トップページ 業務内容 実績 会社案内 メールマガジン お問合せ

2014年02月

■時間は捻出できる!

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3285号】時間は捻出できる!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「時間がない・・・」「忙しい・・・」。

 
ビジネスの最前線で働いている方の多くは、
このように感じていると思います。


1日数回のメールチェック、
朝礼、会議、掃除、整理整頓、
日報書き、報連相、プロジェクト業務など、
これらの仕事はメイン業務以外の
細々とした仕事です。


各社員のメイン業務は、
このほかにあるわけですから、
大変な仕事量のようにみえます。


たとえば、営業職であれば、
メイン業務は営業です。


その内容を分解してみると
「新規のお客様の開拓」
「既存のお客様のフォロー」
「提案書の作成」
「見積書の作成」
「商品の発注や配達」
「事務連絡」
などがあります。


また、一概に
「新規のお客様の開拓」といっても、
最初の商談で取引が
成立するわけではありません。


むしろ、最初の商談に至るまでの
営業活動が大変だと言えます。


既存のお客様のフォローも、
取引額に応じて、メール、電話、訪問など
様々な方法を使いますし、
それに費やす時間も大きく変わってきます。


このほかにも
「移動時間」という大敵があるのです。


このように考えると、
余計な時間はなさそうですし、
忙しそうに感じてしまいます。


特に、1日にいくつもの
予定がはいっていると、
大変な慌ただしさと
ストレスを感じてしまう人も多いことでしょう。


社内で済ませられる
予定ならばまだいいのですが、
あっちに行き、こっちに行きとなると、
ストレスは倍増しますね。
 
 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 



みなさん、少しの時間、
自問自答してください。


「本当に忙しいのでしょうか?」。


そして、
「本当に時間はないのでしょうか?」。


いかがですか。


1日にいくつもの予定が入ると、
それだけで忙しさを感じてしまいます。


だけど、実際はどうなのでしょうか?


1日の時間を
どのように使っているのかを記録して、
冷静に分析してください。


営業であれば、
メイン業務のお客様との商談や
コミュニケーションよりも
移動時間が多かったり・・・、



提案書や見積書に
多くの時間を費やしていたり・・・。




まずは、ご自分の1日の
行動を記録してください。


もう7〜8年も前のことになりますが、
弊社の各クライアントに
どの程度の時間を費やしているのかを
記録したことがありました。


つまり、どのクライアントに
何時間使っているかということです。


そうしたら、意外なことがわかりました。


毎月のコンサルティング料金と
そのクライアントに使っている時間は
比例はしていなかったのです。


高額のコンサルティング料金であれば
多くの時間を使っているかといえば、
そうではなかったのです。


もちろん、コンサルティング内容によっては
得手不得手もありますし、
初めてお付き合いするクライアントと
10年お付き合いしているクライアントでは
熟知度が違いますので、
一概にコンサルティング料金と
時間は比例しません。


ただし、適正なコンサルティング料金を
算出するためには、細かく記録して
分析することが大切です。


さて、時間を捻出する工夫ですが、
私は以下のことを意識しています。


============================================
●仕事の優先順位を決める
●仕事の目標終了時間を決める
●1日の予定を前日に細かくスケジュール化する
●仕事の効率化を図る
●細切れ時間でできる仕事を常に用意しておく
●優先順位の低い仕事や効果的でない仕事は減らす
●意味のない仕事はやめる
============================================


この中で、一番意識しているのは、
「仕事の終了時間を決めること」と
「細切れ時間でできる仕事を
常に用意しておくこと」です。


そして、これ以前に大切なことは
「忙しいとか、時間がないと思わないこと」です。



こう思ってしまうと、
体と心が反応して冷静さを失って、
慌ててしまいます。



気をつけたいものですね。
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、3/3あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■あなたに任せる!本当?

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3284号】あなたに任せる!本当?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

高度成長期の
大量生産&大量消費の時代が終わり、
バブル崩壊後の
多品種少量生産&一人十色の時代も
終焉間近です。


その間、パソコンと各種ソフトウェアの普及、
それに付随してプリンタも普及しました。


そして、昨年からは
「3Dプリンタ」も注目を浴び始めました。


3Dプリンタとは、
紙に印刷する2次元のプリンタに対して、
3D-CADや3D-CGデータを元に
立体物造形するプリンタのことを言います。


ランニングコストはさておき、
3Dプリンタ本体だけなら
10万円以下で購入できるそうです。


昨年でしたか、
アメリカで3Dプリンタを使って
ピストルを造った人がいるというニュースが
駆け巡りました。


恐ろしい世の中になりました。


また、製造業の世界では、
3Dプリンタの登場で試作品の制作が
格段にスピードアップすると言われています。


コストに関しても大幅に削減できます。

3Dプリンタ


大袈裟な言い方ですが、
好きなものを自由に、
個人で作れる時代に突入しかかっているのです。


動画投稿サイトの
「YouTube(ユーチューブ)」が登場した時も、
個人で放送局が持てる時代だと思いましたが、
3Dプリンタの登場は
個人でメーカーになれる時代です。


こうなるとあらゆる商品が、
オーダーメイドやカスタマイズが
当たり前の世の中になる可能性が大です。

 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 



オーダーやカスタマイズが普及すると、
難しい問題がひとつだけ発生します。


それは注文の方法です。


弊社は、
コンサルティングがメイン業務ですが、
付随する業務として
紙媒体のデザインもおこなっています。


ただし、コンサルティングを
おこなったクライアントに対してだけですが、
時々クチコミで名刺やチラシのデザインを
依頼してこられる方がいます。


その場合は、
こちらから「目的」「内容」「客層」
「デザインの方向性」「イメージ」などの
基本的なことをお聞きしてから、
ライティングやデザインの提案をさせていただきます。


滅多にはありませんが、
御社に「丸投げ」の人がいます。


丸投げとは「御社に任せた」
「適当にやってくれ」などのことを指します。


信頼しているから任せられる
と言えば聞こえは良いのですが、
これが後々困った問題を引き起こすのです。


先方にしてみれば、
プロに依頼したのだから、
ヒヤリングなどしなくても
最低レベルの仕事ができるはず
と思っているのです。


指示や要望が不明瞭なお客様です。


昔は、このような仕事も
引き受けていた時期もありましたが、
今はお断りしています・・・。


その理由は、
「任せた」というお客様に限って、
デザインのたたき台をお見せすると、
あーでもない、こーでもないと、
要望を激しく言ってくるからです。


具体的には
「自分が思っていたイメージと違う」
というのが、このような場合の
要望第1位です。


こちらも言い分があります。


「イメージがあるなら、
一番最初に聞いた時に言ってほしかった」と・・・。


もう、後の祭りです。


一旦このような関係に陥ると、
お互い嫌な思いをして、
そのまま平行線を辿るだけです。


このようなこともあって、
十分な打ち合わせや
ヒヤリングができない状態で、
デザインの仕事を引き受けることはやめました。


これ、紙媒体のデザインだから
泣き寝入りができるのですが、
注文住宅だったら大変なことになります。


このように、
オーダーやカスタマイズの
商品やサービスが普及すると、

売り手も買い手もそれ相当の
打ち合わせが必要になりますし、
一緒に力を合わせてひとつの
商品やサービスを創造するという
イメージになります。



ですから、真の意味で
お互いの信頼関係が必要です。


そうなると、
いかにして信頼関係を築くかが
一番の課題となります。


オーダーやカスタマイズに関わらず、
「任せた!」のひとことには要注意です。


そのほか、
具体的なニーズが明確ではない状態での
「何か提案してほしい」という
リクエストも危険です・・・。
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、2/28あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

■すぐできるのにできないという事実

2014門門バナー

おはようございます!
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。


今日の「
感謝と喜びの超地域密着経営で地域No.1を目指せ!」は・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【第3283号】すぐできるのにできないという事実
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先日、あるコンサルタントの方のブログを
読んでいると、ちょっとしたサービスが
書いてありました。


この方は、ほぼ毎日、
近所の書店に通っているそうです。


その書店では、購入した本などを入れる
紙製の買い物袋に貼る「シール」に
一工夫しています。


このような紙袋にシールをベターっと貼られると、
剥す時に苦労する時が多々あります。


特に、爪を切った後だと、
なかなか剥せないのです・・・。


そこでこの書店では、シールを貼る時に
シールの端を一折りしてから
シールを貼っているのだそうです。


そうすれば、簡単に剥すことができる
というわけです。


できそうでなかなかできないサービスですが、
時間にすればわずか1秒でできる
気の利いたサービスというわけです。


この話しで思い出したことがあります。


私が、週1回買い物にいく
スーパーが近所にあります。


このスーパーで、買い物カートが
山積みになるほどの食品を
まとめ買いすることがあります。


買い上げ点数が多いので、
レジをするにも時間がかかります。


そして、レシート長さも
30冂になることもあります。


レジの担当者にもよりますが、
そのまま長いレシートとお釣りを
渡す人もいますが、
長いレシートを半分に折って
お釣りと一緒に渡す人がいます。


このような場合、
レシートを半分に折ってもらえると、
そのまま財布に入れることができるので
大変助かります。

 
============================================================
長谷川博之の眼★本物の商売を目指すポイント!
============================================================ 
私が動画で解説しています! 



参考までに、
このスーパーは買い物した商品を
袋詰めしてくれるサービスもあります。


10台程のレジがありますが、
2〜3台のレジでは袋詰めサービスを
おこなっています。


買い物点数が多くなると袋詰めも大変です。
ですから、時間はかかりますが、
いつも袋詰めサービスをおこなっている
レジに並んでしまいます。


時間がない人は、袋詰めサービスを
おこなっていないレジに並んで、
自分で袋詰めをすればいいのです。


選べるというのは、いいですね!


この袋詰めサービスは、
ちょっとしたノウハウが必要でしょうが、
シールの端を一折りしたり、
長いレシートを半分に折ることは、
わずか1〜2秒でできることです。


こんなことやってもやらなくても、
さして変わりないと思う人もいるでしょう。


しかし、これが大違いです。


普段、このようなサービスを
してくれるお店を利用していると、
時々違うお店を利用した時に気づきます。


たとえば、弊社の前にはイオンがあります。
しかし、イオンでは袋詰めサービスは
おこなっていませんし、
レシートを半分に折ってもらったこともありません。


このような時に、
前述のスーパーの心遣いや
ありがたさに気づくわけです。


やはり、比較するものがないと
なかなか気づかないのが人間なんですね。


7〜8年前のことになりますが、
真夏の暑い日にタクシーを
利用したことがありました。


ワイシャツにネクタイ姿で汗だくでした。


タクシ−に乗ると、
運転手さんにおしぼりを渡されました。


汗を拭いてくださいということです。


熱いおしぼりでしたので、
保温しておく設備が必要なのでしょうが、
汗だくだった私はこれで気分も爽快になりました。


また、昨年のことになりますが、
知り合いの税理士事務所に
おじゃましたことがありました。


玄関には、綺麗にたたまれた
おしぼりが数本置いてありました。

おしぼり

玄関におしぼりが置いてあるシーンは
あまり見かけないので、
「何だろう?」と思いました。


帰りに事務所の方に聞いてみると、
雨の降った日に来社されるお客様は
衣服が濡れるので、
このおしぼりで拭けばいいと思い
置いてあるのだそうです。


なるほど、よく考えてあります。


そして、心学研究家
「小林正観(こばやし・せいかん)」さんは
こんなことを言っています。


「自分で自分を磨く必要はない。
技術を磨かなくてもいいから、
ニコニコしていましょう。
そうするとお客さんがやってきます」と。



これが、お客様にとって
一番の心遣いなのかもしれませんね。


だけど、
一番難しいことなのかもしれません・・・。
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
180日であなたの会社やお店の業績アップを実現する
地域密着ビジネス専門コンサルタントの長谷川博之です。

セミナー、講演、執筆、出版依頼はこちらまで info@linkage-mic.com

==============================
次回の更新は、2/26あさ7:00です
==============================

2014門門バナー

【あなたの友達のためにこの記事をシェアしてあげてください】
                                                      
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

プロフィール
応援ありがとうございます
ぜひワンクリックを!
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
地域密着ビジネスの視点
□■農耕型ビジネス■□

既存顧客を育成して、一生涯に渡るお付き合いをしましょう。
新規顧客開拓よりも、リピーター育成と紹介顧客の増加が安定経営の基本です!
不況に強いビジネスモデルです。


□■異業種に学べ■□

もう競合や同業種から学ぶことはやめてください。
異業種の成功ノウハウや考え方を導入することでしか変化はできません!
成功企業は必ず異業種ノウハウの導入をおこなっています。
ハイブリッドビジネスを目指しましょう。


■□顧客に情熱を□■

商品よりも顧客に情熱を注ぎましょう!とにかく個別対応を心がけることです。
顧客は商売発展の源です。


コメントありがとうございます
QRコード
QRコード
商売繁盛のコツが手に入る

1日1ページ1テーマ、月額2,980円で、商売繁盛のコツが手に入る会員制月刊誌誕生!




このようなテーマで書かれています!
■売れる営業&販売
■元気な組織の作り方
■売れる商品開発
■リーダーシップの磨き方


人気記事ランキング