トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

2014年03月

■汚い、儲からない、難しい・・・

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3298号】汚い、儲からない、難しい・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

もう半年以上前のことですが、
ある経営者団体の会報誌で
「中小企業が生き残っていくために」という
テーマの記事を読みました。


その記事は、ある製造業の経営者が
執筆したものです。


当たり前のことですが、
中小企業が生き残っていくためには、
競合と違う独自性や優位性がなければいけません。


競合と同じことをやっていたのでは、
価格競争に巻き込まれます。


そうなれば、資本力のある企業に
軍配が上がります。


また、商品力が同じであれば、
営業力のある方に軍配が上がります。


いずれにせよ、こうなると
大企業が優位になってしまいます。


ですから、私たち中小企業は、
大企業と同じことをやったのでは
勝ち目はありません。


大企業を同じ商圏内で
「シェア1位の企業=ナンバー1企業」
と置き換えても良いでしょう。


頭ではわかっていても、
ついついナンバー1企業と
同じことをやりたくなる経営者も多いことでしょう。


ナンバー1企業に右ならえをすれば、
大きなリスクがないと思っていたり、
難しい意思決定をしなくても済みます。


しかし、ナンバー1企業に
勝つことは永遠にないでしょう・・・。


ところが、ナンバー1企業と
違う独自性や優位性を創るとなると、
難しい意思決定をしなくてはいけませんし、
大きなリスクも伴います。


やはり、生き残っていくためには
覚悟が必要です。
 
 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 


さて、冒頭の記事ですが、
中小企業が生き残るためのヒントとして、
お客様や周囲の企業が
こんなことを洩らしていたらチャンスだというのです。


========================
/佑侶がる仕事
汚い仕事
L戮らない仕事
て颪靴てできない仕事
========================

 
この4つですが、集約すれば
人の嫌がる仕事です。


「汚くて人の嫌がる仕事」
「儲からなくて人の嫌がる仕事」
「難しくて人の嫌がる仕事」
ということです。


要は、
お客様が困っていたり、悩んでいたら、
それを解決してやれば
それが新しいビジネスになるということです。



ものすごくシンプルな発想ですが、
世の中の4分の3のビジネスは、
困りごとや悩みごとの解消です。


ただし、このようなことは
容易にはできません。


「資金の問題」「人的資源の問題」「能力の問題」をはじめ、
経営者が徹底的にやり切ることを
覚悟しなければ成功しません。


中途半端な気持ちで取り組むと、
痛い目に遭うことになるでしょう・・・。


かつて私は、一般社団法人の
理事を任されたことがあります。


一般社団法人といっても、
一般企業を経営するのと
何ら変わりありません。


しかし、本業のコンサルティングがあり、
一般社団法人の経営が
片手間になってしまいました。


本気でやっても上手くいかないこともあるのに、
中途半端な関わり方で成功するほど、
組織の経営は甘くありません。


やはり「覚悟」なのです。


辞書で「覚悟」を調べると、
「危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、
それを受けとめる心構えをすること」とあります。


何をやるにしても、困難がなく、
物事が順調に運ぶことはありません。


むしろ、
困難があることが当たり前で、
困難が少ないビジネスは
簡単にマネされるということです。



ですから、困難があればあるほど、
独自性や優位性を保てます。


そういった意味では、
「汚い」「儲からない」「難しい」などの
「人の嫌がる仕事」は困難を極めますが、
競合が簡単にマネすることはないのです。


このような話しになると思い出すのが、
東京都墨田区で金属加工業をおこなっている
「岡野工業」です。


岡野工業は、
「儲からない仕事」と「難しくてできない仕事」
だけをおこなっています。


前者は自動化することで利益を出しますし、
後者は代表「岡野雅行」さんのアイデアで
難題を解決します。


代表作はテルモの「痛くない注射針」です。

テルモ
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、4/2あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■無料でも読めるのに…

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3297号】無料でも読めるのに・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今年の1月だったと思いますが、
「ワンパンマン(ONE PUNCH-MAN)」
という漫画を知りました。


何でも全5巻のコミックが、
累計240万部を突破したというニュースでした。


240万部という数字が
どれだけ凄いのかはわかりませんが、
今もっとも注目される漫画の
ひとつだということです。


気になったので、
コミックの歴代売上を調べてみました。


=================================================
●第1位「ONEPIECE(ワンピース)」
 ・・・3億部(72巻)
●第2位「ゴルゴ13」
 ・・・2億部(136巻)
●第3位「ドラゴンボール」
 ・・・1億5721万部(42巻)
●第4位「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
 ・・・1億5650万部(185巻)
●第5位「名探偵コナン」
 ・・・1億4500万部(81巻)
=================================================


これら歴代ベスト5の1巻平均売上は180万部で、
ワンパンマンの1巻平均売上は
48万部ということになります。


ですから全5巻で240万部は、
大したことはないのかもしれません・・・。


しかし、ワンパンマンには
「よく240万部も売れたなぁ、凄い!」
と言わしめる驚嘆の事実があるのです。


私も驚いてしまいました。
 
 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 


ワンパンマンの作者は
「ONE」という人物です。


当初ワンパンマンは、
ONEがパソコン用の漫画原稿制作ソフトの
練習用に執筆したもので、
ストーリーはあらゆる敵をワンパンチで倒してしまう
「サイタマ」が主人公の
ギャグ系アクション漫画です。


2009年7月からサイトで無料連載を始め、
多い時は1日2万回、累計1,000万人以上が
閲覧されたといいます。


これに目をつけた集英社が、
2012年6月に開設した無料漫画サイト
「となりのヤングジャンプ」で、
ワンパンマンのリメイク版の連載を
スタートさせました。


ただしリメイク版は、原作はONEで
作画は人気漫画「アイシールド21」
で知られる漫画家「村田雄介」さんを起用しました。


その後コミック化されて、
全5巻で売上累計240万部を
突破したということなのです。

フリー

現在も連載は続いているので、
最新号もバックナンバーもすべて
「となりのヤングジャンプ」で
無料で閲覧することができます。


しかし、同じ内容のコミックが
240万部も売れているのです。


厳密にいえば、コミックには
サイトでは公開していない
「番外編のイラスト」などの
付加価値があるそうです。


詳しくはこちらをご覧ください。
無料が“売り上げ”を生むネット時代…
「フリー」の新戦略は生きていた


それにしても、
無料で提供されている漫画が、
コミック化されたとはいえ、
これだけ売れるとは考えにくいですよね。


ここが商売のおもしろいところです。


内容はほぼ同じですから、
違いは「ネット媒体のホームページ」と
「紙媒体のコミック」だけです。


ホームページは実態のあるモノではありませんが、
コミックは実態のあるモノです。


そういった意味では、
コミックは紙代や印刷費などの
原材料費がかかりますから
無料化は不可能です。


では、コミックが売れた理由は何でしょうか?


これはよくある現象ですが、
媒体が違うと客層が違うということです。


小冊子を無料で配布しても、
同じ内容の有料DVDが売れる場合があります。


また、無料のメールマガジンの
バックナンバーを集めた小冊子が
有料で売れる場合もあります。


そのほか、
ネット媒体はモノとしての実態がありませんから、
手元に置いておくことができません。


ですからコレクション欲求が
強い客層に売れたのかもしれません。
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/31あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■そんな余裕はありません!

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3296号】そんな余裕はありません!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今、世の中は、
ものすごい勢いで変化しています。


「パラダイムシフト」といわれる
価値観の大転換が起こっている
真っ只中です。


もしかしたら、あと数十年で
「商売」や「ビジネス」という概念が
なくなるかもしれません。


恐らく長いスパンでみると、
大きな激流に飲み込まれているのが
現実だと思います。


後に2010年代が、価値観が転換した
ターニングポイントだったといわれることでしょう。

 
ところが、今を生きている私たちにとって、
昨日も、今日も、明日も、
さして変化していないように
感じてしまいます。


それが、私たちの感性です。


1年程前、20代後半の
起業家と出会いました。


友人と2人で始めた事業は、
今では社員が7人になって急成長しました。


そんな彼が言っていた、
印象的な言葉があります。


「1年前に上手くいったことが今は通用しませんし、
上手くいったことは瞬く間にマネされます。
だから、常に新しいことを考えないといけません!」と。


それだけ、めまぐるしく
変化する世の中になったのです。


そのスピードは
10年前と明らかに違います。


あくまでも私の感覚ですが、
商品のライフサイクルをみても
4〜5倍速くなっていると思います。


また、ここ1年程、さらにスピードアップして、
朝令暮改が当たり前の世界に
なりつつあります。


益々、経営はスピードを
求められるようになりました。
 
 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 


先日、車を運転していると、
いいアイデアが浮かびました。


時間の余裕があったので、
コンビニに車を止めて、
セミナー企画としてノートに
書き留めました。


そして、バッグから
筆ペンとコピー用紙を取り出して、
手書きで即席のチラシを作りました。


それをコンビニでコピーして、
近くのお客様や知り合いを
すぐに訪問して配布しました。


会場や日時は二の次で、
まずはチラシを配って、
需要があるかないかの
当たりをみるためにです。


当たりが良ければ、
会場と日時を決めて、
チラシを正式に作成すればOKだと思いました。

手書きチラシ

こんなことは滅多にありませんが、
この位の臨場感とスピード感が必要だと
最近つくづく感じます。


旅行代理店HISの会長で、
ハウステンボスの経営再建を成功させた
「澤田秀雄(さわだ・ひでお)」さんの言葉には、
スピードに関するものが
ひじょうに多いのが特徴です。たとえば・・・、


======================================
経営は速度です。速く情報収集して、
速く修正したところは生き残りますが、
情報収集も遅く、修正にも時間がかかっていたら、
競争に負けてしまいます。
今は変化の激しいときですから、
変化に対応するには速さが鉄則です。
======================================
できることはなるべく早く動く。
何か起きた時にスピードを上げなければ
チャンスを逃すし、ピンチをチャンスに
変えることはできません。
======================================

 
まだまだあるのですが、
澤田会長は口を酸っぱくして、
経営には「速度」や「スピード」が
重要だと言っています。


とにかく、スピーディな意思決定で行動する!


上手くいかなくても、
早くそれがわかれば修正もできます。


セミナーを企画してチラシを作るにしても、
3時間で立案・作成して配布するのと、
じっくり1週間もかけて立案・作成して
ようやく配布するのでは、成果は天地の差です。


前者は、1週間もあれば
チラシの反応をみながら修正して、
より効果のあるチラシに
作り変えることができます。


ところが後者は・・・、
その違いは明らかですね。


じっくりと腰を落ち着けて
考えることも大切ですが、
瞬速で判断して即行動する方が
今は大切です。


理由は、成功のセオリーが
ない時代だからです。


いかにして試行錯誤を
スピーディにできるかです。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com
コンサルティングの依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/28あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール
応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング