
2012年は12,079社、
2013年は10,859社、
2014年は9,723社、
2015年は8,806社と、
徐々に減ってきています。


大変いい傾向ではありますが、
私の予測では2020年を境に
日本経済は市場の縮小を余儀なくされます。
恐らく、2030年までの10年間は、
企業数も相当減ると思われます。


もちろん、倒産だけでなく、
後継者不在での廃業やM&Aなども
顕著になるでしょう。


世の中には、おもしろい団体があります。
倒産した企業の社長が集まった団体で
「八起会(やおきかい)」という会があります。
会長は野口誠一さんで、
野口さんも倒産の経験を持っています。


八起会が「倒産の原因ベスト10」を発表しています。


「〃弍勅圓旅睨、経営能力の過信」
「⊆勸教育の不備、欠如」
「事業目的・目標・計画性の欠如」
「ざ罰情報の不足と環境変化への対応」
「タ珪ι覆侶臟 技術開発の遅延」
「Σ板輊塹臓同族経営の弊害」
「Ц私混同、経営哲学の欠如」
「┠菽芭蓮実行力の欠如」
「計数管理の不足と勉強不足」
「ワンマン、反省心の不足」
となっています。


これらに共通することは、
倒産の原因はほとんど
内部のことが原因だということです。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


八起会はこのほかにも
「倒産する社長の共通10項目」を発表しています。


=======================================
ー己中心的
悪いことはすべて他人のせい
7いなこと、苦手なことを避ける
た燭陵Φいない―縮小、謝罪、相談
テで分かっていても実行しない
Δ人好し―頼まれたらノーとは言えない
Т垳気凌瓦覆
反省心の欠如
時間貧乏―働きすぎ、遊びすぎ
公私混同―金銭感覚の欠如
=======================================


耳の痛い社長もいるかもしれません。
私も人のことは言えないのですが、
仕事柄多くの社長にお会いしますが、
心当たりがある人もいます。


とはいうものの完璧な社長はいないので、
ここで重要なのが右腕の存在です。


さて、倒産を防ぐには、
どうしたらいいのでしょうか? 


一見すると「販売不振」が
倒産の原因第1位だと思っている人もいるかもしれません。
これならば、
とにかく販売すれば解決できますが、
現実にはそうはいきません。


何年間も販売不振でも、
企業を維持できている経営者もいます。
販売不振でも、
企業規模を縮小したり、
付加価値の高い商品を開発して売上は下がっても、
利益額が大幅にアップした企業もあります。

倒産

そう考えてると会社が潰れる主な原因は、
経費が粗利益額を上回った時です。
逆に考えれば、
経費が粗利益額を下回れば、
会社は永遠に存続できます。


ですから、
業績不振の会社の社長が最初にすべきこととは、
売上を伸ばすことではなく、
「粗利益を上げること」と「経費を下げること」なのです。


絶対にやってはいけないことは、
売上を上げるために経費を使うことです。


営業経費、広告宣伝費、販売促進費
ということになりますが、
これらの経費をかけて
売上は伸びたかもしれませんが、
これらの経費が加算されることにより、
前より悲惨な状況になることもありえます。


つまり、何もやらなかった方がよかったということです・・・。


180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、12/11あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング