トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

2018年01月

■社風いろいろ!社風に正解はないが・・・

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3920号】社風いろいろ!社風に正解はないが・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


私は、業種業態、企業規模を問わずに
様々な企業とお付き合いがあります。
クライントとのお付き合い、
飛び込み営業をやっての出会い、
テレアポ営業で訪問しての出会いなどです。


特に、初めて訪問した時、
その企業の社風を感じ取ることができます。
言葉では明確に語ることはできませんが、
玄関を入って事務所を見渡した時の反応で
大よそわかります。


「明るい雰囲気の企業」
「落ち着いた雰囲気の企業」
「慌ただしい雰囲気の企業」
「冷たい雰囲気の企業」
など、企業の数だけ社風はあります。
あなたの会社の社風はどんな感じですか? 


来社されるお客様に聞いてもいいでしょう。
自分達では明るい雰囲気だと思っていても、
意外にも意外、暗いと感じているお客様も
多数いるのかもしれません・・・。


強みや弱みもそうなのですが、
自分達が思っていることと、
お客様が思っていることが一致することは稀です。
ほとんどの場合、大きな乖離がみられます。
それだけ、お客様視点で自社を分析するのは難しいのです。


もし、冷静に自社分析ができれば、
その企業はものすごく繁盛すると思います。


「人のことはよくわかるが、自分のことはよくわからない・・・」
という人がいますが、ほとんどの人がそうです。
もちろん、私もそうです。


さて、今日は社風について考えてみたいと思いますが、
私の所属する新潟県中小企業家同友会の
Y社長の会社の社風がおもしろいので紹介します。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


Y社長の会社の社風は、
以前から耳には入っていました。
この会社の創業者は、Y社長の父親です。
現在は、会長職に就いています。
元々私は、会長と知り合いで、
その後、社長である息子さんと出会いました。


会長が社長だった時、
社長の信念は「すべて許す」でした。
また、どんなに悪いことが起こっても、
すべて自分に原因があると思っていれば間違いないと、
教えられたこともありました。
当時、なるほどと納得した記憶があります。

さらに、すごい事実を知りました。
この会社を辞めた社員は全部で25人いますが、
その中で自己都合で退職した人はわずか1人なのです。
もう数年前になりますが、
この会社を訪ねて会長と話しをしていると、
お客様が来社しました。


あとでわかったのですが、
以前、この会社に勤めていた社員の方だそうです。
このように、以前社員だった人が、
よく遊びに来るということでした。


一般的には、辞めた会社に遊びに行くことは、
なかなかないでしょう。
私も、以前勤めていた会社に
遊びにいったことはありません・・・。


つまり、この会社を自己都合以外で辞めた24人は、
会社が嫌になって辞めたのではなく、
本当は辞めたくないが、やむを得ず辞めなければいけなくなった
という人ばかりなのです。
羨ましい限りです。


社員の定着がままならないという企業が多い中で、
会社に愛着心を持った社員が多いということです。


さて、この会社は代が替わり
息子が社長になったわけですが、
やり方は違えども受け継がれてきた
「お気楽社風」をこれからも大切にしていきたいと
語っています。


実は、決して楽な仕事ではなく、
3K(きつい、きたない、危険)で、
各案件ごとに担当者が提案、設計、施工の
すべて任されるので、重圧がのしかかります。
ただ、ノルマはありあせん。


また、ミスをした場合でも誰も怒らないうえ、
大きな損失を出しても特にそれは触れず、
「どうやって解決しようか」
にすぐ切り替わるというのです。


さらに、社員の方々は
社長に不満や文句を言うそうです。
このような社風なので、
あまり追い込まれないし、
鬱積(うっせき)が溜まっていないのかもしれないと、
社長は言っています。


目標に向かって
まっしぐらなんていう社風もいいのですが、
お気楽社風もいいものですね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、1/25あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■ヒット商品の条件はクチコミとSNS!(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3917号】ヒット商品の条件はクチコミとSNS!(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


もう随分前のことになりますが、
知り合いが喫茶店を始めました。
オープン直後にお伺いしたのですが、
お昼時だったのでランチを頼みました。


確か「うどんサラダ」だったと思うのですが、
新鮮な野菜の量に驚きました。
何でも、地元の農家から仕入れているとのことでした。
そしてもうひとつ、
価格がとてもリーズナブルだったことにも驚きました。


一粒で二度美味しいといった驚きでした。
とても、得した気分だったのを今でも憶えています。
その後、何か飲み物を頼もうということになったので、
コーヒーをオーダーしました。


実は、このコーヒーにもサプライズが待っていたのです。
飲み始めはまったく気づかず、
普通のコーヒーだと思っていました。
ですが・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
2000本以上用意しています。 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、1/24あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■ヒット商品の条件はクチコミとSNS!

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3916号】ヒット商品の条件はクチコミとSNS!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 


もう随分前のことになりますが、
知り合いが喫茶店を始めました。
オープン直後にお伺いしたのですが、
お昼時だったのでランチを頼みました。


確か「うどんサラダ」だったと思うのですが、
新鮮な野菜の量に驚きました。
何でも、地元の農家から仕入れているとのことでした。
そしてもうひとつ、
価格がとてもリーズナブルだったことにも驚きました。


一粒で二度美味しいといった驚きでした。
とても、得した気分だったのを今でも憶えています。
その後、何か飲み物を頼もうということになったので、
コーヒーをオーダーしました。


実は、このコーヒーにもサプライズが待っていたのです。
飲み始めはまったく気づかず、
普通のコーヒーだと思っていました。
ですが、飲み進めていくうちにカップの底に
何があることに気づきました。


なんとカップの底に沈んでいたのは
「小豆(あづき)」だったのです。
これにも大変驚きました。
一見、普通のコーヒーなのですが、
そこには演出があったからです。


このように、
ある意味お客様の期待を裏切るような
演出や仕掛けをやられると、
ついつい家族や友達に話したくなります。
つまり、クチコミが発生しやすいのです。


コーヒーという、
数百円の商品にもこのような
素敵な物語を付加することが可能なのです。
どなたのアイデアなのかわかりませんが、
素晴らしいビジネスセンスをお持ちです。


============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


結局、この喫茶店では、
3つのサプライズを味わうことになったのです。
1店舗で、3つものサプライズを味わうなんて、
人生に於いて滅多にありません。


先日、NHKの朝のニュース内で放送される
「まちかど情報局」を見ていると、
おもしろいコーヒーカップが紹介されていました。
一見、ごく普通の白いコーヒーカップです。
ところが、このカップにコーヒーを注ぐと、
そこに現れたのは四葉のクローバーです。


コーヒーの内側が四葉のクローバーの形に
造形されているのです。
これだけでも、なかなか素敵な演出ですし、
ほかのコーヒーカップとの差別化にもなります。


飲み進めていくと、
もっと素敵なことが待っているのです。
なんと、コーヒーを飲み進めていくとハートの形が現れます。
最初は、コーヒーカップの内側が
四葉のクローバーの形に造形されていたのに、
途中からハートの形に造形されているのです。
これも、ちょっとした(?)サプライズです。


このアイデアが今風なのは、
面倒な説明なしで一目見てビジュアルでわかることです。
つまり、誰が見ても直感的にわかるのです。
老若男女、問わずです。


ビジュアルで理解できるということは、
Instagram(インスタグラム)などの
SNSに投稿しやすいということです。
SNSに投稿しやすいということは、
ネット上をクチコミで駆け巡る可能性が高い
ということです。


実際、NHKのまちかど情報局を
Facebookなどで紹介していた人もいました。
このように、ヒット商品を作ろうと思ったら、
SNSが欠かせない時代です。


先日クライアントから聞いたのですが、
最近はGoogleやYahoo!ではなく、
Instag
ramの「ハッシュタグ検索」を
使っている人も多いそうです。


確かにファッションや有名人など画像の検索
は、
ビジュアルに強いInstagramが適しています。

結婚指輪

たとえば、結婚指輪を作ろうと思ったら、
Instagramで「#結婚指輪」と検索すれば、
結婚指輪の画像が山のように出てきます。


その中から、気に入った画像をクリックすれば、
その指輪がどこの店で売られていたのかがわかります。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、1/23あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール

linkagemic

こんにちは。マーケティングコンサルタントの長谷川博之です。中小企業の業績向上を実現するには、何をどうしたらいいのかをプロの視点で紹介します。
新潟県三条市生まれ。
昔はジャズギタリスト、今はマーケティングコンサルタント。
2002年、同文舘出版株式会社より「あなたの思い通りにお客さんを“買う気”にさせる法」を上梓。「小手先のテクニック」「男の広告・女の広告」がブームに。

現在、株式会社リンケージM.Iコンサルティング代表取締役。ギタリスト評論家。

詳しいプロフィールはこちら

応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
Archives
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング