トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

2016年11月

■意外とプロ意識がない人が多い・・・

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3713】意外とプロ意識がない人が多い・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

 
プロ意識とは、やる気やモチベーションに関係ありませんし、
楽しさや好き嫌いとも関係ありません。
ですから、やる気やモチベーションに左右されることは少ないですし、
「楽しいからやる、嫌いだからやらない」ということではありません。


すべての仕事に携わる人たちは、
お客様に商品やサービスを提供して代金をいただいています。
お金をいただく以上、一定以上のレベルが必要です。
また、いつ購入(利用)しても、一定の品質も必要です。
今日は美味しいが、明日は不味いでは、
お客様からの信用を得ることは難しいでしょう。


プロと言われる人たち、特に「アーチスト」「役者」「スポーツ選手」「講演家」などの有名人は、
親や家族の死に目に会えないことが多いと思われます。
「舞台がある」「講演がある」「試合がある」「ステージがある」
「撮影がある」など、一人のプライベートな事情で、
一緒に仕事をする人やお客様に多大な迷惑を
かけることができないからです。


仮に中止になったとすれば、
ウン億円が水の泡ということもあります。
これもプロ意識のひとつです。


では、プロ意識とはなんでしょうか?


参考までに、この道一筋ウン十年という
ベテランでもプロ意識のない人はいますし、
入社直後のアルバイトでも
素晴らしいプロ意識を持っている人もいます。
 

============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


このように考えると、プロ意識と経験は全く関係ありません。
仕事に対する考え方の違いです。
プロ意識とは、「自己を高めるための成長意欲を持ち、
自己実現や成果に焦点を絞り、結果に責任を持つ」ということです。
上司からの指示待ちでなく、自分自身で考えて実行しなければなりませんし、
積極的に成長を作り出していくということが求められます。

プロ意識

たとえば、プロ野球の世界を考えてみましょう。
ヒットが出なかった翌日は、
バッターボックスに立てる保証はどこにもありません。
つまり、チームに貢献できなかったら、
もう二度と使ってもらえないかもしれない世界です。
企業に比べれば、大変に厳しい世界です。


これから、あらゆる市場が縮小します。
もちろん、生き残りをかけた淘汰が始まります。
そのような環境の中で生き残るには、
戦略や戦術ではなく、まずは「プロ意識」が必要です。


プロ意識を養うには・・・

 
=======================
●プロの条件を明確にする
●目標を設定する
●身近に模範になる人がいる
=======================
などが必要です。


ですが、企業内でプロ意識を養う
教育や努力は意外にもされていません。
不思議なことですが事実です。


社会人になれば、プロ意識を持つのが当たり前だと
思っている経営者も多いようですが、
そんなことはありません。


また、「ブロとはこういうものだ!」と言える
経営者がいないのも事実です。
それは、経営者自身がプロ意識に乏しいからなのだと思います。


先日に引き続きプロ意識について書きましたが
「やる気」「モチベーション」「好き」「楽しい」のほかにも、
「プロ意識」という視点も大切だということです。


恐らくサラリーマン的発想の人からすれば、
厳しく苦しいことかもしれませんが、
好きで楽しいことを追求すればするほど、
プロ意識が必要です。


プロ意識のない仕事は、単なるわがままです。
そして、成長もありません。
プロ意識について考えてみませんか?

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、12/1あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■もう値下げはさせない!高くても売れる視点とは?(動画編)

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3712】もう値下げはさせない!高くても売れる視点とは?(動画編)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

 
最近、価格設定について改めて難しいと思うようになりました。
中小メーカーの商品開発コンサルティングを行っていると、
価格決定権は小売が握っていることがほとんどです。
小売業の仕事は一般消費者に、商品を販売することですが、
価格設定にはことのほか敏感です。


私も会社員時代は量販店に勤めていたのでわかりますが、
10,000円と9,800円はわずか200円しか違いませんが、
お客様が受け取るイメージはまったく違います。
10,000円は5桁、9,800円は4桁です。
200円の違いでも桁が増えると
高いというイメージになってしまうのです。


かといって、安ければ売れるというわけではありません。
あまりに安いと「何か裏があるのではないか?」
「こんなに安い商品は、粗悪品に違いない」
というイメージを持ってしまいます。


ここが、価格設定の難しいところであり、
おもしろいところでもあります。
わずか100円値下げ(値上げ)しただけで・・・


続きは、「商いは門門チャンネル」の動画をご覧ください。
1550本以上用意しています。     

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、11/30あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■もう値下げはさせない!高くても売れる視点とは?

2014門門バナー


おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3712】もう値下げはさせない!高くても売れる視点とは?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□ 

 
最近、価格設定について改めて難しいと思うようになりました。
中小メーカーの商品開発コンサルティングを行っていると、
価格決定権は小売が握っていることがほとんどです。
小売業の仕事は一般消費者に、商品を販売することですが、
価格設定にはことのほか敏感です。


私も会社員時代は量販店に勤めていたのでわかりますが、
10,000円と9,800円はわずか200円しか違いませんが、
お客様が受け取るイメージはまったく違います。
10,000円は5桁、9,800円は4桁です。
200円の違いでも桁が増えると
高いというイメージになってしまうのです。


かといって、安ければ売れるというわけではありません。
あまりに安いと「何か裏があるのではないか?」
「こんなに安い商品は、粗悪品に違いない」
というイメージを持ってしまいます。


ここが、価格設定の難しいところであり、
おもしろいところでもあります。
わずか100円値下げ(値上げ)しただけで、
販売数がまったく異なるのです。


しっかりとブランド化ができている企業は、
ここまで微妙な価格設定に苦心しなくても、
お客様は受け入れてくれる可能性は大です。
それを考えると、やはりブランド化できている、
できていないというのは重要なことなのです。


言い換えれば、価格決定権を持つのは
ブランド化できている企業だけで、
ブランド化できていない企業には
価格決定権はありません。
 

============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 


とはいうものの、中小企業でブランド化できてないからといって、
指を加えて見ているわけにはいきません。
何らかの手を打たないと、買い手の意のままに
値下げ要求をされることになります。
それにどう対処していけばいいのでしょうか?


はっきり言いますが、
商品だけを価格査定の土俵に乗せて
商談をしても意味がありません。
値下げできない理由が必要だからです。


ポイントは、商品以外の要素で
圧倒的な優位性を打ち出すことです。
商品以外の要素でも、お客様にニーズやウォンツがあるものならば、
それを徹底的に磨いて武器にすればいいのです。
それが、値下げができない理由、
または高い理由となります。


たとえば・・・


=================================================
●競合より高いが、接客が段違いに素晴らしい。
●競合より高いが、アフターサービスが充実している。
●競合より高いが、短納期で納品してくれる。
●競合より高いが、1個でも販売してくれる。
●競合より高いが、商品説明が丁寧で親切だ。
●競合より高いが、何回質問しても笑顔で教えてくれる。
●競合より高いが、返金や返品に応じてくれる。
●競合より高いが、試用期間があるので、納得して購入できる。
●競合より高いが、笑顔の素敵な社員がいる。
●競合より高いが、困った時にはすぐに駆けつけてくれる。
●競合より高いが、ワンストップサービスだから効率的だ。
●競合より高いが、要望を熱心に聞いてくれる。
=================================================


ちょっと考えただけで、
これだけの要素がで出てきます。
このほかにも、
「すぐに支払ってくれる」「365日24時間営業だ」
「ロケーションが素晴らしい」など、
あげればキリがありません。

価格戦略

ですが、なぜこのようなアイデアが出ないのかといえば、
そもそもが考えていない、または真剣に考えていないからです。


現在の価格を「維持したい」「値上げしたい」という場合は、
商品そのもののバージョンアップだけでなく、
このような視点もあります。

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、11/29あさ5:00です
=============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール
応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング